1189608i
502: 本当にあった怖い名無し 2012/06/16(土) 17:47:19.78 ID:xfIvrogm0
全然怖くないんですが、投稿させていただきます。

私の家のすぐ隣に父方のおばあちゃん家があって、

中学生のときはよく夜おばあちゃん家に寝に行っていました。
その日もおばあちゃん家で寝ていたのですが、
夜中急に目が覚めてしまいました。
でもすぐにウトウトしてきて薄目をあけたまま
なんとなくぼーっと扉を見ていると、
扉がゆーっくりと音もなく5cm程ひらいたのであれ?と思っていると、
扉から顔を半分ほど覗かせながら青白い顔の綺麗な女の人がこちらを見ていました。
あぁ、幽霊か~…という感じで全然怖くなかったのですが、
なんだかすごく笑顔だったのが気になりました。
でも夜中だし寝ぼけてたんだろうと思い誰にも言わずにいました。
しばらく経ったある日姉が「私見ちゃった…昨日の夜中目が覚めちゃって、
そしたら部屋の真ん中のへんで笑ってる女の人の顔が見えて…。
すごく綺麗な人なんだけど、顔が青白かった。
しかも顔半分しか見えなかった。でも全然怖くなかったんだよねー。」
というのであれは本当に見えたんだな、と確信しました。
姉が見たのは今私が一人で使っている自分の部屋なのですが
霊感のない私はあれからは何も見ていません。
ちなみにおばあちゃん家でも誰かに肩を叩かれたくらいで何も見ていません。


長文になってしまいすみませんでした。





507: 本当にあった怖い名無し 2012/06/16(土) 18:51:31.55 ID:2TxBAaEa0
霊が見えちまった。霊が俺んとこ来た。助けてくれだとよ。
「俺を見ろよ、助けられる力を持っていそうに見えたか?」
と言ったら「自分が見えたから・・・」と言った。
どうすりゃ助けられる?念仏か?塩か?合掌か?と聞くと
「古臭い、そんなもん効かん 自分を助けてる所を想えばいい。
想像してくれ」と言ったから目を閉じて天国へ登っていくシーンを
想像してやり目をあけた。 霊はいなくなってた。
ほんとに想像や妄想が効いいたんかな?

