images (1)
12: 1/2 2012/12/05(水) 12:07:57.64 ID:+lEPm7M80
高校時代の話。

当時親父が猟銃を趣味でやっており、猟犬を飼っていた。
小学生の時離婚し、母親に引き取られて別居していたんだが
ちょくちょく親父の所に行き俺もキジ撃ちや猪狩りに参加していた。
猟犬を飼っているプレハブは中々立派で、簡素なドッグランも併設しそこそこ広かったんだが
親父は掃除や片付けが苦手というか全く出来ない人種だったので
小遣いを貰って掃除や糞の始末をするのが俺の役目だった。
その掃除中起った出来事。
いつもの様にプレハブ内の糞を片付けていたら、隅の壁に25~30㎝ぐらいの人形が立てかけてあった。
リカちゃん人形っぽいのをイメージして貰えばいいか。
くすんだ赤い服でみすぼらしい人形だったが、犬の玩具かと思い特に気にも留めず作業を続けた。
それでその人形をどかして掃き掃除し様とした時、
こちらを向いていた人形がクルッと壁側に向き直り、そのまま横歩き?でカサカサッとすごい速さで
犬が休む時に使う小さな小屋に入り込んだ。

13: 2/2 2012/12/05(水) 12:09:38.12 ID:+lEPm7M80
俺は呆然とそれを見ているも頭の中はパニック状態。
少しの間動けないでいたが、ハッとしてドッグランに放していた犬達を呼んだ。
例え犬でも猟犬であり、一人よりは心強いと思ったから。
目だけはその小屋から離さず、犬に小屋を調べる様指示したが、
犬達は警戒している様子はなく、??という感じで俺の横から動いてくれない。
その小屋は屋根部分が取れる仕組みだったから、勇気を出し思い切って剥いでみたところ
中には何も居なかった。ただ、屋根を持った時に『あぴ』という人間の発音だけハッキリ聞こえた。
とにかく掃除だけ済ませ、親父が仕事から帰るのを待ち、件の人形を犬にあげたか聞いたが
そんな物は知らんと言われ、話も信じて貰えなかった。

人形ではないとしたら、小人や妖精の類だったんだろうか?
嫌な感じこそしなかったものの、とにかく怖かった。

14: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 12:27:15.77 ID:5j8UVv8Y0
>>13
ついに他人に話してしまいましたね
今晩あぴがあなたを迎えに行きます

15: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 12:47:44.59 ID:qWyEH1FQ0
あぴは屋根の裏に張り付いてたな…




16: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 16:09:49.12 ID:y5lAHRl70
余り怖くはなく、どちらかといえば昔話に近いような内容ですので、
ここに投下させていただきます。

私が子どもの頃に祖父から聞いた話です。
祖父が生まれ育った地域は、古くからの神話伝承の豊富な土地柄であり、
これもそういうものの一つかもしれません。
はるか古代に、その地域の国津神がある誓いを立てたのだそうです。
それは、その地域の住人が死ぬ前に本人に死期を知らせるというもので、
なぜそのような奇妙な誓いを立てることになったかのいわれは伝わっていません。

ただし死期を知ることができるのはその血筋の氏の長者、つまり本家の家長に限られています。
そのお告げを受けた場合、財産の分与などの準備を万事滞りなく済ませてから、
従容と死についた者がほとんどであったといいます。
そしてその死のお告げの形は時代によって変化しながら、近代まで続いていたということです。
例えばこのように。

17: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 16:10:43.63 ID:y5lAHRl70
黒い郵便配達・・・主に雨や風の強い夜にその配達夫は自転車でやってきます。
まだ電話がない時代、あっても普及していなかった時代の話です。
風や雨の強い夜半「電報です」とドンドンと戸を叩く音がします。
ただしその音は家長にしか聞こえません。
外に出てみると、帽子を目深にかぶり黒いゴム引合羽の衿を立てた、
人相のわからない郵便局員がずぶ濡れで立っていて、無言で電報が手渡されます。 

それに目を落として顔を上げると、自転車ごと配達夫の姿はもう見あたりません。
電報には1週間以内の日付が記されていて、
読み終えたとたんにこれもまた溶けるように消えてなくなるといいます。
そこでその家の主人は何事であったかを悟り、死出の旅路の準備を始めるというわけです。

他にはこんなのもあります。持ち山の様子を見に行ったときに、
慣れ親しんだ道のはずがどうしたわけか迷ってしまい、
さんざんさまよったあげく見たことのない大きな寺の前に出ます。
山門をくぐって中に入り、道を尋ねようと本堂に入りますが、
蝋燭が灯り線香に火がついているのに人の姿がありません。 

そこで何かに誘われるように奥のほうの位牌堂に入っていきます。
位牌堂の入り口には卒塔婆が立てかけてあり、
削りあとも新しい一番上のものに自分の名前と法要の期日が記されているのを目にするというわけです。
あっと驚いた拍子に、寺は姿を消し見覚えのある山道の辻に立っているのに気づきます。

18: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 16:11:14.67 ID:y5lAHRl70
また、例祭などでもないのにふらっと氏神の神社に足が向いていきます。手水をとっていると、
水盤の底にゆらゆらと字が浮かび上がってきて、自分が死ぬ日の日付に変わります。
また陽あたりのいい冬日に、子守に逆向きにおぶられた孫の顔を何気なくながめていると、
赤ん坊は へくっ とくしゃみをして、そのときに舌を出すのですが、
その舌がべろーんと長く伸びて、そこに墨で黒々と日付が書かれていたという話もあります。

お告げを受けた者は、そのことを親類・家族、檀家寺の住職に話し、死ぬための支度を始めるのです。
これは少なくとも戦前までは当たり前にあったと祖父はいいますが、
子どもの頃の私をからかっていたのかもしれません。

祖父はもう亡くなり、その伝承のあった地から離れていますので、
今現在もこのようなことがあるのかどうかはわかりません。
それから明治の時代に一人、このお告げに抵抗した人と白い箱の話も聞きましたが、
それは長くなりますので、後日機会があれば投稿したいと思います。





21: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 16:59:58.61 ID:c3xcMomd0
俺が関西に住んでた頃の金曜の夕方にやってた、月亭八方と坂東英二の生番組。
ある日のコーナーで、トランポリンの第一人者?をスタジオに呼んで生で演技を披露。
カメラの中でかなり上空までジャンプしたりして演技を披露中にバランスを崩し頭からトランポリン外へ落下。
俺の中の記憶のイメージでは、頭から地面に落下し顔はカメラの方を向いたまま首が直角に曲がってた。
だが、カメラが一瞬で八方と坂東へ切り替わり何事もなかったかの様にそれから番組が進行し、
さっきのトランポリンの事には一切触れる事はなく番組は終了した。
当時は情報収集の術がなかったので、あの人はどうなったのか知らない。

22: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 17:23:55.97 ID:5j8UVv8Y0
>>21
隼ポリンでググれば当時の情報が色々出てきますね
普通に生きているみたいです
今夜あなたの元に隼ポリンが…





30: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 23:25:30.28 ID:6LZB8cmkI
初めて書きます。

スレ違いだったらすいません。

皆さんは『虫の知らせ』って信じますか?
二年前の事。
祖母が体調を崩していたが、原因も分からないために検査入院をしていた。

31: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 23:28:21.09 ID:6LZB8cmkI
大学生だった俺は何も変わらない日々を過ごし、その日もバイトをしていた。
16時過ぎだったと思う。15分休憩のために、ストックルームに置かれたパイプ椅子に座って携帯をいじっていた。

すると急に右の脇腹を棒で刺す様な痛みが一瞬走った。椅子に座ってられない位の痛み。
一瞬の時間だったために特に気にも留めず、その後のバイトをこなした。

32: 本当にあった怖い名無し 2012/12/05(水) 23:31:19.96 ID:6LZB8cmkI
その日の夜、病院に居た親父から「お婆ちゃんの容体が悪化した。長く持たないかしれないから、今すぐ来い。」
との電話があった。

その日のうちに母親と車で東京から福島まで直行した。
朝の4時頃に着いたが、祖母は多くの管で繋がれ、意識は無かった。
祖母はその日の10時頃に息を引き取った。
腸に癌があったらしい。
場所は右の脇腹辺り。
バイトの休憩中に感じた痛みと同じ場所。手術室に入ったのもほぼ同じ時間だった。

俺はお婆ちゃんが最後に会いに来てくれたんだと思っている。
たった一人の孫だったからね。

婆ちゃんから貰ったメール、ちゃんと消えないように保護してるよ!

35: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 00:40:28.40 ID:Lvlc43yS0
婆ちゃんがたった一人の孫に棒で刺すような痛みを食らわせたのか…

36: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 01:21:41.20 ID:0V47OjVJ0
脇腹と腸はけっこう違うと思うけど…

まあ、おばあちゃんの思い出は大切にね。

37: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 01:23:03.53 ID:0V47OjVJ0
むしろこういうのは「祖母を蝕んだ呪いが、祖母が亡くなったとみるやいなや私にふりかかったのでは!」
と考えるのが重度のオカルト脳

38: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 01:33:49.14 ID:zcOdnszO0
全然離れた場所にいる人に、一瞬とはいえ棒で刺すような痛みを与えることが
できるパワーがあるなら、違う現れ方をしてほしいけどなあ




39: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 01:52:55.39 ID:Whh7aTzf0
あなた「何回目」ですか?
ああ、1回目か。はぁ。ま、どうせ信じないだろうけどちょっと聞いてくださいよ。
私は今4回目です。
何がって?そりゃ・・・人生ですよ。
死んだら幽霊だの成仏だのってよく言われますけどね。
そんなことはないんですよ。死んだらね。戻るんです。自分の人生を一からまたやるんですよ。
運良く何も思い出さないでまた一生過ごせる人が多いみたいですけど・・・。
よくデジャビュだとか既知感とか言って、騒がれたりしますけどそれを変えたり、回避したってのはあまり聞きませんよね?
そりゃそうですよ。だって何回も繰り返してるんですから。違う結果にしようとしても無駄でしたけどね。
私はまだ4回目ですけど、どんどん繰り返して忘れられなくなったら・・・。
たぶん、知的障害者なんて言われてる人の中にはそんな人がいるんじゃないですかねぇ・・・。
ああ、死にたい・・・でも、死んだら・・・死にたくない・・・。

40: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 02:16:54.29 ID:BlmGdGPhO
俺も小学校の3年生くらいまでは色んな事を「覚えて」いたな
例えば「文字はキーボードでタイプするもの」
キーボードという単語や、そういう物自体を知らないから
ハッキリとした文章の形で「覚えて」いた訳ではなかったけど
文字を手書きする事は、めったになくなると「覚えて」いた
だから、漢字は読めて意味を知っていれば良い
書き順だの正確に書ける事などは、後回しで良いという事は「覚えて」いた

他にも色々と「覚えて」いた事が、あったような気がするけど
その当時にはない物だったり概念だったり・それを言い表す言葉を
その当時は知らなかった(言葉自体が無かった)から
現在の記憶にハッキリと残っているのは上記の文字入力の件だけだけどね

42: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 02:44:00.98 ID:Qcg7RRYR0
>>40
すげえ
筒井康隆の小説思い出した
いろいろ大事なことを覚えておこうとするんだけど
どうしても忘れちゃうんだよね




45: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:20:10.28 ID:O79C30xFO
40代だけど昔俺が中距離のトラック運転手やってた時の話でそんなに怖い話ではないと思います
トラック運転手って言っても色々あって決まった会社とか工場を行き来するんでなく
スポットで出た仕事を紹介して貰って単発でここからあそこ行ってって形なんで当然殆どが知らない場所
まあ紹介された住所当てに地図見ながらなんとか行くんです
中距離なんでだいたい午後に積み込みして夜中走って朝方に現地に着いて荷下ろしって感じなんだけど
その日は神奈川から岐阜と割と近かったんで夜中2時くらいには現地に着いてました

47: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:25:24.11 ID:O79C30xFO
中距離っても下道ばかりなんで時間ばかりかかって睡眠不足
まあそれを分かってるんで配車係も短い距離と長い距離を交互に入れてくれたりしてくれてました
そんな時は朝まで寝れるのでここぞとばかりに仮眠取ろうと思ったんですが山奥の方の工場だったんでなかなかトラックを止められる空きスペースがなかったんです
いつもは道の駅だったりコンビニの駐車場だったり下手すれば路駐だったりでなんとか探すんですがその日はずっと山道で道幅は狭いし周りにコンビニらしき物もない
それで結局山道のカーブの安全帯って言うか少し膨らんでて舗装されてない場所があったんでそこに止める事にしました

48: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:27:19.75 ID:O79C30xFO
朝までぐっすりで起きてとりあえず小便がしたくなったんで失敬してトラックの陰からする事に
その時に気付いてしまったんですが多分交通事故かなんかで花を飾ってある場所をトラックで思いっ切り踏み潰してたんです
まあちょっと怖くなったんだけどごめんなさいとだけ言ってその場を離れました
その日は何にも起きなかったんですが翌日の夜いつものように走ってると後ろの荷台から音が聞こえたんです
最初荷物が崩れたかと思いトラックを止めて後ろの観音扉を開けて見てみたんですが異常なし
まあたまに石とかをタイヤが弾いてそれが車体に当たって音がする事もあるんできっとそれだろうと思いまた走り始めました

49: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:30:49.59 ID:O79C30xFO
10分も走らないうちにまたゴンと言う今度ははっきりと荷台の方を叩かれたような音がしました
なんかやべーと気付き始めたんですがどうする事も出来ずしばらく走ってコンビニが見えた時は凄い安心感がありました
まだ少し距離があったんですがそれ以上走る気にならずコンビニで仮眠を取る事に
思いっ切りコンビニの近くで明かりがある場所に止めて寝ました
しかしウトウトし始めた頃また荷台からゴンと言う音が
もう今度は走っても居ないし荷物が倒れるはずもなく確実にヤバいと思いコンビニで寝ずに立ち読みしてました