508: 本当にあった怖い名無し 2012/06/16(土) 19:02:59.81 ID:MkQdZmR50
かもね。




521: 本当にあった怖い名無し 2012/06/17(日) 16:32:49.46 ID:wxWD36Y50
その昔、友達と山道をドライブしていた。

やがて一台、対向車がやって来た。


雨も降ってないのにワイパーをブンブンと動かしている。

よく見ると中のドライバーもワイパーの動きに合わせて
すごい勢いで頭を左右にブンブンと振っている。

すれ違った後、友達となんだあれって感じでゲラゲラ笑ったが、

よく考えると頭をあんなに振りながら運転できるはずがない。




522: 本当にあった怖い名無し 2012/06/17(日) 17:40:16.02 ID:WP+hrIkk0
昔、頻繁に遊びに行く祖母の家にはフランス人形の写真が飾ってあった
その人形の写真だけど、とても気持ち悪いもので、出来るだけその部屋には居たくなかった
しかし寝る部屋はそこしかなく、父(離婚して実家にいた)と一緒に夜はその部屋に寝かされていた
ある日父は仕事で帰ってこれず、自分一人で寝る事になったのだが、とても怖くて眠れなかった
夜中過ぎてようやく眠気が訪れた頃、がしゃがしゃという音が庭先から聞こえた
段々と近づいてくる金属音は明らかに人間じゃないと思えた
寝ている部屋は庭先からは温室、小さな部屋と通らなくてはならない
なのにガラス戸を開ける音も、障子を開ける音もなく近づいてくる金属音
鎧だと気づいたのは寝ている部屋の障子に透けて映る武士みたいな姿が見えてから
今ならわかるが、あれは大鎧、鎌倉や室町時代の古い鎧だった
クリスマスが近かったので、祖父が茶目っ気効かせて鎧着たとか思ったのもほんの数分だった
近づいてきた鎧は障子の前で刀を抜くと、やたらと振り回す
もう怖くてガクガクしていたときに、頭上で何かが動く気配がした
甲高い女の子が怒鳴るような声が次いで聞こえ、咄嗟にフランス人形の写真を見た……見たけど、そこには何もいなかった
え?と思った時には低い男の声(古めかしい日本語)と女の子(多分フランス語だと……わからないけど)が怒鳴りあう声が
障子をみると鎧が後ろ向きに倒されてジタバタする影と、それに乗っかる小さな女の子の影が見えた
そこで記憶は途切れ、起きたら朝だった
夢かと写真を見上げれば、何故か写真の人形の身体あたりににシワが入っていた
庭に通じる部屋に向かうと、泥がべったり庭先から続いていた
急いで祖父母に報告するが、オカルト嫌いな二人には沢山いる猫が泥を持ってきたと結論つけられた
確かに二十匹ほど、窓開けて猫を出入りさせている家だったけど猫はあんなに足跡大きくない
しかも猫は温室と自分が寝ている部屋には絶対に入ってこなかった、二十匹もいたのに
何があったかわからないが、とりあえず鎧武者は出なくなったが、そのあともフランス人形は相変わらず怖くて、何度か恐怖体験の原因となった
いま考えれば、猫絡みでもかなり怖い目にあった家だった

523: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/06/17(日) 19:08:23.04 ID:vVN2Ka5I0
>>522
猫絡みKWSK




524: 本当にあった怖い名無し 2012/06/17(日) 20:34:47.36 ID:WP+hrIkk0
>>523
では猫絡み
いくつかあったけど、ほんのりな奴

二十匹くらいの野良猫、飼い猫がうろうろする家だった

猫達はどうしても近づかない部屋がいくつかと、家に近寄らない時間があった
温室とフランス人形の写真がある部屋は、入口までは入るけれど絶対に中には踏み込んでこなかった
いくら餌を置いても来ないので、結構のんびり出来る
猫は何故か午後2時くらいから、5時くらいまで急にいなくなる
どこかで餌付けでもされてるんだろうなあーと思っていたのだが
その時間祖父と二人で猫がいつもたむろしている居間でゴロゴロしていた
子猫が三匹いたので、段ボールに入れて撫でていた
親猫も側に居たんだが、2時になった途端玄関に向かってふーっと毛を逆立てて威嚇し始めた
思わず祖父と玄関を見ると、誰か立っているのが見えた、黒い人影にしか見えないが人型
その人影は猫を見つけたのか、すぃっと滑るように近づいてきた
次の瞬間、猫が床にぐっとしゃがんで動かなくなる
何だ?と思って猫を見ると、身体全体を撫でる黒い影の手が見える!
潰しそうな勢いで両手で撫でている様子に、祖父も呆然
猫はすぐにその黒い影を引っかくような動作をするとばっと走って窓から脱出
我に返った祖父と自分も子猫の箱を抱えて家から飛び出していた

猫が居なくなるのはこのせいか、と祖父はぽつりと呟いたけど、黒い影を死ぬまで霊とは認めなかった


伯父はこの黒い影に首を絞められたり、腹なんかをを撫でられたと悔しそうに酔った時に話してくれたが、悔しそうだったので詳しくは聞けなかった

他にも大切な所を撫でられたらしい

528: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/06/18(月) 00:16:55.43 ID:JrFMoRGO0
>>524
ありがとうございました。
かなり怖い気がするけれど、猫とか動物好きな霊だったんだろうか。




525: 本当にあった怖い名無し 2012/06/17(日) 22:02:55.14 ID:3ZHx0e0X0
一昨日のことなんだけれど
夜うつらうつらとしていたらソファーで寝てしまっていた
そして、ふと目が醒めると夜中の3時過ぎだった
トイレに行きたくなったので身体を起こし扉を開けると、そこには人のシルエットをした何かが居た
白いモヤのような者なのだが、やたらペコペコしている
台詞をつけるなら
「あ、すいませんすいません、ごめんなさいね。」
と言った感じ
そして階段を降りていってフェードアウト
あれは何をしていて、何がしたかったんだろうか
オシッコしながらクスッとしてしまった

527: 本当にあった怖い名無し 2012/06/17(日) 23:04:13.38 ID:qZjSvkd40
>>525
生前はいい人だったんだろうねぇw




530: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 07:06:32.60 ID:JsV1yPsZP
一人暮らしです。
リビングでぼーっと鼻をほじっていたら、隣の部屋からそっと顔が出てきた。
鼻に指が入ったままの状態で見つめ合いお互い固まり、三秒後くらいに顔は消えました。
それ以来その霊は現れていません。空気の読める霊でした。
しかし、霊の「ご、ごめんなさい!」という表情は忘れられません。

548: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 22:58:46.23 ID:zf2lh3LW0
いつも自宅の風呂で嫁にバリカンで髪の毛を鋤いてもらうのだけど、先週末に鋤いてもらってから毎日湯船の湯を捨てると髪の毛が浴槽の下から出てくる

もう一週間毎日出てるのに気付いた。

切った髪の毛の数倍はごみ袋に捨ててる

554: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 23:09:44.15 ID:nJIpd5mt0
>>548
そういう話やめて!涼しくなっちゃうから!!

559: 本当にあった怖い名無し 2012/06/19(火) 00:10:38.85 ID:mYXpTdfF0
ベタといえばベタだけど風呂+髪の毛はやっぱ怖いな




547: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 22:57:35.19 ID:nJIpd5mt0
スレ多すぎてなかなかチェックしきれないんだよな。
これもほんのりか分からんけど…

大学時代、クラブハウスに「出る出る」って噂があった。

別に見た奴もいないし、どこに何が出て~みたいに
ちゃんとした(?)怪談があるわけでもないから、見事に誰も気にしてなかった。
だから前夜祭で泊り込み解禁で喜んでオールすることにして、
いろいろ持ち込んで皆べろべろで、八畳?位のスペースに十人ちょい。
入りきれないのが廊下に散乱してる状態。
俺はいつの間にか壁際で体育座りで寝てたから、明け方に目が覚めたんだよな。
足がしびれたなと思ってさ。

先に起きた友達が毛布掛けて回ってたから、手伝ったりゴミ集めたりしてたら、

入り口のとこでドアに寄りかかって寝てた先輩が目を覚まして、
「なんかカリカリ言ってんな…」
とか寝ぼけた口調で言ってて、
それでふとそっち見たら、入り口のドアに穴が開いてた。
といっても貫通はしてなかったが。

549: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 23:00:56.55 ID:nJIpd5mt0
547つづき

入り口のドア、木枠にベニヤ板を二枚貼ったような造りで、中は空っぽの安物なんだよ。

その手前側のベニヤ板が完全にズボッてへこんで穴あいちまってて、
多分部屋の中の誰かが酔っ払って蹴ったんだと思った。
やべぇと思って、それはいいんだけど、そん時先輩がまた
「誰?ずっとカリカリ言ってんの。外?」みたいな事を言い出してさ。

なんでも、寄りかかって寝てたら背中側からドアに爪を立てるような

カリカリ、カリカリって音がずっとしてたらしい。
で、俺と友達もドアに耳をつけて聞いてみたら、確かに何か、そんな音がしてるんだよ。
誰が引っかいてるんだろう?って話になって、ドアを開けようとしたんだけど、
五センチぐらい押したところで引っかかってそれ以上開かない。
隙間から覗くとサークルメンバーが一人、超爆睡してる背中が見えて、
そいつにもろにドアが当たってたから無理に押さずに閉めた。