50: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:40:40.21 ID:O79C30xFO
それから一週間くらいは何も起きず安心しきって居た頃にまた壁ゴンがきました
しかも狂ったようにゴンゴンゴンゴン叩かれて怖くなりすぐ路駐して逃げました
社長に恥ずかしけど正直に言ってもうあのトラックには乗りたくない仕事も辞めたいと相談すると
さすがに別のトラックはないが同僚に仕事上の都合でトラックを交換すると言う事にして幽霊話は内緒でトラックを変えてくれる事になったんです
まあ社長も信じていたかどうかはわかりませんが辞められるよりいいと思ったんでしょう

53: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 07:56:02.59 ID:O79C30xFO
それからは音も聞こえなくなり交換してくれた同僚も何もなさそうでしたが
二ヶ月ほどたった頃荷物を積んでない状態で急にブレーキが効かなくなり追突で前の乗用車に突っ込み相手の車は全損、トラックも廃車
相手は奇跡的に無傷、俺は鎖骨骨折と軽かったんですが当然仕事はクビになりました
事故自体は霊と無関係かも知れませんし音がなんだったかも今だにわかりませんが実際ブレーキがいきなり効かなくなったのも事実です

54: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 09:54:03.83 ID:ll+xYsg90
オカルト的に考えると、トラックじゃなく>>53に憑いてきたって事かねぇ




55: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:02:36.46 ID:NsfCGKvC0
心霊現象じゃないけど個人的に心臓に悪すぎたので投下
毎晩夜中に寝室の網戸がガタガタなってた
犯人は茶色いカワイイ感じのイタチなんで放置してたんだけど
今朝は明るくなってるのにガタガタガタガタやってるのでカーテンをあけて覗いてみたら
戸袋に鳥を引きずり込む真っ最中だった

なんか足の長い鳥のフレッシュな死体が戸袋からニョキッと生えてるなう

56: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:06:35.12 ID:0V47OjVJ0
写真急げ

戸袋を巣にしてたのか…

57: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:33:04.42 ID:NsfCGKvC0
>>56
http://i.imgur.com/1ksmx.jpg
グロ注意
恐らく巣にしてたんだろうね
ということは戸袋の中には食べかすが…
寝室の壁が墓場かよぅ

引っ張ったら向こうも引っ張るんで(そりゃ苦労して捕ったご馳走だもんな)
申し訳ないがホースで水責め→先程市役所の環境衛生課のおじちゃんがもぎ取ってくれた
イタチに恨まれてるだろうなぁ

画像がながれた時用

58: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:35:02.01 ID:0V47OjVJ0
>>57
これはイタチと知らなかったらかなりクるね。なぜオカルト脚色して投下しなかったんだ!てレベルだww

60: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:48:28.61 ID:NsfCGKvC0
>>58
ガタガタ音の原因がわからない時はマジで投稿しようかと思うくらい怖かったよ
毎晩3時過ぎとかに寝室の網戸がガタガタガタガタ言うんだもんよ
動物か?変態か?ポルターガイストか?て
意を決してカーテン開けたらイタチのお腹が網戸越しにコンバンワだったんで和んじゃって放置してた
それが今朝は鳥の死骸グットモーニング

まさか毎晩こんなもんを引きずり込んでる音だったとはね
骨だらけだろうな戸袋の中
台風きても雨戸出せねー

76: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 17:38:01.12 ID:0V47OjVJ0
>>60
よくよく読んでみると、けっきょくイタチは駆除しなかったのかな?
もう同居人として認めちゃえよ。餌付けしてみるとか。
狩猟本能はあっても、腹一杯ならそんなでかい鳥は狙わないですむんじゃないか。

うちの目の前の崖にも去年狸が住み着いてたんだけど、いるなーと思ってたら車に轢かれて死んでしまった。
生きてる間に餌でもやりゃよかったと後悔してる。

人間の都合で住環境おびやかしちゃってるんだもんなあ、なんか罪悪感がある。

213: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 07:14:19.87 ID:dQ5bPHWA0
>>76
餌なんてやらなくてもうちの庭にあるから大丈夫だよ
柿でも李でもビワでもなんでもあるし周りは田圃だから
あれ以来鳥を引きずり込んではいないけど今朝は食べかけの柿を戸袋に引き込もうとして失敗
画像は柿を取り落としてショボーンしてるとこ
食い物の恨みは怖いっていうから鼬に恨まれないか心配だったけど平気かも
http://i.imgur.com/b55xn.jpg
itati


216: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 09:05:02.13 ID:3DOWA4YE0
>>213
戸袋の下に巣箱置いてやればいいじゃん
中に果物置いておけば、戸袋も汚されないんじゃないか

59: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 10:36:38.25 ID:Lvlc43yS0
朝起きたら戸袋にこんなものが!のほうが怖かったなw

62: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 11:09:53.14 ID:u5dAaZu/0
なんというか乙としかw
でも嫌だろうけど、戸袋のなか早いうちに掃除するなりしないと
放置して夏になって虫がわいたりとか
そっちのが悲惨なことにならないかね

64: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 11:58:02.60 ID:CAxkGs82P
我が家も戸袋の中に鳥の死骸があったことがあった
雨戸を外すことになって、掃除してた時気づいたんだけど、なんというかかなり年数経過してるようで
パッサパサの死骸だったよ

74: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 17:12:42.13 ID:C665XSU20
>>64
∩∩




77: 本当にあった怖い名無し 2012/12/06(木) 19:43:47.94 ID:pL325YM90
じいちゃんから聞いた話

明治生まれのじいちゃんがまだ子供の頃、毎日父親と山仕事に出ていたそうだ。
ある夏の日の夕方に、いつもの山道を下って家に帰ろうとしていた時のこと
いつもは家で待っているはずの母親が山道で提灯持って名前を呼んでたそうだ。
おっかぁ(母親)が迎えに来たねって走り出そうとしたじいちゃんの腕を父親が掴んではなさなかった。
不思議に思って「なんで?」って聞いてみると
「おめぇ、おっかぁは今日俺たちがこっちの山来ること知ってたか?
 今日は沢に行くからっておっかぁに言ってねぇべ?
 麓なら待ってるのもわかるが、アレはおかしい。 おっかぁじゃねぇ」
ってぼそっと言われたんだって。