でも、それで変だなって話になった。

550: 本当にあった怖い名無し 2012/06/18(月) 23:06:16.99 ID:nJIpd5mt0
塞いでる奴は完全に沈没してるし、位置的にドアの前にもう一人いる筈が無いんだよ。
じゃぁ誰がひっかいてんのって言う。
それで友達が「こん中から音してんじゃね?w」て、
ひょいっとドアに開いた穴を覗いたんだよな。さっきの誰かが蹴ったっぽいやつ。
それが急にすごい勢いで後ろに引いて座り込んだから、何って顔見たら、
「入ったんだよ」
ってだけ言った。

えぇ?と思ったけど、友達はそのままがくがくしながら

部屋をつっきってベランダに出てった。
何かただ事じゃない感じだったから俺もついてったら、
ベランダの端っこでひざ抱えてて、
吐きそうな感じで絶対に部屋にもどんないっていうからちょっと焦った。
先輩もぼんやりした感じで出てきて二人で顔を見合わせて、
でも友達の様子がかなり異常だったから俺も先輩もドアの穴覗けなくてさ。
そのままみんなが起きて来るまで三人でベランダに座ってた。

俺は、一応空調か何かの音が響いてたんだと思ってはいる。

どっちかって言うと友達の様子が異常で怖かった。
ドアの穴はいつの間にか誰かがガムテで紙貼って塞いである。




562: 本当にあった怖い名無し 2012/06/19(火) 12:43:33.12 ID:vNPs22ge0
住んでるアパートが最近すぐ空き部屋になる
三階建てで幾つか棟があるけど、いまの所二つの棟が頻繁
入ってきたらどこかの部屋が一週間くらいで出ていく
さっき窓の外から、その空き部屋の改装に来た業者の会話を聞いてしまった
「またかよ、これでうちでやるのは今年で八回目だぞ」
「今回は交通事故だってさ」
「そりゃ良かった。死ぬにしても部屋ではやめて欲しいもんな」
「何回もここで死んでるから、大して変わらないだろ。
おい、○○(よく聞こえなかった)持ってきたか?」
「後でお祓い受けてから、神社からもらってくるってさ」
「絶対ここ、何かいるよな」
「いますね」
「次住む奴が何もないといいな」
「うちは儲かりませんけどね」
「馬鹿野郎、人が死ぬよりはマシだろ!」
「すみません」
以上、昼休み入る前の業者の会話
確かに救急車や喪服の人間を頻繁に見ると思っていた

563: 本当にあった怖い名無し 2012/06/19(火) 15:46:30.69 ID:OpuRPYyR0
私、不動産屋だけど
そういえば中央線の東小金井だか武蔵小金井だかにそんなマンションあったな。
過去15ヶ月で3人、全員住人で全員がマンション敷地内の自分の部屋以外の場所で~
というなんともオカルト臭がプンプンな物件。
それでも当時埋まったんだよな。今どうなってんだろ。

564: 本当にあった怖い名無し 2012/06/19(火) 16:59:20.00 ID:Q6imZAGK0
○○の部分は、御札かな・・・




582: 2012/06/20(水) 11:25:31.88 ID:OSEPlgep0
珍しく夜中に目を覚ました。
今、何時だろう?何となく視線を向けた先、
ベッドが面している壁に誰かのシルエットが映っていた。
頭、首、肩・・・が映っているように見える。

振り向けば何の影か分かるはずだが、ちょっとした恐怖と期待で

ドキドキしているうちに眠ってしまった。

翌朝、恐らく昨晩の光源であろうPCモニターの

電源ランプの前に、お茶の2Lペットが置いてあった。

何だ昨日の影はこれか、と一人納得してお茶を注ごうとして

昨晩見た「頭」の部分に該当する要素がどこにも無い事に気付いた。
つまり、昨日見たのは「誰かの影」でなく、「誰かの頭部の影」である事に気付き
薄ら寒い思いをしたのが、今朝の話。

おわり




605: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 21:54:18.45 ID:goI+rDRE0
親戚の家は土曜日だけ子供が晩飯メニューをリクエストできたよ
1 : 名前書いたら負けかなと思っている。 : 2011/06/24(日) 01:01:25.75 ID:qA8KCSro0 [1/1回発言]