二人でそっと近づいて行くとおっかぁは「ふっ」と消えてしまったそうだけど
そこは草が茫々と生えた崖の側だった、アレはおっかなかったな。って話

昔はキツネやタヌキに化かされたって話いっぱいあったそうだけど
じいちゃんの話は不思議な話がいっぱいで本当に面白かった。

91: 本当にあった怖い名無し 2012/12/08(土) 05:06:47.61 ID:/LLuYp3Qi
>>77
おっかあねえ話だなあ

92: 本当にあった怖い名無し 2012/12/08(土) 07:56:46.15 ID:la/xxcrn0
>>77

   ∧,,∧             ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧  ∧,,∧
   ( ´・ω)            (,,   )(,,   )(,,   )(,,   )・・・
   | ⊃|__,>          ⊂  ヾ ⊂  ヾ ⊂  ヾ ⊂  ヾ
    u-u               (  ,,) (  ,,) (  ,,) (  ,,)
~~~~´゙`゙゙´´ ~~゙`゙´\ /`゙゙´´ ~~゙゙´``´`´~~~~~~~~~~~~゙゙´``´`´
\ /




98: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 18:09:45.94 ID:gZx40bg/0
本当につまらない話なら1つある

俺が小学生くらいだったころ、夕飯作りをしている母親の手伝いしてたら夕飯に使うキャベツに普通の蛞蝓がついてた。
その時の俺は夕飯作りに飽きてたところだったから、ついその蛞蝓で遊びたくなって、とりあえず蛞蝓に塩をかけることにした。
本当はほんのちょっとかけるだけのつもりだったのにビンの蓋が外れ
大量の塩が出てきてしまい、蛞蝓は塩の山の中で小さくなってお亡くなりに…。
かわいそうなことしたなとは思ったけど、死んじゃったものは仕方ないから
遺体は使った塩と一緒に生ゴミ入れの中に入れて、それで終わり。

その日からしばらくたったある日から
俺の右腕が赤くただれたみたいになりはじめた。
原因もわからず不思議と痒みや痛みはなかったから
親も俺も放置していたのだが、
最初は右腕だけだったのが日を追う毎に広がっていって
お腹や腿のあたりまでただれてきた。
流石におかしいってことになって親と病院に行って診てもらったんだけど
医者も原因は何なのかさっぱりわからない状態。
とりあえず塗り薬を出してもらい、1週間それを塗ってみたんだけど治る気配がない。
ただれた原因が何だかわからない上、一向に良くならないもんで親はすごく不安がってた。

そんな中、何故か俺はふと蛞蝓のことを思いだした
今でもなんで蛞蝓のことを思い出したかは分らないけど、
俺はその時、これはきっと蛞蝓の呪いだ。
蛞蝓に謝らないとって必死になってたのだけはよく覚えてる。
そして俺はなぜか線香まで上げて「蛞蝓さんごめんなさい」って仏壇の前で手を合わせてた。
そのあと家の庭に蛞蝓の墓を作って馬鹿みたいに泣いて謝った

99: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 18:11:36.14 ID:gZx40bg/0
すると、その次の日くらいから体のただれが良くなっていって、
2日くらいしたらきれいになってた。
親は薬が効いたんだって喜んでたけど、俺はそれだけじゃないと思う。
偶然に偶然が重なっただけかもしれないが、
それでも祟りとか呪いとかやっぱりあるんじゃないかな。
別に霊がいるとかそこまで信じてるわけじゃないけど
俺はこの出来事以降、
何かあると怖いから例えハエやGであってもなるべく殺さないようにしてるんだ。
まあこんなことする馬鹿は俺ぐらいだろう。

幽霊とかの話じゃなくてごめんね
あと拙い文ですまん




100: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:25:10.68 ID:JMzVqZxr0
地震のデマツイートに怒りつつツイッターに助けられた体験

1/3

レストランのバイト先の先輩Aから飲み会するから来いと誘われた。
メンツに好きな子が入っているのですぐに参加すると告げた。
元々好きな子がそこでバイトしていたので入った口だが、なかなか仲良くなる
キッカケを掴めずにいたので誘ってくれた先輩Aが神様のように思えた。

先輩方と飲む事もあり粗相をしないようコンビニで人生初のウコンドリンクを飲んだりした。
飲みの場である先輩の家に着くといつも以上にニコニコした先輩Aが迎え入れてくれた。
少し経って寿司、ピザやらチキンやらが届いたが時間になっても他のメンバーは集まらない。
急かしてやろうとメールを送ろうとしたところ先輩Aから
「やめとけ、それより先に旨い所を食っちまおうぜ」
と言われ二人で先に乾杯する事になった。
今日はバイト先のメニューではなく先輩方が食べたい物を準備してくれたらしい。
自分で金を出して食べれないであろう大トロやウニを頬張りながら
互いの共通の趣味であるテニスについて熱く語り合った。
アルコールは強い方ではあるが念のためウコンなどを飲んできているのだが、
なんだか今日に限ってアルコールのまわりが早い。
「ブブブブ」と耳障りな音が聞こえると思ったら自分の携帯電話のバイブだった。
メールか電話か判別つかなかったが、携帯を手に取って開いたくらいのタイミングで視界が真っ白になった。

101: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:33:45.44 ID:JMzVqZxr0
2/3

意識は朦朧とし、目を開けているのか閉じているのか分からないが眼球をどの方向に向けても真っ白だった。
聴力が無い事は背中で感じる振動で何となく分かった。
始めて自分が危険な状況になったと理解できた。
首が変な方向に向かされている感覚を感じた直後に完全に意識が無くなった。

遠くで犬が吠えているような感覚と後頭部に振動を感じた。
しばらくして頬を叩かれているのだと理解できた。ついでに誰かが自分の名前を何度も呼んでいる。
気持ちの悪いにおいがして口の中が酸っぱい事から自分が吐瀉した事が理解できた。
「あー調子にのって飲み過ぎちゃったか、先輩ん家汚しちゃったなぁ」
もの凄い頭痛ともの凄い吐き気から更に吐きそうになるけどなんとか我慢する。
その時に涙が出たおかげか目を開ける事ができた。
そこには一緒に飲む筈のメンツが居り、口の周りを濡れたタオルで拭いてくれているのが意中の子だった。
急に意識や感覚が戻ってきた。
するとお尻の穴付近に違和感を覚えた。
「ヤバいヤバいヤバい、よりによって好きな子の前で大の方を漏らしちゃった」と思い凹む。
まだズボンに滲み出してしない事を祈りつつすぐさまトイレに駆け込もうとするも足腰が立たず断念する。
「とりあえずトイレ行きたい」と言い先輩方にトイレまで運んでもらう。
すぐさま自分のパンツやズボンに汚れが付いてしまっていないか確認すると
パンツに少しついた程度でズボンには滲み出していないので少し安心した。
しかしパンツの付着物をトイレットペーパーで拭き取ると茶色では無く無色透明のスライム状の何かだった。
「あれ?おかしいぞ」と自分のお尻を拭き取るとそこにも無色透明の物が付いていた。
アホみたいな行為だが匂いを嗅ぐと苺ジャムに似た匂いがする。

居間の方からは怒鳴り声が聞こえてきて先輩Aを先輩BとCが責め立てているのが分かる。
「そんなに寿司の上ネタ食べた事を怒らなくても」と思っていたら恐ろしい言葉が聞こえてきた。

102: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:36:13.91 ID:JMzVqZxr0
「(俺の名前)をレイプするなんて頭がイカれてるぞ」「睡眠薬まで使うとか一歩間違えたら人が死ぬんだぞ」







やっと状況が理解できた。
俺(男)は先輩A(男)に睡眠薬を飲まされレイプされたのだ。

経緯を簡単にまとめると。
①俺を嘘の用事で呼び出す。
②睡眠薬を混ぜたビールを俺に飲ませる。
③昏睡した俺を寝室に俺を運んで悪戯をする。
④ツイッターを見た先輩Bが飲みに来る。
⑤先輩A「飲み会なんてしてない。(俺)は来ていない」先輩B「(俺)の自転車あんじゃねーか」
⑥俺の携帯をならすと先輩Aの部屋から着信音が聞こえる。
⑦異常を感じた先輩Bが先輩Cと意中の子達を呼び出し無理矢理部屋に上がり込む。
⑧意識の無い俺発見

どうやら俺の裸の写真や動画を撮っている間に先輩Bが到着したため、俺のケツ穴の貞操は守る事ができた
(実害はケツ穴にローションを塗られた程度)
とは言えこんな事されて黙っている訳にはいかず警察に被害届提出し逮捕してもらった。

コンビニでの人生初ウコンをツイッターで
「人生初ウコン 先輩Aの家で先輩BC意中の子と飲み会楽しみすぐる」
とか書き込んでいなければマジで危なかった。

というお話

103: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:40:46.04 ID:qzTFnwnD0
うわあ…

ホモネタか ほんのりしねえええ

104: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:42:43.78 ID:JMzVqZxr0
こっちも幽霊とかじゃなくてごめん

異常者は何食わぬ顔で近場に潜んでるかもしれんのでみんなも注意しろよー

106: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 20:48:56.21 ID:iSzmxmqzO
先輩B、GJ
未遂で何よりだ、つかAは何だホ○だったのか?

酒呑みに行くのに自転車とはけしからん!とは思ったが、自転車が無かったら先輩Bもひょっとしたら帰ってたかも知れないしな

人生万事塞翁が馬って言葉を思い出した


後、意中の子は今は俺の隣にいてくれています。とかなってくれてたら何よりなんだが

109: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 21:25:40.71 ID:JMzVqZxr0
先輩Aがホモかどうかは分からないけど、一緒にテニスした時にやるって決めたっぽい事言ってた。
自転車で行ったのは自転車外出してる時に誘われたからだよ。
帰りは押して帰るつもりでした。

意中の子は先輩Bの彼女さんになり幸せに過ごしてるっぽいですよ。

111: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 21:37:09.31 ID:gZx40bg/0
なんだここはホモスレだったのか…
俺も蛞蝓ちゃんとイチャイチャすることにしよう

112: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 22:00:04.35 ID:ZD0MvyJu0
>>109
先輩Aの処分はどうなったの?
やっぱ強姦未遂になるの?

113: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 22:26:18.07 ID:JMzVqZxr0
>>111
やめれ、あなたのアナルがただれるのを蛞蝓も望んでいない。

>>112
たしか暴行罪と強姦罪だったと思う。(未遂とは付いてなかったと思う)
警察呼んで逮捕してもらい数日取り調べ、平行して示談交渉。
示談成立で被害届取り下げ。ざまぁ

115: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 22:33:57.82 ID:ZD0MvyJu0
>>113
ゲスな話で申し訳ないけど、そういう場合の示談金っておいくら万円?

117: 本当にあった怖い名無し 2012/12/09(日) 22:38:39.10 ID:JMzVqZxr0
示談内容は簡単に書くと
①先輩Aは俺の行動圏内に入らないようにする。
②新しい住居への引っ越し費用負担。
の2つで精神的被害等の示談金は0だったよ。

話し合いの場では誰も目を合わせてくれなかった。

被害状況の確認とかで写真とか映像を見せられたけど気持ち悪いものだ。
隣にいる警察官も見てると思うと更に複雑




135: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 11:36:42.15 ID:6I2IBYdtO
昨日の事、バイト先が田んぼに囲まれていて、その田んぼを抜けると坂になってるんだ
自転車通勤の俺にはその帰り道の坂が第一関門なんだが、仕事終わりにその長い坂はきつくて大抵は途中で歩きだす
その坂の途中の脇道は山(といっても小さい)へと続く道になってて、左走行のまま歩きだした俺はその脇道の横を通っていかなくてはいけない
今までそこから車が来たことはないけど、ビビりな俺はいつも注意深くそこを見て歩くわけ
そしたら、その脇道に入る場所には一本だけ電灯がついているんだが、その下に何かが立ってる
無駄な工事とかよくしてるし看板かなくらいに思っていたが、なんだかゆらゆら動いている気がして、眼鏡かけて見直してみたら人だった
こっちに背中向けてゆらゆらしてる
単に体を揺らしてるのではなく、たまに手を上にあげたり踊っている感じだけど、動きはゆっくりで、とにかく気味悪かった
俺はというと、もちろん逃げた

136: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 11:37:47.86 ID:6I2IBYdtO
その後何かあったわけでもない、もしかしたら生きてる人間だったかもと思うと逃げてしまって良かったのか、なんて別の意味で怖くなったりする
それだけなんだけどさ
投稿スレ迷ったけど、本当に山と呼べるほどのものでもないし正体も分からないし、ここにしました




138: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:15:05.35 ID:/c3ie/pQ0
大学の生協からの紹介でしたアルバイトでの話
聞いたこともない教材販売会社で、募集要項には「電話によるアンケート調査」とだけあった
会社で説明を受けると、名簿を元に電話をかけてその家の子供がどの高校に進学したか聞きだす、という内容だと判明
正直怪しすぎると思ったが、気が弱くて辞めますとは言い出せず結局一日だけ働いてしまった

「別に悪いことしてるわけじゃないんだから」と社員の人は言ってたけどとんでもない。突然電話をかけて
進学先を聞き出すなんて相手からしたら薄気味悪いことこの上ないし罪悪感がやばかった。実際、不信感全開で怒鳴ってくる人もいたし
もちろんそんな怪しい電話に素直に進学先答える人なんているはずもなく、午前終わりの時点で聞き出せたのは20件に1件。
このまま禄に聞き出せないのも悪い気がした。なんか犯罪臭いんだからバックれるくらいでもよかったのにと今は思う。

139: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:17:24.56 ID:/c3ie/pQ0
で、午後からは午前中みたいに申し訳なさそう~な態度と声色、口調で話すのではなく、ハキハキと明るく舌滑よく喋るようにした。
そしたら、8割くらいの人が進学先を答えたんだよね。そりゃもう滅茶苦茶カンタンに。

自分が怖いなーと思ったのはここ。突然かかってきて「進学先はどこ?」って聞くような怪しい電話に対して
ただ明るくハキハキ喋ってる~ってだけでホイホイ答えちゃう人間があまりにも多いってこと。
しかも、知り合いの進学先も聞いたら答えちゃう人も多かった。

140: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:18:34.39 ID:/c3ie/pQ0
これって怖い事だよね。「明るく話す」なんて小手先のテクニックで警戒心が緩んじゃう人間が多いってことは、それだけ
犯罪もやりやすい、ってことなんだから。
成功率が一割から八割に、ってちょっと驚くべき数字じゃないだろうか
電話使った詐欺が減らないわけだと実体験として思い知った。「金を振り込め」って内容ならこの件並みの成功率は望めないにしても、
それでも「明るくハキハキしゃべる」ってだけで気を許してしまう人はイメージより多いんだろう。弁護役、被害者役を設けるとか
手間をかければおそらくもっともっと!

正直、人を騙すのってラクショーなんだなあと悟ってしまった。

141: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:29:27.65 ID:JsqadgTFi
>>140
それ嘘かもしれないのに?

142: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:39:03.76 ID:/c3ie/pQ0
>>141 言われてみれば確かに中には嘘の進学先教えた人もいるだろね。
でも自分のその電話で不信感もったなら黙って切るなり「教える気はない」って言うなりするだろうし
実際、申し訳なさそう~な感じで進学先聞いた時はそういう対応する人ばかりだった。
   
それが明るくハキハキ喋るってだけで嘘かホントかは分からずともとりあえず答えちゃう人が大幅に増えたのは確か
      
144: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:44:00.34 ID:A9B4NdSDi
>>142
だいたい相手は主婦だろ?
お前は聞きたい情報がある、相手は暇な時間におしゃべりする相手が欲しい、でマッチングしただけだよ、明るい相手なら話が弾む。
進学先の物理的な裏付けがないなら見栄も含めてまず嘘じゃないかと思うが?

145: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:55:15.12 ID:/c3ie/pQ0
>>144 母親っぽい人7割 本人2割 祖父母っぽい人1割って感じだったかな。確かに主婦が多いんだろう
たくさん電話をかけなきゃいけないせいもあって雑談まずしなかった。
 「お子さんは高校合格されましたか?」→YESなら「おめでとうございます!進学先はどちらの高校でしょうか?」→「○○です」
 →「そうですか、お答えくださってありがとうございました!」→ガチャッ→ハイ次って感じだった。
   
アポなしの電話だったし突然すぎて勢いでホントの事答えちゃう人多かったんじゃないかと思ったんだけどね
   
143: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 13:39:54.97 ID:qxmXVbWzP
んだな。自分なら、とりあえず適当な進学先を教えそうだと思いながら読んでいたw




146: 1/3 2012/12/10(月) 14:30:38.84 ID:jjOUqOsv0
日本の旅館は4のつく客室をあえて作らない。
「四」という漢字が「死」と同音なので縁起が悪いとされているからだ。
とある5階建てのホテルがオープンした。
オーナーは迷信に惑わされない人物だったので、通常は省かれる4号室を各階に設置した。

147: 2/3 2012/12/10(月) 14:34:52.51 ID:jjOUqOsv0
オープンの翌朝、404号室の客がベッドの上で死んでいた。
オーナーは真っ青になり、他の4号室の客を確認すると、全員帰路についたと聞いて安心する。
ところが、304号室の客は帰り道で事故死してしまった。
204号室の客は無事家に帰ることが出来たが、一週間後に自殺してしまった。

148: 3/3 2012/12/10(月) 14:37:37.47 ID:jjOUqOsv0
104号室の客は家にも帰れたし一週間経っても生きていたが、一年後に病死した。
では504号室の客は?
オーナーが調べると、10年前既に死んでいたことが発覚した。
あの日、504号室に泊まった客は一体誰だったのだろうか…。

149: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 14:51:14.47 ID:vRAIHMLD0
>>148
((((;゜Д゜)))コワーイ




151: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 16:51:31.00 ID:yIo7ltvjO
今起きたほんのり怖い話を投下します。私は5時(17時)でバイトが終わりなので、そろそろ5時だと思いデジタルの腕時計を見たら4時44分44秒でした。

152: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 17:42:46.00 ID:UiZcA5lE0
とんち?

153: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 17:42:54.50 ID:4xlwIxbW0
>>151
ひー怖い!
あなたは今晩、足だけの女の人に連れていかれるかも




154: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 19:20:49.77 ID:xQDMr+6o0
今住んでるワンルームマンション(新築)
今年の2月に入居したんだけど
入って間もなくフローリングの床に明らかに自分のではない長い髪の毛が落ちてる事に気づいた
その後も何回かあったので出かける時にホームセキュリティをセットして出かけていたんだけど 最近はめんどくさくて(たいしたもんないし)セットもしなくなって気にもしなかった
そんなおり てゆーかついさっきなんだけど
また長い髪の毛が落ちてんだよね

なにが無くなってるわけでもないんだけど
なんか気持ち悪い

157: 侵入者 2012/12/10(月) 19:31:50.98 ID:jgYxnydQ0
>>154
あー、カメラなんて仕掛けて出掛けるなんて辞めておけよ
なにか写ってたらその部屋に帰りたくなくなるからね

159: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 19:46:46.09 ID:qxmXVbWzP
>>157
仕掛けておいたカメラを見ていて、最後のシーン(自分が帰る直前のシーン)で
押入れに誰か潜んでいく映像で終わる→ゆっくり背後を振り返ると…

っていうホラー思い出した



164: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 20:29:46.79 ID:jgYxnydQ0
>>159
うちで飼ってる猫が日中何してるか録画したことあるけど、そんな内容をふと思い出してgkbrしながら録画を観たなぁw

実際は1時間おきくらいに玄関まで行って、寂しそうに一鳴きして寝室にしょんぼりしながら戻って寝直すって感じで、それ見て以来寄り道せずに帰宅してるわ

246: 本当にあった怖い名無し 2012/12/14(金) 08:52:20.17 ID:f2jFfqVR0
亀だけど>>164
>実際は1時間おきくらいに玄関まで行って、寂しそうに一鳴きして寝室にしょんぼりしながら戻って寝直すって感じで、
もう俺ねこたんのために家から出ないお>_<

247: 本当にあった怖い名無し 2012/12/14(金) 12:25:00.17 ID:9Tvn2V2s0
>>246
未婚女性が猫飼うと行き遅れると言われてるけど、あんなん見たらそうなるなとは思うわ

良い年したおっさんでもやられたからなw

161: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 19:49:39.94 ID:UiZcA5lE0
ワンルームでホームセキュリティって結構なとこに住んでんじゃないの?

髪の毛はかなりしつこいから女の子呼んだりキャバ行ったりすると、まとわり
付いてることは珍しくないだろう

季節で抜け毛の量も変わるしな
ガス代は床暖の影響じゃないか?床暖使うとかなり料金凄いよ




170: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 22:51:21.63 ID:LpYpaeKQ0
以前住んでいたアパートの話。

転勤で引っ越したアパートは二階建てで、私の部屋はその一番端の角部屋でした。
少し古いけど周りの環境も悪くないし、会社の借り上げならまあこんなもんかと住み始めたのが春のころでした。
引っ越してから数か月後、軽い鬱状態になりました。
もともと冬季鬱の気味もあったし、新しい環境で仕事も慣れていないからそのせいだろうと思い、
早めに病院に行って薬をもらい、なるべく規則正しい生活を送るようにして、なんとか復帰しました。
パワストを飾ったり、お香を焚いたりする趣味も再開できるようになりました。

171: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 22:52:26.59 ID:LpYpaeKQ0
秋になったころ、友人から旅行のお土産に某有名神社のお札をもらいました。
ちょうど時計の横の壁があいていたのでそこに貼っておきました。
この時計というのは、その部屋に引っ越して以来ずっと止まっていました。
電池を変えても場所を変えてもダメ。でもデザインが気に入っていたのでインテリアだと思ってそのままにしてありました。
御札をはってしばらくした後、ふと気づくとその時計が動いていました。時間もあっています。
その時はたまたまだと思ったのですが、以来、時間もあったまま動き続けていました。
面白いなぁと思って、お札をくれた友人に冗談交じりに話しました。
「すごいねー、○○神社の御札って時計も直せちゃうんだねー」
「あのさ・・・御札をはったら直ったって・・・じゃあその時計が止まってた原因てなんなの?」
「・・・・・・」

172: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 22:53:31.90 ID:LpYpaeKQ0
しかし何事もなく過ごして年末ごろ。
夜遅く仕事から帰って外からアパートを見上げた私は、違和感を覚えました。
一階の部屋にはすべて灯りがついているのに、二階の部屋は全部真っ暗なのです。
私の部屋に電気がついていないのは当然として、二階の住人が全員留守か寝てるの?
好奇心が湧いたので、二階の各部屋の前についているガスメーターを見てみました。
すると、私の部屋以外はすべて「休止中」つまり二階に住んでいるのは現在私一人だけ。
え? 引っ越してきたときには全部埋まってるって話だったし、何回か顔を合わせてあいさつした人もいるのにいつの間に?

173: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 22:55:59.90 ID:LpYpaeKQ0
年が明けてお正月。初詣に行っておみくじを引きました。
結果は小吉。
ところでおみくじって、下の方に細かい項目がありますよね?「学業」とか「縁談」とか。
その「住まい」の欄を見ると「家を祓って移りなさい」とのこと。
う~ん。「祓って」って?
でも会社の借り上げだから勝手に引っ越せないし・・・。
悩んでいると数か月後、突然辞令が出てそのアパートを出ることになりました。
普通は一度転勤したら三年は動かないのが普通なのですが。

別に金縛りにあったり、変なものを見たり聞いたりはしませんでした。
一つ一つは何でもないことなんですが、こう重なるとなんだかなと思います。
偶然といえば偶然、でもほんのりと・・・。

174: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 23:02:19.95 ID:4xlwIxbW0
>>173
会社の借り上げはそのアパートで一室だけだったの?

175: 本当にあった怖い名無し 2012/12/10(月) 23:14:44.00 ID:LpYpaeKQ0
うちの会社で借り上げてるのは、その一室だけでした。
大学が近くにあるので、住んでいるのは大学生が多かったみたいです。




189: 本当にあった怖い名無し 2012/12/11(火) 13:34:14.04 ID:rWKsn7eCO
実家に帰省中でやる事もなく、兄と一緒に押し入れに仕舞い込んでたエロビを観ることになった
女性がバックでアンアン突かれいる場面で後ろの方に小学生くらいのパジャマを着た少年がカメラの前で絡み合う男女を呆然と見つめていた
露出プレイだったから撮影現場に迷い込んでしまったのだろう
十歳くらいの男の子にはこれはショックだろうなぁと思いつつ自分ならラッキーと隠れてみているだろうけど

190: 本当にあった怖い名無し 2012/12/11(火) 13:40:57.06 ID:rWKsn7eCO
だけど、これだけはっきり映っているなら現場でも気付いただろうし、撮影を止めて少年を追い払うなりしたらいいのに少年は棒立ちのまま場面が変わるまで映ったままだった
エロビが終わった後、小学生でエロビデビューを果たしたあの少年をもう一度見たくてビデオを巻き戻し観た

191: 本当にあった怖い名無し 2012/12/11(火) 13:46:08.07 ID:rWKsn7eCO
問題の場面になって兄と二人で少年を探したが、見付からなかった
あれだけはっきりと映っていた少年が何処にも居ない
そんな筈はないと何度も巻き戻て探したが居なかった
場面を間違えたかと全編くまなく見てみたが居なかった
確かに後ろの方に映ってはいたが、一目で分かるぐらいの大きさであったし、少なくとも5分は映りっぱなしだった
見落とすとは考えづらい
薄気味悪くなってきたとき兄が
あの子供、セクロスを見てるんじゃなくてなんかカメラを見つめてたよなって言ってきた
まるで、こちらを見ているようだったって




193: 1/4 2012/12/11(火) 17:07:15.97 ID:Mm9gFMxQ0
滋賀県にある立木観音をご存じですか?
これは3年前の10月上旬頃、参道のある県道422号線を走行していた時のお話です。

この日、仕事の関係で40時間ほど眠らず、京都方面から帰宅するところでした。
422号線に入り、参道前の舗装されてない駐車場に差し掛かった時、ものすごい眠気に襲われました。
時刻は午前2時半くらい、後続車も対向車もなく、走行車線で停車して駐車場を見ていました。
駐車場に車は1台もなくシーンと静まりかえってました。
朝までここで仮眠しようか?今日明日休みだし、辺りを見回しているとものすごい違和感を感じました。
参道に上がる八の字になった階段の向かって右側、バス停のところに人が立ってました。
こんな夜中に、しかも車もバイクもないじゃないか?
その人は茶色っぽいスーツを着た男性で、薄暗い場所にポツンと立ってました。
ライトの当り方か胸元から下しか見えません。
ちょうど、カーネル・サンダースにスーツを着せた感じの人でした

194: 2/4 2012/12/11(火) 17:07:51.51 ID:Mm9gFMxQ0
気味悪いな、社務所の人か?、関わらんとこ、帰ろ、帰ろ、そう思いまた車を走らせました。
あまり直視しないようバス停の前を通過し、しばらく走ると対向車が来ました。
その対向車は激しくパッシングしてすれ違って行きました。
なんだ、検問?事故?、でも対向車が来るんだから大丈夫だろう、そう思っているところにまた対向車。
その対向車も同じく、激しくパッシングして行きました。
なんなんだいったい、そんなに注意しなきゃいけないことがこの先で起こっているのか?
それはそれで楽しみかな?、車はよくネズミ取りしてる場所として知られている直線に差し掛かりました。
そこで対向車が2台見えました。
1台目の対向車がものすごい勢いでクラクションを鳴らし、すぐ後から来た2台目はパッシング。
あきらかにオレに対しての警告、なんだどいつもこいつも何が言いたいんだ!

195: 3/4 2012/12/11(火) 17:08:33.57 ID:Mm9gFMxQ0
ここでようやく、ある話を思い出した。
立木観音から瀬田川上流へ300Mくらいのところ、営業してるか知らないけど喫茶レストランがあります。
この辺はウォータースポーツしてる人には有名らしいです。
このレストランの手前に交通事故が多発する場所があり、川側のガードレールが二段に設置されてます。
そのガードレールのあるS字カーブのところにお地蔵様が祀られてます。
そのお地蔵様にまつわる話を知人から聞きました。
ある頃から、ここを夜間走行してると顔の真っ赤な男がフロントガラスにしがみついてくる。
こんな目撃談が多発し、地元の人は怖くて夜間は迂回するようになったそうです。
そんなある日、お供え物を持ってきた人がお地蔵様の顔のイタズラに気づきました。
それは顔を真っ赤にペンキのようなもので塗られていたそうです。
綺麗に掃除した後から目撃情報はなくなったそうです。

196: 4/4 2012/12/11(火) 17:10:12.36 ID:Mm9gFMxQ0
おいおい、オレの車にも似たようなことが起こってるのか?でもフロントはなにもない。
あっ!運転席側の窓を半開してたのを思い出した。
がしかし、怖くて右を向く勇気がない、どうしよう、こんな場合どうしたらいいんだ?
そうだ、思いっきり叫んで窓を閉めよう、そうしよう。
「コラッ、勝手に人の車に乗ってんじゃねぇ、ドアホゥ!」、叫ぶと同時にスイッチを引きました。
シュルシュル、コッ、カチン、窓は何事もなく閉まってくれました。
その後、すれ違う車はなにもせず、検問も事故にも遭遇することなく無事帰宅しました。
帰って車の窓、屋根など確認しましたがなにも異常は見つかりませんでした。

あの日、私の車に警告してくれた4台の車の運転手はなにを見たんだろう?
あの時、右を向いていたら何を見てたんだろう?
その後、夜間はこの道を使ってません。

文才なくてすみません。




200: 本当にあった怖い名無し 2012/12/11(火) 22:05:54.26 ID:3ePPqMoA0
3ヶ月ほど前、友人と自宅で麻雀をしていた時の話です。
テレビの前にテーブルが置いてあり、その上で麻雀をしていました。時間は深夜2時頃で、適当なテレビを流しながらだらだら麻雀を打っていました。
私はテレビを正面にして左側に座っていたのですが、ふとテレビの音が消えたのに気づきました。