4人兄弟がそれぞれ違う部屋に籠り己が食べたいメニューを連呼するんだけど

他者の叫ぶメニューを聞きそっちのほうがよければ同調して結託もありなんだよ
制限時間内で一番勢力が強かったメニューが採択されるんだけど
夏のある日いつものようにリクエストバトルしてたら誰もいないはずの仏間から知らない子供の声で
「白いごはん白いごはん白いごはぁあああんぎぃいいあぁああ」って聞こえてきて
その日以来リクエスト制度は廃止になったよ

631: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 11:44:01.14 ID:J9MpHL380
>>605
すごくいい。

632: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 13:17:49.50 ID:1KeJ3B3E0
>>605
これ想像すると怖いね
身近な感じもするw




606: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 22:06:34.22 ID:zDECycxP0
スレチだったらすみません。
豪快な叔父の話。
もう20年位前の話ですが
ある時、叔父はずっと便秘だったそうです。
で、トイレで頑張っていると、
「にゅる」っと白いものが顔を出したそうです。
「なんじゃwwこりゃwww」
と叔父はびっくりし、自分の腸が出てきたと考えたそうです。
救急車を呼ぶことも考えたそうですが、出てきたままで立つのも嫌だったらしく、
何を思ったか、その白いのを手でつかみ、引き出してみたそうです。
するとその白いのは「ずる・・・ずる・・・」と
切れることもなく際限なく出てきます。
「あwwこれww俺オワタ\(^o^)/」
と思ったそうですが、そのまま引き出し続けたら、5メートル?くらいで
「ニュル」っと途切れ、当時のポットン便所に「ぼちゃっ」と落ちたそうです。

叔父はその一ヶ月くらい前に鮭を生で刺身で食べたそうです。

酒の席で「きっとなんか虫がいたんだべなwwガハハwww」
と、笑い話にしていましたが、当時小学生だったわたしにとっては
とても怖い話でした。

609: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 23:09:56.07 ID:ZfrHptqY0
>>606
鮭にいるのはアニサキス(1~3cmくらい)
5mくらいのやつはたぶんサナダムシ

610: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 23:16:14.06 ID:zDECycxP0
>>607
>>609
レスありがとうございます。
サナダムシ 鮭 で検索してみたらそれらしいのがありました。

「サナダムシを身体に飼うにはどうすればいいですか??」

という質問がYahoo知恵袋にありました。

うう・・・気持ち悪い。

611: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 23:19:57.50 ID:M5lMmuGn0
>>610
俺もググって後悔した




608: 本当にあった怖い名無し 2012/06/20(水) 23:02:41.87 ID:sA7EUTDKO
俺が住んでるとこは田舎で、今でも暴走族みたいなバイクが走ってる。
昨日、友達と家で遊んでたら、深夜にバイクが爆音を轟かせ、
わざとうるさく吹かしながら走ってる音が聞こえた。
そしたら友達が、「あー、うるさい!事故って死ねばいいのに!」って言った。
友達は、冗談でも死ねなんて言葉を使うやつじゃないから呆気に取られてたら、
直後に、そのバイクがすごい音で事故った。
かなりビックリしたが、言った本人が一番ビックリして固まってた。
救急車とパトカーのサイレンを聞きながら、なぜか絶対死んでるって
確信に近い気持ちがあり、怖くなった。
事故の詳細はわからないが、ニュースや新聞は怖くて見れない。

友達の祖父は言葉にすごい力を持ってるらしいようなことを以前聞いたことがあるんだが、

そういう力って遺伝するのかな?
偶然だと思うけど、友達は祖父のこともあり、なんか気にしてるみたい。
なんと声をかけてあげたらいいのか。

645: 本当にあった怖い名無し 2012/06/22(金) 05:04:29.33 ID:/hQ1nnPr0
>>608
ちょっと亀だけど…
そんなDQNバイクに遭遇したら
100人中80人くらいは「事故って氏ねばいいのに」と思うだろうし
そもそもそんなDQNの事故率は普通よりずっと高いに決まってる。
気分は悪いだろうけどお友達のせいじゃないよ。偶然。
言霊や呪いは素人がそんなに簡単に形にできるものじゃないよ。




614: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:41:24.48 ID:oAogx8W40

スレチだったらスマソ。

ちっさい頃の話なんだけど俺んち父、母、姉、俺、妹の5人家族で

幼稚園ぐらいの時妹が生まれたんだけど丁度その頃の話。

おかんが妹産むために入院してて、俺と姉ちゃんはおとんの部屋で三人で寝てた。

三人で寝てもダブルベッドでおとん+幼稚園のガキ×2で全然狭くなかったんだけど
その日はなんだか寝苦しかった。(ちなみに真冬)

615: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:44:58.30 ID:oAogx8W40
続き
すぐ寝る俺なんだけど全然眠れなくってずっと天井眺めてたんだけど
いつもは煩いぐらいイビキかくおとんのイビキがまったくなくてめちゃくちゃ静かだった。

ちなみに俺が真ん中で寝てて、ふと何気なく電球を見たんだ。

俺も姉ちゃんも真っ暗の部屋で寝るんだけどおとんは小さい豆電球つけて寝るもんだから

616: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:48:05.04 ID:oAogx8W40
ほんのりと部屋の中は見えるしあの独特の薄茶色っていうのかな。
そういう光に包まれて、不思議と怖くなってきた。
電球をずっと眺めてたらゆら、ゆらって光がゆれた。
あれ?っと思ってずっと見てたんだけどやっぱり風もないのに電球が揺れてる。

617: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:51:20.94 ID:oAogx8W40
ちなみに電気は紐でぶら下がってる様なヤツでそりゃかなり強い風が吹けば揺れるだろうけど
真冬で扇風機もクーラーもつけてない寒い部屋でゆらゆら揺れる電球はかなり異質だった。

そしたら次第に揺れが大きくなってなんていえばいいのか、

分かりやすくいえば天井そのものが動いてる感じ。

618: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:53:27.97 ID:oAogx8W40
電球の位置があっちいってこっちいって天井を徘徊してた。
それだけのことなんだけど幼稚園児の俺には怖くてたまらなくっておとんにしがみついて、気付いたら朝だった。
それから10年経って借家だった家を引き払ってマイホームに住みはじめてから何年かたっての話なんだけど
家族で鍋くってて、何でか昔の家の話をしてた。

619: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 00:55:45.72 ID:oAogx8W40
俺も思い出したようにその時の話をした。
変な夢見たな~って。そしたらいっつもニコニコ笑ってる姉ちゃんが無表情になって
「それパパの部屋でしょ?」って聞いてきた。
俺は昔の家でこういうことあった~って話し方しかしてなかったから
何で部屋が分かったの?って聞いたら姉ちゃんが
「それ、私も見た」

620: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 01:04:04.19 ID:oAogx8W40
って。やっぱ夢じゃなかったんだろうね。たいして怖くなくってごめんね。
その部屋はおとんとおかんの二人の部屋だったんだけど、どっちも見てないらしい。

あの部屋だけなんだよね。なんかあったの。

あの部屋なんだったんだろ。借家だからもうわかんないけど




622: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 01:20:38.34 ID:0LxDm5VM0
一人暮らししてた時の話で、2階建てアパートで2階の角から2つ目の部屋に住んでたんだけど
ある時大学サボって昼寝してたら携帯のバイブ音で目が覚めたんだ。
「なんで音鳴らんのだ…」とか思いながら携帯を取ると着信もなんもない。
でもバイブ音はまだ続いてて、音源を探ると隣の部屋(角側の部屋)だったが、そこは空き部屋なんだ…