テレビを見ると女性がトイレの個室に入ってる所を上から撮影したような映像が映っていて、その女性の顔は下を向いていたし髪が長かったので見えませんでした。
驚いて声が出せなく見入っていたらパッと元の番組に戻りました。
私以外の3人誰も気付かなかったと言っていたし、あれはなんだったのでしょうか?
どなたか見た人はいないでしょうか?




219: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 14:24:59.82 ID:msM8Bx7w0
1/2
某メーカー系で働く友人が、東南アジアで新工場を立ち上げた際に現地で体験した
話です。
新工場は無事立ち上り操業を開始して数ヶ月経過した頃、現地の女性作業員が
勤務中に突然泣き喚きだし、持ち場を離れてしまう事件が発生。現地通訳に事情を
聞くと
「彼女はお化けに取り憑かれた。この国では良くあることだから気にするな。」
とのこと。

220: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 14:27:02.35 ID:msM8Bx7w0
2/3
到底信じることはできなかったが、言葉の壁もあり女性作業員と直接話をすること
が難しく、うやむやになっていった。また、女性の泣き喚き方が常軌を逸しており
若干引き気味だった日本人スタッフ側は、現地の御国柄と無理やり納得して深く
追求しなかった。
しかしその後もお化けに取り付かれる人が続出したため、日本人スタッフはまじめに
お化け対策会議を開催。しかし、まともな対策案などでる筈もなく、現地の祈とう師を
呼ぶも改善せず。また、日本へお化けの報告をするわけにもいかず困っていた。

221: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 14:29:05.66 ID:msM8Bx7w0
3/3
そんな中、あることから現地従業員の給料が正当に支払われていないことが発覚。
給与計算を担当していた現地スタッフが適当に計算していた。現地は教育水準が
低く、算数もまともにできない人がいるらしい。
給与計算の担当を換え、まともに給料が支払われるようになった頃、お化けは
不思議とでなくなった。

222: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 15:04:22.28 ID:5Itz1Fhe0
>現地は教育水準が低く、算数もまともにできない人がいるらしい。

なるほど、これは現地の人が書き込んでいるんですね?

223: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 17:18:03.79 ID:oYC4f7L10
算数は出来なくても、日本語は辿々しいなりに頑張っているじゃないか。現地の人にしてはw




227: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 21:23:57.72 ID:I0ffIumY0
この間怖い体験をした
俺が住んでるアパートから200mほど離れたところに
大学病院へ行く道とちょっとした通りとが交差する十字路があって
そこは音の出る信号機がついてるんだけど、そこであった話
俺は大学生でその日は飲み会があってだいぶ遅くなった
深夜の2時を過ぎていたと思う
かなり酔っ払って一人でふらふらと歩いてその交差点まできた
ここいらは日中こそ病院への出入りで車通りがあるが
こんな時間だと人も通らずひっそりとしたところなんだ
交差点にだいぶ近づいたところで
だれか赤信号で待っていることに気づいた
あー世の中には律儀な人がいるな、車なんて通らないんだから赤でも渡りゃいいのに
と思いながら近づいていくと女の人
ただ不思議なのは今になって思い出そうとしても
女だったということを覚えているだけで年格好や服装の記憶がさっぱりないんだ

228: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 21:24:28.82 ID:I0ffIumY0
ただその人が信号待ちしてるのに
俺だけ赤でも渡っていくのはちょっとやましい気がしてその人の後ろで立ち止まった
変質者とか思われても嫌だからけっこう離れて立っていたんだけど
その人は下を向いていて「くっ、くっ」というような声を出してる
これは笑ってるとは思えないんで、泣いてるのかもしれないと考えて
ますます嫌だなと思った
そこを行きすぎて遠回りして帰ろうかとまで思ったけど
そのとき信号が青に変わった
その人は歩き出し、「通りゃんせ」のメロディが流れてくる
俺もつられるようについて歩き出したんだけど
何となく違和感がある
んーあれ、この音楽って夜には鳴らないんじゃなかったっけ、と気がついたときには
道路を半分くらい渡っていて、その人は向こう側の歩道につくところだったんだけど
突然音楽がハウリングしたような割れた音に変わった

229: 本当にあった怖い名無し 2012/12/12(水) 21:25:08.72 ID:I0ffIumY0
ギュワギュワギョワという音の中で
その人の行く道にぼうっとにじむような感じで赤い鳥居が出現した
ええっと思った
そこは向こうの歩道のはずなんだけど
鳥居の中は真っ暗で遠くに小さな明かりがちらちらしている
なんだこれ、と呆然と見ていると
その人は鳥居の前で立ち止まって、こちらを振り向こうとするような仕草をした
振り向くかどうか迷っているように見えたけど結局振り向かずにその鳥居の中に入った
そしてその瞬間に鳥居は消えた
信号が変わろうとしていたので、急いで鳥居のあった場所までいってみたが
女の人の姿はどこにも見えないし、もちろん鳥居が立っていた跡もない
ただ赤っぽい小さなお守袋が下に落ちていたが、薄気味悪いんでもちろん拾わずに帰った
まあこれだけの話
その後、その交差点は何度も通っているがおかしなことはない
音楽はやっぱり午後の7時過ぎ以降には鳴らないということがわかっただけだった

234: 本当にあった怖い名無し 2012/12/13(木) 04:40:02.73 ID:7tUGU24d0
>>229
いいね
情景が目に浮かぶ

241: 本当にあった怖い名無し 2012/12/13(木) 16:56:25.97 ID:7pSQGEcJ0
>>229
鳥居って神聖なもんだから、良くも悪くも何かしらの神様をみたのかもね




255: 本当にあった怖い名無し 2012/12/15(土) 06:56:04.64 ID:b0Ta2C/P0
今日不思議な夢を見たので記念に…

その夢の中で、俺の実家の居間で親父や爺ちゃんとか親戚たちが集まって酒飲んだりしてたんだけど
そこに集まってる人って皆もう死んでる人たちなんだよ
そんで俺が居間に入ったとき
俺の叔父が「おお○○(俺の名前)、お前も着たのか」って言ってきて
他の親戚も「あら大きくなったわね」とか「子ども出来たか?」とか色々聞いてきた
親父には「もっとしっかりしろ」って終始怒られっぱなしだったけど…

不気味で恐ろしいような気もするし、
懐かしい顔がみれてうれしいような気もする変な夢だったなあ

でもこの夢で一番気になったのは
集まってた親戚たちの中に
知らないおっさんが一人混じってたことなんだよなあ
しかも夢の中でずっと俺のことガン見してくる
…誰だろうあの人

257: 本当にあった怖い名無し 2012/12/15(土) 09:49:46.72 ID:9KEfn5oWP
冷やかしで他人が紛れ混んでた事ならあったな。
勤務先判ったから請求書を会社宛に送りつけたけどさ

259: 本当にあった怖い名無し 2012/12/15(土) 11:20:11.02 ID:9KEfn5oWP
すまん、言葉足りなかった
>>257は高校の同窓会ね
誰だ?と皆で思っていたら帰り際に「俺関係無い人間ですけどね~」
とか悪びれる様子も無く言ったんで写真に撮って周辺を調べて回ったんよ
んで勤務先だけ解ったので
「我々の同窓会に乱入し雰囲気を壊され困惑致しました。
更にその方は飲食した代金を払わず逃げてしまい大変困っております」
って手紙と写真を送ったんよ
幹事の所に会社の上司っぽい人と謝罪しに来たらしいけどイジワルな奴なので
上司には座布団とお茶、そいつには座布団無しで水道水を出したり
上司と延々と無駄話をしてずっと足止めしたんだと。

260: 本当にあった怖い名無し 2012/12/15(土) 11:32:47.46 ID:dXrUf5c90
>>259
よく見つけたなあ…

でもせっかくなら「周辺を探して回ったら運良く勤め先を見つけたが
本人は同窓会の少し前に事故で亡くなっていると言われた」
くらいの脚色をしてほしかった




266: 本当にあった怖い名無し 2012/12/15(土) 23:35:42.81 ID:iXrYgBGhO
結婚して夫の実家に初めて泊めてもらった晩。仏壇のある和室、仏壇の真ん前に布団を敷いてもらって寝た。
その晩、舅がグラグラと煮えたぎる釜?のようなものに入れられ絶叫している夢をみた。
気になって夫と出かけた時にそれとなくきいてみると、私と知り合う前に亡くなっていた舅が焼身自殺をしていた模様。
亡くなる時の苦しさを知らせたかったのだろうか…

337: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 17:00:52.18 ID:GO/4b/L30
>>266
それ、死んだ時じゃなくて地獄の様子なんじゃ…?

339: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 19:51:53.63 ID:82k+E+Zg0
>>337
ソレ怖いわ




269: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 02:56:52.63 ID:IkOETB+h0
大学のときのことだけど奇妙で落ちも何もない話があるんでここに書いてみる。

俺は関東の大学で考古学を専攻していて、3年生の夏休みのこと。
ふだんはパチンコ屋の開店荒らしのようなことをしてて学校に来ない、
あまり評判のよくない部関係の先輩からバイトの話を持ちかけられた。
それは一泊二日で10万という法外な報酬で、俺の専門に関係ある内容だと説明された。
「盗掘とかそんなのはトンデモないスからね」と俺が言うと先輩は、
「イリーガルな部分はないわけじゃないが、遺跡の破壊とか文化財を売りさばくとかじゃない。
知り合いでお前しかいないんだ、なんとかひきうけてくれよ」とけっこう必死に頼んでくる。
俺もその時期金が必要な事情があったんで二つ返事で引き受けることにした。

朝、指定された駐車場に行くと、すでにパネルバンが待ってて3列目に乗せられ
車内の黒いカーテンが引かれて外の様子が見えなくなった。
おいおいアクション映画かよ、と思ったけど黙って乗っていると
途中から道が上りになり、さらに砂利道になった感じがする。
3時間くらいで車が止まり、「ついたで」と短髪の若い運転手が言うんで、
降りてみるとやはり山中に入ってる。
山の中腹の木を伐ってあらっぽく整地したようなところで、プレハブの小屋がいくつかある。
どう見ても何かの遺跡とは思えない、自然の山だし工事してる様子もない。

270: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 02:58:16.86 ID:IkOETB+h0
すぐにスーツ姿の30代くらいの男が近づいてきて、
「やあどうも、よろしくお願いしますよ」と薄ら笑いしながら言う。
俺が「仕事は土器を見てだいたいの年代を言えばいいんですよね」と確認すると、
「そうです、そうです。あなたは優秀だと聞いていますし、簡単なことでしょう」
その後小さいプレハブ棟に案内されて、入ってみると一階は事務所のようになってた。
入るとぞくっとした。業務用の巨大なエアコンが動いていて、室温は20度以下かもしれない。
新聞紙を敷いた机の前に座って、ちょっとビビリながら男に「・・・盗掘とかじゃないですよね?」
と聞くと「いや、いや、年代の確認です。学術的なことですし土器はすぐに埋め戻しますから。
遺跡を傷つけるようなこともしませんし、あなたの将来にかかわることは何もありません」
そう言って男は出て行った。

小一時間ばかり、持ってきた土器編年の本を見ていると、
男が携帯でしゃべりながら入ってきて、「もうすぐ第一弾が来ます、これをつけてください」
と言って耳栓を渡してよこしたので、俺は?ながらもそれをつけ、男も携帯をしまうと耳栓をつけた。
外に出ていると、俺が乗ってきたパネルバンとよく似た車が入ってきて、
中から作業服を着た男が3人出てきて後ろのハッチを開けた。
2人がけっこう大きい麻袋を出して、大きなプレハブ棟のほうに向かったが、
前後を持たれている麻袋がぐにょんと動いた。
中に何か動物でも入っているのか、足を突っ張るように袋のあちこちが出っ張るのが見える。
悲鳴も上げているのかもしれないが、それは耳栓でよくわからない。

271: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 03:01:01.22 ID:IkOETB+h0
作業員の一人が木箱に入った完品の土器を持ってきたので、3人で事務所に入った。
土器の編年は例えば弥生時代の近畿なら特徴によって大きく5つに分けられる。
地域によっては複雑だが、このあたりのことを詳しく書いてもしょうがないな。
耳栓を外し、本を参照しながら見せられた土器のだいたいの年代の推定を述べると、男はメモを取った。
「これと一緒に運ばれてきたのはなんかの・・・生き物?」と聞くと、
男は俺の顔をまじまじと見て「おやあ、あれが動いてたように見えましたか、あの袋が?」
続けて「いや、あなた力があるんですね。あれが見えると・・・おやおや」と訳のわからないことを言い、
結局何なのかは教えてもらえなかった。

その日の夕方までに車が三台到着し、そのたびに土器を見せられた。
一回は数個の破片だったので、これはよくわからないと言うと男は不満そうだった。
5時過ぎに最後の一台が来て、同じような手順で袋が運び出される。
中で待っていてもよかったんだが、手持ちぶさたなので耳栓をつけて見ていると、
袋の中のものがひどく暴れて、ドンと足を伸ばしたときに丈夫な袋が破れた。
夏なのでその時間でもまだ明るかったが、破れ目から出てきたのは短い黒い毛並みの動物の足だ。
ただ俺の見間違いでなければ、足の先は土まみれの赤っぽい蟹のようなハサミになっていた。

272: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 03:02:12.68 ID:IkOETB+h0
急激に獣臭いにおいが漂ってきた。
男が何かを叫んだ様子で、大きなプレハブから作業員がばらばらと出てきて
7~8人で袋をつかんで運んでいこうとしたが、そのとき耳栓ごしに弦をはじくような低い音が聞こえ、
ものすごい頭痛で俺はうずくまった。男が脇を抱えてくれたので何とか立ち上がって事務所に戻ったが、
音のしたほうをちらっと見ると袋はすでに運び去られ、
作業員が3人俺と同じようにうずくまっていた。

事務所で座っていると頭痛が治まってきた。
男は俺の側にいて「だいぶよくなってきた顔色ですね。・・・疑問がたくさんあるでしょう」そう言うと
一息吸ってから「答えられません」とニヤッと笑った。男は何でもないらしい。
夜になって昼と同じく弁当をもらい、事務所の二階に案内された。
せまい鉄階段を上ると、鉄扉があり中に入るとただベッドがあるだけの部屋だった。
「トイレはそこを開ければあります。風呂はないですが我慢してください。
それから夜の間はこの部屋から出ないでください・・・申し訳ありませんが鍵をかけさせてもらいます。
明日の朝食を持ってくるときに開けますから」
男はこれまでにないきつい口調でそう言って出て行った。

273: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 03:03:11.48 ID:IkOETB+h0
その後中からドアノブを回してみるとやはり鍵がかかっている。
部屋の中を調べたが見事に何もない。トイレもおまるに近いような簡易トイレ。
プレハブなのに窓が一ヶ所しかなくカーテンを開けると山の斜面側を向いていて藪が見えるばかり。
俺はベッドに寝転がって今日一日のことを考えたが何もわからない。
あの足はいったい・・・それが土器と何の関係があるのか・・???。
もう頭痛はなかったが、仕事と言えるほどのことは何もしていないのに、ひどく疲れている。
まだ9時過ぎだが、明日の夜にはこれは終わって10万円、
それだけ考えて電気を消して寝ることにした。

ドーンとものすごい音がして飛び起きた、小屋も揺れたんだと思う。
電気をつけて窓に駆け寄って開けると外は騒然としている。
大きなプレハブ小屋のほうでたくさんの人が怒鳴り合っているようだが、もちろん見えない。
しゃべっているのは中国語だと思ったが、早口だし遠いしわからない。
窓の外の空気が獣臭い・・・夕方と同じ臭いだが、それがだんだん焦げ臭いものに変わってきた。
火事なのか?!ヤバイ出られないぞ、とあせっていたらドアが開いて男が入ってきた。
「バイトは終わりです。ここを出ます、ついてきてください」と言って俺の手を引っぱる。
下に降りると黒いベンツがある。大きなプレハブ棟の前には20人ほど人が出ていて数人が地面に倒れている。
ライトの光で煙と、何か黒いものが人の間を走り回っているのが見え・・・また一人倒れた。
俺はベンツに押し込まれ、男がハンドルをとった。
振り向いてみると、プレハブ棟の下から火が出ている。内部が燃えているようだった。

274: 本当にあった怖い名無し 2012/12/16(日) 03:03:57.73 ID:IkOETB+h0
男は車を急発進させ砂利道の下りをとばした。
現場から200mほど離れたところでさっき以上の爆発音がした。
フルスモークのベンツだったが道々外は見えたんで、どこに連れてこられていたかだいたいわかったけど
ここには書かないことにする。
夜だったせいもあって3時間で来た道がだいぶ早く俺の住んでいる市まで着いたが、
その間、男は一言も口をきかず硬い表情をしていた。
最後に車を降りるときダッシュボードから厚い紙袋を出し「20万あります」そう言ってやっと笑った。
「何だったか知りたいでしょう・・・でも答えられません」
話はこれで終わり。予想したよりだいぶ長くなった。
後日談はあるけど、これも長くなるんで機会があればまた書いてみる。




297: 本当にあった怖い名無し 2012/12/17(月) 00:31:49.82 ID:Npqu+bsF0
怖く無いかもしれないけれど、思い出話をさせてください。

もう何年も前になります。
私は当時の飲み仲間と夏恒例のキャンプへ向かいました。
その年はいつもの場所に別の方々がおり、別の場所で行う事になりました。
私には土地勘もなく、今となってはそこがどこかも分かりません。
印象に残っているのは河原に真っ白で大きな流木が斜めに立っていた事。

夜になるとその流木の白さはますます際立ち、薄気味悪い様な気がしました。

298: 297 2012/12/17(月) 00:32:47.80 ID:Npqu+bsF0
夜も更け、1人、また1人と眠くなった人間からテントに入りました。
小さなテントが5基ほどあったと思います。
私も早々にテントに入りましたが、横になると眠気が薄れてきてしまいました。
頭にはなぜか真っ白い流木が浮かびます。
恐怖感がぬぐいきれない私は、以前友人Aに教えてもらった
「バリア」なるものを試してみました。
透明な膜をイメージするという簡単なものです。
私はテントの膜にそって透明な膜をイメージしました。
暗示が効いたのかようやく眠くなってきました。

うとうとしていると外の砂利を歩く音がします。
そろそろみんな寝るんだなと思いました。

299: 297 2012/12/17(月) 00:33:37.59 ID:Npqu+bsF0
ところが、足音は止まず、いつまでたってもテントに入る気配がありません。

おかしいなと思いました。
ジャリ、ジャリ、ジャリ。その音は私のテントの周りを1周しました。
友人のイタズラ?虫?カエル?そう思いを巡らせる間に、1周、また1周。
明らかに同じ歩調。3周回る頃には私は恐怖で震えていました。
3周すると足音は離れていきました。
別のテントの辺りでまたジャリ、ジャリっと音がします。
私はいつのまにか眠っていました。

翌朝、別のテントの友人Aが「何かがいたね。」と私に言いました。
「気のせいだよ。」と答え、それ以上はお互いその事に触れず、岐路につきました。

300: 297 2012/12/17(月) 00:34:33.96 ID:Npqu+bsF0
帰る途中から私は具合が悪くなりました。
解散場所につく頃には、立っているのもやっと、という状態でした。
解散場所の近所の友人Bの家で休ませてもらう事になりました。
薬を飲み、2時間ほど横にならせてもらうと、うその様にすっきり治り、
「睡眠不足だったかもね。」などと笑いつつ、お礼を言い帰りました。

翌日、友人Bから電話がありました。
「夜、久々に金縛りにあった。目をあけると透明なテントが頭上に張られ、
そこに真っ白い着物を来た女の人がすごい形相で張り付いていた。」と。

301: 本当にあった怖い名無し 2012/12/17(月) 00:41:34.33 ID:kT/DI9+f0
支援

ある修道士が女の人を殺してしまい、犯行はばれずに済んだ。
女の人のお通夜的なことを任されてしまった犯人の修道士・・・
化けて出た女の人に、必死で魔方陣(聖なる透明な壁)で防ごうとするが・・・

これの洋画思い出したw

302: 297 2012/12/17(月) 00:51:06.14 ID:Npqu+bsF0
>>301
支援ありがとう。

でも、ここまでなんです。オチが無くて申し訳ない。
今でも、リアルに人に話せない。
頭おかしい感が強いのと、未だに怖いんだよね。
吐き出したくて、何度かカキコしようとしたんだけど、今もちょっと怖い。

その洋画は知らない。多分怖くてみれないw

304: 本当にあった怖い名無し 2012/12/17(月) 12:58:26.64 ID:lqzrcNXM0
>>301
何だっけ
結界張った魔法陣に向かって、棺桶に乗ってガンガンぶつかっていくんだっけ




329: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 01:01:37.70 ID:uIWMy8Pf0
心霊的な話ではないが、
「えりかとさとるの夢冒険」っていうファミコンのゲームに
隠しメッセージがあるんだが、それが気持ち悪くて怖い。

エンディング後に数時間放置し、隠しコマンドを入力すると
「ひでむし」なるスタッフの、周りのスタッフに対する辛辣なコメントが流れる。

「前の晩6回もセックスして会社くるな」、「タイムマシンができたらまっさきに
江戸時代におくってやる」・・・

また、さらに今年、新たな隠しメッセージが発覚した。
各ステージごとのパスワードを一定の規則で並べ替えると、
「みてろ きさま いつか ○○す」
「こんな やつら はやく うせろ」・・・

内容はメルヘンチックなアドベンチャーなのに
その裏にはある1人のスタッフのどす黒いメッセージが隠されてて、
そのギャップにちょっと恐怖した。

330: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 01:08:21.25 ID:ZaLs1Zya0
>>329
http://www.youtube.com/watch?v=doQ-2xQT2E8
これ?
確かになんか気持ち悪いやつだな






341: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 20:55:17.25 ID:s57WDnQg0
前に牛乳配達のバイトをしてたときの話。
他の地域では違うかもしれないけど、
俺のとこでは朝3時に宅配センターに行って牛乳をもらい、
6時までの間に原付で配達する。
新聞配達もやったことがあるので朝起きるのは大丈夫だったけど、
配るエリアが広いし、家庭によって本数や種類が違うんで、
始めた頃は覚えるのがたいへんだった。
それでも毎日やる契約だったから1週間くらいでだいぶ慣れた。
季節は秋頃で、4時前くらいだったと思う。
ある家に牛乳を配ろうとしたら、通りの向かいの家の塀の上がぼうっと赤く光った。
何だろうと思って見にいったらペットボトルが置いてあって、
中でなんか黒いものがうず巻いてる。
そのときにはもう光ってなかったんで、瞬間的に何かの光が当たったのか、
見間違いかと思った。
バイクに乗って次の配達先に行こうとしたら、
今度は進行方向の200Mくらい先でまた一瞬だけぼうっと赤い光が見えた。

342: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 20:55:51.14 ID:s57WDnQg0
途中を配りながらそこまで行ってみたら、
やっぱり光ったところにペットボトルが置いてあるんだよ。
銀行の駐車場の前の植え込みの中だった。
ここは前より明るかったんで中がよく見えて、
白い紙と髪の毛の束と金属片のようなものがやっぱりゆっくり回ってる。
あたりを見回しても反射するような赤いライトはないし、車も通っていない。
不思議だなあ、と思いながら配達を続けると、
そっから150Mくらい先でまた同じような感じでぼうっと赤く光るものがある。
ただし今度は一瞬じゃなくずっと光り続けてる。
そこはかなり年代がいっているようなボロい平屋で門もなくて、
玄関の真ん前にやっぱりペットボトルが置いてあったけど、
中にライトが仕掛けられてるんじゃないかと思うくらい赤く光ってて、
中のものが液体とともに回ってって、地面に光の影を落としてる。
中身は前のものと同じだったと思う。
変なことがあるもんだなあと思ったけど、仕事中なんですぐその場を離れた。
その後はペットボトルは一本も見なかった。
で、次の朝の配達時にはそれらのペットボトルはなくなっていた。
で、さらに次の日、3本目のペットボトルがあった家の玄関に「忌中」の札がはられてたんだよ。
まあそれだけの話で、何かの偶然だとは思うけどね。

343: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 20:57:31.22 ID:dsUlAxUZ0
なにかのまじないだったとしても使われてるのが
ペットボトルというのがまたほんのり




344: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 21:22:25.13 ID:LZvtpdlc0
何でもいいからから

名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:12:52.74 ID:s57WDnQg0 [1/4]

2週間ばかり前、晩に犬の散歩をしてて奇妙なことがあったんで書いてみるよ


雑種のクロという犬を飼っているんだけど、
それまで世話をしていた息子が中学生になり、部活で自分より遅く帰るようになったので
それにつれて夕食の時間も遅れて、毎日散歩させる役目が回ってきた
といってもそんなに長時間ではない 
自分は団体職員で家に帰る時間は毎日ほぼ同じ、帰って一息ついてから6時半から7時くらいの間
散歩のコースは犬も飽きると思って3~4通り考えてローテーションしている
これがやってみたら、座職の自分にはけっこういい運動になるとわかった

その晩は神社コースをとった
自分の家から15分くらい先に某有名企業の工場があって、わきに企業所有の野球場があり、
その三塁側ダッグアウトの後ろが少し林になってて中に小さなお社がある
何でも昔はもっと大きな社殿だったそうだが、
自分らがこの地域に越してくる前に不審火で全焼てしまい、有志で小さな新社を建てたという
球場のフェンスの外を曲がろうとしたとき、さらにその先の小路から車が出てきた
危ないことはなかったんだが、ヘッドライトに照らされてボッと光ったものがある

345: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 21:23:26.64 ID:LZvtpdlc0
名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:13:23.75 ID:s57WDnQg0 [2/4]

近づいてみると、曲がり角の球場のネットの内側に1Lのペットボトルがある

まあ珍しくもないんだが、口の部分まで液体が入ってまっすぐ立っている
中には細長い紙のようなものと、黒く渦巻いた何かの塊が入ってるようだが
街灯の光が影になっていてよく見えない
こんなところに猫よけというのも変だなと思ったとき、リードが強く引かれた
見るとクロが歯をむき出してうなり、後じさりしている
奇妙だなあと思いながらもその場を離れた

それからクロの様子が変になった
いつもはおとなしい犬だが、低い姿勢で警戒しているみたいだ 
何かの臭いをかぎつけているのかもしれない
50mばかり行った曲がり角で、低く「ウッ!」と吠え声を飲みこむような音を立てた
頭の先のほうを見ると人家の生垣の中ほどに、枝に引っ掛かるようにまたペットボトルがある

346: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 21:24:08.05 ID:LZvtpdlc0
名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:13:57.24 ID:s57WDnQg0 [3/4]

いって見ようと思ったけど、クロが近づこうとせずリードを強く引っ張る
しかたなく近くの電柱につないで近寄ると、街灯があたってさっきよりよく見える
液体は透明で、中にはやはり折りたたんだ細長い紙と、
何かそれほど大きくはない生き物のひとつづきの内臓?がゆっくり回っている
ギョッとした ああ嫌だ見なければよかったと思った

子どものイタズラかなにかで、内蔵は魚かカエルなんかのものだろうか
とにかく気味が悪くなって、すぐ先にある神社までいく足を速めた
犬を連れているので不浄かと思って、いつも神社の鳥居をくぐらないで引き返す
その晩もそうしようとしたら、たくさん並んでいる赤い奉納鳥居の間をだれかが歩いてくる気配がする
カサカサという足音のするその方向から目が離せなくなった
最後の鳥居二本くらいまで来て姿がうっすらと見えてきた

348: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 21:24:55.55 ID:LZvtpdlc0
名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 00:15:11.77 ID:s57WDnQg0 [4/4]

中年の女性で和服を着ている 両手で重そうな布袋を前に提げ持っている
布袋の上部にはペットボトルのキャップ部分が7・8本分見える
その女性は近くまでくるとすごい厚化粧で顔は真っ白
自分らの前をこちらを見ようともせずに通り過ぎた
女性が角を曲がってからクロのほうを向くと、伏せの状態で小刻みに震えてた
それから家に戻るまでの間クロは道端に二回吐いた

クロはその晩、飯を食べず今にいたるで何となく調子が悪そうで、
ペット病院に連れて行こうかと思っている
それからクロの散歩は神社コースはやめたので、あのペットボトルがどうなったかはわからない
神社の噂をそれとなく周囲に聞いてみたが、これまで2回ほどボヤ騒ぎがあったという
2回とも、遠くから炎が上がっているのが見えたので通りかかった人が通報し、
しかし消防が駆けつけると、何かが燃えたような跡は一切なかったんだそうだ
わけがわからん




350: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 21:45:03.31 ID:K3xfCkbG0
今から俺が実際に体験した心霊現象の話します

何年か前のことなんだけど
いつものように寝てたらいきなり深夜3時くらいに目が覚めて
気付いたら金縛りに遭ってた
しばらく動けないでいたら急に外の方から変な音が聴こえてきて
「みゃ~みゃ~みゃ~みゃ~」ってなんか猫の鳴き声のような
赤ちゃんの泣き声のようなものが聴こえてきた
自分は動けずにその気味悪い声を聴いてたら
どんどん近づいてきて
いきなり窓の方から白装束を着た婆さんのような幽霊がぬっと出てきた
まさしく幽霊って感じの風貌だった
それにびびりまくって俺は思わず「うわぁ!!」って叫んで
無意識のうちに幽霊の方に足向けて蹴ってた
それと同時に幽霊はいなくなって金縛りも解けたんだけど


っていうお話
ちなみに俺の家のすぐ目の前には墓地があります

351: 本当にあった怖い名無し 2012/12/18(火) 23:32:28.45 ID:XpB7J11C0
足蹴りした時点で解けとるわい




354: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 01:14:13.11 ID:Z6WL0603O
怖くないんだけどさ。
もう10年前くらいかな、母親ががんで死んだじいさんを看病しててがんセンターの個室病室に泊まってた時、
じいさんが死ぬ当日だったかな。
母親がパイプ椅子座ってうとうとしてて、
ふと目を開けたら黒いものがさっと目の前だか横を通り抜けたんだと。
ちなみにうちの母親は霊感とかハァ?みたいな感じ。
でも確かに黒いのを見たって言ってて。
で、じいさんが「観音さまが見える、お迎えに来てる」って連呼しながら、死んだんだと。
アンチ宗教霊感みたいな母親が言ってたから、まあ気のせいであれほんとなんだろうなあと。
じいさんの仏像は妄想だろうけど。

355: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 02:51:20.50 ID:cGVFyolrO
死の間際には、この世の者じゃない者が見えるって言うしな
見えたのが観音さまで良かったじゃん、死神とかじゃなくてさ




357: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 04:48:18.70 ID:wrV2ot8m0
小学校中学校と、仲良しの同級生(女)が居た。
高校が違ったので、それから会う事も無くお互いに高校卒業して社会人になり、同級生は地元、私は東京で生活していた。

同級生は一人娘で母親とは姉妹みたいに仲が良く、実際に母親はとても若々しかった記憶があった。

成人式の時に帰郷した私が知った事実は、同級生が焼身自殺をして亡くなっていた事だった。

母親は地方公務員で、職場にかなり年下の愛人が居たらしい。
その愛人ともっと一緒に居たくて、鬼畜な事を考えたらしい。
なんと、一人娘の結婚相手として娘に紹介し、婚約をしたとの事。

母親と愛人との関係は誰にも知られていなかった…一人娘が外出先から予定よりも早く帰宅するまでは。

娘が帰宅して見たものは、大好きな母親と愛する婚約者が裸で抱き合っていた姿だったらしい。

叫びながら突発的にタライを庭に持ってきて、母親と婚約者の見ている前で灯油を頭からかぶり、火を点けたらしい。

泣き叫ぶ母親と呆然としていた婚約者の目の前で!

田舎なので、隣近所が近い。
隣の娘の異様な叫び声に何事かと駆けつけてきた隣人が目の当たりにしたのは、燃え上がっている娘の姿だったとの事。


その後、両親は離婚したが、
同級生の鬼畜母親はその愛人と結婚して今も私の田舎に住んでいる。

358: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 09:54:05.11 ID:8kDgj6pgO
ほんのりだと思ったのに…(´;ω;`)ウッ

359: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 10:48:33.58 ID:zw4e+KjP0
怪異より人間のほうが恐ろしい
辛すぎる現実はオカルトではないと思うの…

365: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 14:22:50.64 ID:dHThIlHp0
離婚したのは焼身自殺した同級生の親です。

人口2万人弱の田舎では知らない人が居ないくらい有名な事件でした。
私は別の同級生から聞いた話なので、灯油を頭からかぶり、火を点けたらしいとしか知りませんが、
隣人の話ではタライに座ったままの格好で全身が燃えていたそうです。

色に狂った鬼畜な母親の顔を私は一生忘れる事が出来ないと思います。

367: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 14:33:04.03 ID:wEDRinlci
>>365
母親もキチガイだけどその愛人もお似合いのキチガイだし鬼畜だね、他人事ながら腹が立つ。
ご友人は本当にお気の毒でした。
ご友人の魂が今は安らかでいられますようお祈り致します。





370: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 18:52:55.00 ID:ds7WPYkk0
だいぶ前に体験した話
そのころ俺は勤めていた機械部品の工場を失職し、実家に戻ってバイトで食いつないでいた
つてを頼んで就職先を探したんだがなかなかみつからない
そんなときに、高校のときの部活の先輩から連絡があった
なんでも久しぶりに帰郷した際に俺が地元でぶらぶらしているというのを聞いて、
なら短期だが住み込みで仕事を手伝わないか、日当を1日3万出すからということだった
これは俺にしてみれば非常にありがたい話で、引き受けると即答し、
着替えだけ持って先輩に言われた近県のM市へ出かけた

行った先は市の海岸沿いにあるちょっとした工場地帯だった
仕事の内容はその一画にある倉庫番で、荷の出入りのチェックをするだけというしごく簡単なもの
事務所の次の間にキッチンとソフアベッド、テレビ、冷蔵庫なんかがあり、そこで寝泊まりする
つまり日当3万というのは夜間の警備員としての仕事代も含まれているということらしかった
事務所はプレハブでまだ新しかったが、引き戸の裏にでかでかとお札が貼られてある
それはよく見かける神社のものではなく薄っぺらい和紙で、
○や+の字が組み合わさった子どものイタズラ書きを羅列したようなもんだった
お札はそこだけじゃなく、あと3枚事務所の三方の壁にあったんで、
俺は笑って「先輩なんスかこれ」と聞くと、
「いや上からの指示なんだ 馬鹿らしいと思うだろうがはがすなよ」
とけっこうキツイ声でたしなめられた

371: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 18:54:05.08 ID:ds7WPYkk0
事務所詰めは俺一人だけじゃなく、テツと呼ばれる二十歳過ぎくらいのやつとのコンビで、
こいつが飯の買い出しやゴミ捨てなんかをしてくれる
ただし毎日来るわけじゃないし、夜は俺一人だけになる
倉庫に面した国道は夜になればときたま長距離トラックが通るだけだし、
工場街の人気はなくなり、いつも海の音がザワザワしていて薄気味の悪いところだった
倉庫は体育館半分くらいの大きさで暗証番号キーがついている
そこに二日に一回程度4tトラックで荷が運ばれてくるが、いつも長方形の段ボール数個程度で、
こちらから荷が持ち出されるということはなかった
倉庫の内部にはその箱が3段ぐらいに積まれていたが、スペースはまだまだ余裕があった
倉庫の奥、体育館で言えばステージがあるあたりに祭壇のようなものがあって、
奇妙な雰囲気だったが、そこには絶対に近づくなと言われていた

そんな仕事内容だったから暇をもてあました
荷がくる前には携帯に連絡が入るから、それ以外の時間はテレビを見るか雑誌を読んで過ごした
テツはいても無口で、しかもなんだか頭が弱いような感じで話し相手にはならなかった
単調な生活だったが、2週目に入ったとき夜の9時ころに連絡が入った
これまでそんな遅い時間に荷が来たことはなかったんで妙だと思っていたら、
トラックの運転手ではなく先輩が出て、
なんでも今夜中に入手しなければならない荷があるが人手が足りなくなった
それで俺にも手伝ってほしい、今すぐ車で迎えに行くという内容だった
それからすぐ先輩が大型のSUVで乗りつけてきた
乗っていたのは4人、先輩とテツともう一人高校を出たばかりくらいの初めてみるガキ、
それから高そうなスーツを着たやせた高級サラリーマン風の男
ガキを俺のかわりに倉庫番として残し、4人で車に乗った

372: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 18:56:01.06 ID:ds7WPYkk0
車はしばらく海沿いを走ってやがて山に入っていく
林道のようなところを走り、道幅が狭まって車では進めなくなった
「こっから歩きだ そんなに時間はかからない」先輩はそう言って、
車の荷室からヘッドライトつきのヘルメットとシャベルを出して俺とテツに渡した
それをつけて山中に入っていったが、木が埋め込まれて階段状になった小道があり、登るのは難しくなかった
先輩を先頭にスーツの男が最後尾について、話もしゃべらないまま登っていくと、
15分ばかりで中腹のやや広くなった場所に出た あたりの草が焼き払われているような感じだ
太い木を回ると洞窟というか岩屋のようなものが見えた
先輩が低く「・・・ここに入る、頭をぶつけるなよ」と言った
岩屋の高さは3mくらいで奥はどれだけ深いかわからない
ナップザックを背負い大型の懐中電灯を持った先輩が先にたって進む 
上を見上げたときにヘッドライトの光でボロボロになった注連縄が見えた

30mくらい進んだところで横穴があった
がんじょうな鉄柵がはめ込まれているのを先輩が鍵を開けた
入ると、かがまなければマジで頭を打ちそうな高さで、
通るときにシャベルをぶつけて派手な音を出してしまったが何も言われなかった
10mほど行くとまた広いところに出た
先輩がナップザックから電気ランタンを出してスイッチを入れ、下に置くとあたりの様子がわかった
十畳間くらいの広さで回りは岩壁、岩は白っぽく何かの記号のようなものが彫られていた
事務所のお札に書いてあったのに似ていると思った
下は岩ではなく白っぽい砂で、中央にかなり大きな木箱がふせられている
先輩の指示でその箱を俺とテツの二人でわきにどけた
するとスーツの男が箱のあった場所に進み出て、お経とも祝詞とも違う呪文のようなものを低く唱え始め、
それは20分ほども続いた

373: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 18:56:57.36 ID:ds7WPYkk0
儀式?がおわると、後ろから背中を小突かれた
見ると先輩で「これをつけろ、すぐ」と低い鋭い声で言ってそっと耳栓を差し出してくる
俺は??ながらも、その語気に押されて耳栓をつけた
男が箱のあった場所を指さし、テツはシャベルでそこを掘り始め、俺もそれに加わった
そう深くないところで、シャベルは固いものにあたり、砂をはらってみると1mばかりの鉄の箱だ
男が前に出て、かがみ込んでそうっと箱の蓋を持ち上げた
中には獣が入っていた
黒い短い毛並みの獣が横向きに寝かせられている 頭は羊によく似ていたがちょっと違う
目がかたく閉じられているが死骸ではなく生きて眠っているように見える
そして気味の悪いことに、四肢の蹄にあたる部分は蟹のハサミのような形で赤黒のまだら模様
先輩が置いていたナップザックから、白い箱とナイフを取り出した

しゃがみ込んで獣の柔らかそうな腹にナイフを入れる
ナイフは何の抵抗もなくずぶりと入ったが血は出ない
そのとき獣が目を開いた 瞳のない真っ赤な目
そして横たわった状態のまま、歯をむき出し一声鳴いたように見えた
すると俺の横にいたテツがゆっくりと膝をつき、そのまま上半身は後ろに倒れ込んだ
俺はあわててテツをささえようとしたが間に合わず砂の上に落ちた
先輩はこちらにまったくかまわず、ナイフを動かして獣の腹を四角く切っていく
変な例えだが、大きなコーヒーゼリーを切っているようだ
獣の四角くぷるぷる震えている10cm四方くらいの肉片を白い箱に入れるとナップザップに収めた
腹の切り口からはジェルのようなものが染みだし、傷はみるみるふさがっていく
先輩が鉄箱の蓋をしめ、シャベルで砂をかける

374: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 18:57:39.22 ID:ds7WPYkk0
元の状態に戻ったところで、先輩が耳栓をとれというジェスチャーをしたので外した
「さあ出るぞ」と言うんで、「テツは?」と聞くと、
「置いていく、後で回収するやつらがくる」と言い、荷物をまとめて横穴に戻っていく
スーツの男に押されるようにして後に続いた
それから3人で小走りに岩屋を出て車まで戻った
帰りの車の中でもだれも口をきかないんで、たまりかねて「先輩・・・あれ何だったスか?」と聞くと
後部座席にいたスーツの男が「いのこです 裏神道の贄、古い古いものですよ」と唄うように答えた
「テツは死んだんスか?」と重ねて聞くと、
男が「いやあ、そんなことはありません 彼はいのこに・・・」と言いかけたとき、
先輩が「もうそのくらいにしろ!!」と怒鳴りつけたんで、俺はそれ以上の質問をやめた
・・・この後、俺はまた元の倉庫番に戻り2週間ほどで仕事は終わった
後日談は何もない 先輩にもスーツの男にも、テツにもそれから一度も会っていないし連絡もつかない

380: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:14:35.97 ID:yPbSnUgxO
なんだっけ、解体中の家の床板剥がしたら死んだ犬が埋まってて
スーツの男が何か始末して香炉をくれた話があったよな。
こういうあやしい世界で食っている謎のスーツ男というのが
MIBみたいな共通機構の人間だったり
もしくは同一人物だったりしたら楽しいな。夢が持てる。

「ほんのりと怖い話スレ」 その89後編の831~にあります


398: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 00:20:13.99 ID:3VEx4Ok50
>>380
あれも続きの話なんだって上の方に書いてあった
結局通して登場してるのはそのスーツの男だけなんだな




381: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:22:09.73 ID:3Vs1lO830
先週木曜日の午後6時半頃のこと。

帰宅途中に所用があり、普段は通らない県道を走っていた。自動車通勤ね。
前には黒っぽいbB、その前には軽自動車が走っていた。
bBが軽を煽るように走っていた。
センターラインは白の破線なんだかから、そんなに煽るくらいなら直線のとこで抜けばいいのに、危ねえなと思いながら、少し距離を取って走っていた。
その県道は山の麓というか、山腹の下側を走るような感じで、途中で頂上を迎え、その後はひたすら下り。
下りになったので、軽もスピードが出るだろうと思いながら走っていた。

下りの左コーナーを立ち上がって短い直線になったところで、前を走るbBが急ブレーキ。そのまま停車。自分の停車。
煽られ続けた軽がブチ切れて喧嘩が始まるのか?と思い、追い越して先に行こうとしたら、bBから人が出てきた。
あー喧嘩だこれ。構ってらんねーから追い越そうと思った矢先、対向車が来た。
対向車は自分の車とすれ違うとすぐ、待避所のようなスペースに車を止めた。
何だ何だ?加勢に現れたのか?とか思いつつ、bBと軽をゆっくり追い越す。

違った。事故だった。bBの前がぐっしゃり、軽の後ろべっこり。
軽の運転手も出てきていたが、ドア開けっ放し。邪魔。
さっきの対向車は、事故を見て心配して車を停めたらしい。
自分がこのまま通り過ぎるのは気が引けたので、事故車2台の前に停車して車を降りた。
まあ両方の運転手が出てきてるから、重傷ではないはず。一声かけたらすぐに離れようと思っていた。

382: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:22:55.09 ID:3Vs1lO830
対向車の人が軽の運転手(年齢不詳の女性)に声をかけたところだった。
自分も「大丈夫ですかー?」と声をかけながら近づく。
女性は、「あー、skぅtrgy!!」みたいな、何ていうか、はっきりと声は出しているのに何を言っているのか判らないことを言いながら、道路の真ん中に出てきた。
対向車の人が「危ないですよ!!」と腕を引っ張ってbBと軽の間に戻そうとする。
すると女性は、「あーひゃひゃ。ちょっとぉおそれってセクハラよーあっひゃひゃひゃ!!」と笑ってる。
女性は茶髪で服装は若い感じだが、声がババくさい。それでいて鼻にかけた媚びを売るような声で、正直きしょい。
言ってることもきしょい。最初は頭打っておかしくなってんのかなと思った。
「そうだセクハラだ!!」と声がした。見るとbBの運転手(男性)。何だこいつら?と思った。

bBのエンジンが唸りを上げる。あーラジエター割れて液漏れしてんだなと思った。
とりあえずbBのおっさんに、「エンジン切った方がいいですよ。」と声をかけた。
bBのおっさん、「うん。エンジン切ったほうがいい。」と言いつつ、ニコニコしながら棒立ち。何だこいつ?
「いやbB、液漏れしてるみたいだし、危ないからエンジン切って下さい。」と再度言うと、「うん。エンジン切って下さい。」って。
なんかムッとしたので、「自分はあなたの車に触る気はありません。自分で切って下さい。」と言うと、おっさんはショボーンとしながらエンジンを切りに行った。

その間、対向車の人と軽の女性が話をしていた。全部は聞いていなかったが、最初のところで対向車の人が、「頭打ってませんか?」と聞いていた。
事故後なら普通に聞く事だろうけど、なんか笑いそうになった。

383: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:24:06.68 ID:3Vs1lO830
おっさんがエンジンを切りに背を向けてから、自分は対向車の人と軽の女性の方に向き直る。
なんか軽の女性、対向車の人と腕を組んで寄り添ってる。明らかにおかしい。知的障害者か?
あ、対向車の人は男性ね。
で、対向車の人が、「警察と、念のため救急車も呼んだ方が・・・」みたいなことを言ってた。
すると軽の女性、「呼んで~?」とおねだり。妙にムカつく。心優しい対向車の人が、多分スマホだと思うんだけど、それを取り出した。
そのときbBのおっさんが近づいてきて、「その電話で呼んで下さい。」って。
電話って言うか?と違和感を感じたが、それよりおめーが連絡しろよと思った。

対向車の人が通報を終えるまではこの場にいてやろうと思った。
その間、下りコーナーを立ち上がってちょいなので、多重事故にならんよう処理しとこうと思った。
bBのおっさんに、「三角板ありますか?」と聞くと、「三角板・・・」と言ったままきょとんとしてる。
「じゃあ発煙筒焚いて下さい。」と言うと、「発煙筒・・・」でまたきょとん。
「いいや、助手席側のドア開けて下さい。」というと、おとなしく開けに行った。
おっさんの後に続いて助手席の足下を覗くと、発煙筒が無い。やっぱダメじゃんこいつ。
軽の女性に発煙筒を出すよう言うと、判らないから見て、という。あんたがドアを開けろと行うと、ようやく対向車の人から離れた。助手席を見せてもらうと、発煙筒あった。
それを焚いてコーナーの向こうまで行って道端に置く。

戻ってきてしばらく待つと、ようやく通報終了。「両方に連絡しました?」って聞いたら、「あ、警察の方で連絡してくれるってことなんで。」と対向車の人。
「ああそうですか。じゃ、自分はこれで。」と対向車の人に会釈して車に戻ろうとしたら、bBのおっさんが「証拠だからいて下さい。」と。それを言うなら証人だろうが。
しかもおめーが不利になる証人だぞ自分は。と思いつつ、「お二人とも重傷では無いようなので、これで失礼します。」と言って車へ。
そこに対向車の人が、「ちょっちょっとすいません!!」って小走りに駆け寄ってくる。軽の女性が続く。
「1人じゃ心細いんで、一緒にいてもらえませんか?」と言って、横に来てまた腕にまとわりつく女性を横目でちらっと見る対向車の人。哀れなり。

384: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:24:41.75 ID:3Vs1lO830
少しの押し問答の後、結局自分も待つことに。
15分程で警察が来て、すぐ後に救急車到着。
警察官の1人が、対向車の人と話しながら、道路の反対側へ歩いていく。
もう1人の警察官が自分に話しかけてきた。
怪我はないか、この車があなたのか、ってことを聞かれた。
自分は通りすがりの吟遊詩人で、事故の当事者ではない旨を伝えた。
警察官、怪訝な顔。自分の車まで2人で行って、警察官が車の周りを一周。ぶつけたあとが無いことを確認。
だから、自分は目撃者だって。と言うと、ではあちら(対向車の人)の単独事故ですか?2台による追突事故との連絡だったんですけど。と警察官。
は?と振り返ると、事故を起こした2台が無い。変な2人もいない。

え?何何?と慌てていると、どうやら道路の反対側で対向車の人も同じ感じ。
それからが大変だった。警察官と救急隊員とうちら2人で大揉め。いたずら電話と思ったらしい。
救急隊の方は、隊長が自分を知っていたので、この人はそんなことをする人ではないと言ってくれていたが、言いつつも納得いかない顔はしていた。
救急車はわりと早くに帰ったけど、警察官には免許証を提示したり、対向車の人と知り合いではないかと会社まで調べられた。
「このクソ寒い中、いたずらのためにわざわざ外で待ってっかよ!!」みたいにこっちもいい加減うんざりで喧嘩腰。

385: 本当にあった怖い名無し 2012/12/19(水) 22:25:13.83 ID:3Vs1lO830
結局厳重注意ってことになった。自分は最後まで悪態ついた。「もう事故見てもほっとくかんな!!」って。
警察官はパトカーの中に入って何やらやってた。自分は対向車の人と、狐か狸にでも化かされたんですかねー?それにしてもむかつくわーって話をして、それじゃと会釈をして別れた。

車のドアを開けようとしたとき

「あーっひゃひゃひゃ!!」

あの女の声だったと思う。笑い声が空から聞こえた。
びっくりして空を見上げたけど、真っ暗。振り返って対向車の人を見たら、対向車の人もこっちを振り返って見てた。
自分は空を指さして、ん?って感じで小首を傾げたけど、対向車の人は無視してそのまま車に乗り込んだ。
暗くて自分がよく見えなかったのか、もう関わりたくなかったのか。

いつか狐か狸を見かけたら、轢いてやろうかと思う。




396: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 00:14:09.95 ID:jQ9nK01X0
もう何年も前のことだが、大学に入学して一人暮らし始めた時の部屋の話
多少フェイク入ってるけど

その部屋っていうのがどういう訳か携帯電話が使えない部屋だった。
正確に言うとかなり電波が悪い部屋

電話はもちろん、メールもネットにもつながりにくい。
下宿先はわりと都会だから携帯の電波なんて普通繋がるって思ってたし気にしてなくて、
 下見の時に確認してなかったのが失敗だった。

397: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 00:20:03.25 ID:jQ9nK01X0
住み始めて一番最初に分かったのが部屋の中じゃ通話ができない。ベランダに出たらギリギリできるレベル
それでも通話の途中で強制的に切れて、何回もかけ直さなきゃならない。
通話も出来たら出来たで何故かこちらは相手の声が聞こえるが相手はこちらの声が聞こえない。
正直、会話が成り立たない状態
メール、ネットも似たような感じ
ベランダの辺りならギリギリ使用可。それでもメールが送れないってことが時々あった。
たまたま同じ大学のサークルの人が同じマンションだから携帯の電波どんな感じか聞いたらよく繋がるって言ってたから
その時は、携帯会社が違うからそんなもんかな~って思ってた。

399: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 00:22:25.93 ID:jQ9nK01X0
電話が繋がらないのはまぁ我慢できたんだけど、(恋人とかいなかったから、電話する相手なんか親かごくたまに地元の友人くらいだったから)
問題はメールとネット
当時まだ大学に入学したてだから友達づくり(笑)とか頑張ってた。
親にも何回か相談したけどはじめのうちは、携帯なんて使ってないで勉強しなさい~、携帯の使用料が安くていいじゃない~とか
言われてた。
はじめの1,2ヶ月こそイライラしてたけど、もう開き直って部屋ではあまり使わなくなってた。
実際ネットはパソコンで事足りてたし、部屋以外の場所では普通に使えてたから大丈夫だった。

411: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:02:11.11 ID:h1jA3fHx0
規制かかってて寝落ちした

399の続き
で、前期試験も無事終わり夏休みになって実家に帰省した。
当時使ってた携帯は長く使ってたし、携帯の名義が親のだから実家のほうじゃないと色々手続きがめんどくさいからこの機会に機種変更しようってことになった。
ちょうど最新機種が出たところでその機種なら電波がつながり易くなる~とかって言ってたから淡い期待も込めてた。
夏休みも終わって後期も始まるから新しい携帯携えて下宿先に帰ったがやはりそれでも 電波は悪かった。
むしろ若干悪化した。

412: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:10:42.66 ID:h1jA3fHx0
数回に一回ほどの割合で部屋のベランダで電話に出ると、 電話口から  「バシャバシャバシャ」って音がするようになった。
この時正直もうどうでもよくなってて諦めてた。
ある日いつもより遅くベッドに入り少々うとうとしていた。
自分は寝る前に頭を使うことをするとなかなか寝付けなくなるタイプでこの日も深夜2時過ぎごろにベッドにはいったが
多分30分~1時間ほど寝つけなかった。

413: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:18:11.07 ID:h1jA3fHx0
天井を向いてぼーっとしていたら、玄関から  
小さいがはっきりした女性の声で   「おじゃまします。」というのが聞こえた。この時正直、頭の中では大パニック
え、鍵かけたよね??戸が開く音しなかったよ・・・お隣さん?でもこんな時間??
お隣さんにしては、はっきり聞こえすぎだろ!
とか色々考えてた。
玄関のほうには怖くて顔を向けられない。
その日は布団を頭まで被ってアレはお隣さんのうちに誰か来た声って無理やり自分に言い聞かせて無理やり眠った。
それからはこれと言って変わったことはなく無事に少々ガクブルしながら過ごした。

414: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:33:22.82 ID:h1jA3fHx0
数ヶ月後、ちょっと事情があって母親が下宿にやってきた。そこで電話をかけることになったんだが、
やはりどうにもつながりにくい。
この頃には上記で記したように電波は諦めていたんだが、この下宿 間取りに不満があってし駅から多少遠く不便だった。
電波を理由に引っ越すチャンスと思って母にいかに部屋がダメが力説した。
母が実家に帰ると父に部屋の状態を説明してくれてた。父もここでやっとこの件で本腰を入れ

416: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:47:22.02 ID:h1jA3fHx0
とりあえず、自分が使ってる携帯会社(母も同じとこ)の電話で部屋だけで電波が悪いってことで調べてみると
そう言うの調査してアンテナみたいなのを付けてくれるってことが分かったから、それをお願いした。
数週間後 調査の人がきて大きめのトランシーバーのようなので部屋の電波チェックを始めた。
やはりこの部屋では電波の入が悪いということを告げられたが、調査の人が少々首をかしげていた。

417: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:53:15.15 ID:h1jA3fHx0
どうしたのか聞いたところ言いづらそうではあったが、普通の電波の入が悪いのではなく、
もしかしたらこの部屋に電波を妨害するようなものがあるのかもしれないと言う。
盗聴などが仕掛けられている場合そういうことがあるらしい。
正直怖くなって調査の方に頼んで一緒に探してもらった。
電波が入り難い場合は電子機器が妨害してる可能性があるらしく、そういったものを発見する機械も持って来てくれてたから
それで部屋中探しまわった。

418: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 14:58:48.71 ID:h1jA3fHx0
そしたら、バスルームの天井あたりで反応した。
天井には換気扇みたいなのとは別にもう一つ
何のためか円状のもので手で押すと取り外せて、上の階との間に空間があった(多分通気口みたいなのかな?)
取り外して、ライトで照らしたらあったよ



布でくるまれた、白骨が。







とかなら盛り上がるんだろうけど、

420: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 15:03:37.39 ID:h1jA3fHx0
あったのは女性物のバック
中には財布とかハンカチ、手帳 あと長い髪の毛
気持ち悪かったんだけどそのままにしておけずマンションの管理会社に連絡した。
向こうが調べたところ今までの住居者のものではないってことで警察へ
調べて見るとそのバックの持ち主の女性は数年前から行方不明で捜索願いが出されてた。

424: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 15:17:46.37 ID:h1jA3fHx0
こからは伝聞
実は自分の前の住人は入って数ヶ月で出でいったらしい。なんでも女の人の声と夜中にバスルームから
バシャバシャバシャって音がたまに聞こえたみたい。
で、この人の前に入ってた男が犯人らしい。女性とは付き合ってて
なんでも彼女が部屋に遊びに来たらしいんだけど、些細なことで口論になった
もともとこの男がDVっぽくて女性をバスルームに連れていき水がはった浴槽に女性の頭を何度も入れてたらしい
頭に血が上った男は加減がきかなくて・・・・ってことらしい。

425: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 15:22:26.76 ID:h1jA3fHx0
長くてごめんこれで終わり
遺体は県外の山奥に持って行ってんだが慌ててて、荷物を忘れてた。
でも迂闊に捨てても誰かに発見されてしまう→部屋に隠しておこう!ってことだったみたい
バックに携帯もあったんだがその携帯電話って言うのが自分と同じ携帯会社のものだった。
そっこうで新しい部屋に引っ越した。
めでたしめでたし。




432: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 20:27:02.55 ID:At+jMXts0
小学生の頃、隣の家の子と鬼ごっこして遊んでた
疲れて立ち止まったとき、何の気なしにふと下を見たらスカートのポケットからスズメバチが顔を出してた
ポケットに前足を引っ掛けてコンニチワしてた姿はちょっと可愛かったけど
いつどうやって入ったかもわからないし気付かず刺されてたかもしれないと思うとほんのり。

433: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 21:27:59.47 ID:WnTN3tck0
>>432
嫁が子供の頃、干してた靴下を義母が取り込んでそのまま手渡されたのを履いたら中に居て刺されたって、未だに義母に文句言ってるわ

刺されず良かったね

438: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 01:16:32.09 ID:wRh0eRHPP
>>433
そういうのがあるから、うちの母親は必ず洗濯物を裏返しに干す
自分にもその習慣がついてしまったw靴下とか、袋系のものはとりあえず裏返し

436: 本当にあった怖い名無し 2012/12/20(木) 22:49:22.32 ID:td/rZsq/0
手の甲に針を突き刺される夢見て飛び起きたら、小さな百足が手の甲を刺しててギャーって飛び起きた…。めざまし時計で押さえつけて退治したけど、夢より怖かったよ…。




470: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 21:50:01.61 ID:nZU7a6Dq0
20年くらい前、高校の時の友達の親父さんが録画したビデオのお話

そのビデオはテレビで放映したコッポラ監督のドラキュラなんだけど、ドラキュラが首筋に牙をたてようとするとほぼ毎回の確率でテレビの電源が落ちたそうな

そのテレビは、当時でも既に旧式のリモコンだったので夕日とかに反応したのかな?などと話してたけど、確率的にまずありえないよな




471: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 22:57:02.64 ID:re6QY48ZO
ふと思い出した霊要素のない話

まだ学生だった頃、今は微塵も思わないが、介護職を目指したことがあり、
ちょこちょこ学生向けの職場訪問に行っていた
それが最後になってしまったK県某所の介護老人ホームは、その日は入浴サービスの日だった
結果この日も、職場訪問とは名ばかりで、ナース服を着用し、3時間くらい現場投入された

472: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:00:08.37 ID:re6QY48ZO
続き

その日の自分の仕事は、お風呂から上がってきた婆様達の髪を乾かすことだった
「あつくないですか~、大丈夫ですか~」て聞きながら、やってくと一人の白髪頭の女性の耳に綿毛が付いているように見えた
よく見ると、耳の穴の手前の下のところに、5mmくらいこんもりと、白いカビ団子が出来ていたorz
しかし、人体にカビが生えるなんて高1にはわからず。気持ち悪さを押さえ込みながらスルーしてしまった
今はとりあえず職員には伝えるけど…なんの病気だったんだろうあれは

475: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:03:43.78 ID:gQvPRC5M0
>>472
白髪びっしりのイボとかかも?
人体って変なとこから変な毛が生えたりするよね
ツレは二の腕に髪の毛がふさふさ生えてる

477: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:08:23.71 ID:c66S4XND0
>>475
ワキ毛じゃなく?
うでげでもない
腕に髪の毛が生えてるってことは腕にも頭が…
それは洒落こわ

479: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:13:05.73 ID:gQvPRC5M0
>>477
脇や間接じゃなくて、普通の腕の部分。
直径4cmくらいのエリアに髪の毛が生えてるのよ
手術したら取ったりできるらしい
男だから気にしてないのかね

480: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:19:27.96 ID:faNWwKTR0
>>479
剃らないで伸ばしてんの?

481: 本当にあった怖い名無し 2012/12/21(金) 23:30:47.26 ID:gQvPRC5M0
>>480
普通にフサフサしてた。
俺も『剃らないの?』って尋ねたような気が。

で、気になったので検索してみた。
有毛性母斑とかベッカー母斑っていう『毛が生える痣』らしい。
そういえば生えてる場所は肌の色が周りより濃かったような?
写真と違って綺麗にふさふさしてたから、レアケースてことで残したのかな。