下からの音ではないし、斜め下の部屋なんて窓開けてても音聞こえないし…

10分ぐらいしたらバイブ音が消えたけど、何だったんだろうか…

他にもギター弾いてないのにギターがうるさいと苦情がきたり、内戸だけが風もないのに開いたり色々ある部屋だった。

今思うと実害なくてよかったよかった。




623: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 01:35:55.73 ID:E9CvMpPn0
中学校の頃,頭の出来の悪かった俺は,クラスの馬鹿なダチ数人と一緒に,
夏休みにもかかわらず,補習授業に参加させられていた。
セミがやたらとうるさかったある8月の補習日。
英語の補習を受けていると,先生がしゃべる英語に混ざって
何か別の声が混ざっていることに気付いた。

「~しぃ!」


こんな声が俺の背後からわずかに響いている。

俺が座っていた席は一番後ろの席で,声の方へ振り返ってみると,
ロッカー,黒板以外には何も無く,ましてや人の気配などみじんにも感じない。
きょろきょろと背後を見渡していたら,
「授業中にどこを見ているんだ」と先生に怒られてしまい,
周りのダチ数人は,それを見て笑っていた。

624: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 01:36:59.80 ID:E9CvMpPn0
再び先生が話し出すと,「~しぃ!」また例の声がする。
俺は,ダチがグルになっていたずらをしているのか?と思い込み,
「おいお前ら黙れよ!」と声を上げたが,逆に先生に,「お前が黙れ」と再び怒られた。

休憩時間になって、ダチに聞いてみても,誰もそんな声は出していないという。

次の時間の補習は,演習形式だったので,先生の説明も少なく,
鉛筆が文字を刻むカリカリという音が,静かに響き渡る授業だった。
30分ほど過ぎると,再びあの声がする。
今度はさっきよりも少しはっきり「~としぃ!」と聞こえる。
後ろを振り返ってみても,やはり誰の気配もない。
また先生に怒られると思い,前に向き直ろうとすると,
今回は隣の奴も聞こえたらしく,俺と同じように後ろを振り返っていた。
2人して首をかしげ,前に向き直って,問題を解いていると,
声は二度としなくなった。しかし,もう聞こえないのかと思ったと授業終了直前,

「さとしぃ!」


かなり大きな声がして,その周りにいたダチが一斉に振り返った。それどころか

一緒に補習を受けていた他クラスの奴も含め,
後ろの席で固まっていた7~8人全員が,一斉に振り返った。

625: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 01:38:27.87 ID:E9CvMpPn0
俺は,声の主がやっと分かった。
ああお前だったのか,と俺(さとし)は
一年ほど前に,病気で亡くなった友人を思い出していた。
「たかひろぉ!」声を返してみると,あいつの声はしなくなった。


633: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 13:26:00.16 ID:YbSvgx9A0
>>625
なんか良い話しだ

691: sage 2012/06/25(月) 01:29:53.69 ID:lTB7dERJ0
>>625
ほんのりに切なさも加わって、良い話だ。友達がその後きちんと成仏できてるといいね。




626: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 05:06:28.38 ID:yoWWuaTZ0
以前、お腹の調子が悪くて部屋で寝転がって漫画読んでたんだが、視界の端になんかいる事に気づいた。
デスクの下の影になってる部分にハゲ散らかってる生白いオッさんの生首が無表情で俺を見ていた。
俺は驚いて
「うわっ!!」
と叫んだ。同時にブヴォッと盛大に屁をこいてしまった。
そうしたらオッさん、目を見開いたかと思えば大口開けて
「ブヒャ!!フヒャッハッハッハ!!」
って笑いながらフェードアウトするように消えていった。
誰に話しても笑われるけど俺としてはほんのりとした怖さと恥ずかしさが残る話。




627: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 09:00:12.11 ID:k2HckJg3O
小さい時からお盆になると猫を撫でにくる銀白ぽい人影がいる。
小さくて猫背な人影が眠ってる猫の背中を ひよひよひよ~となでて出ていく。
祖父母も健在だから、ご先祖だと無理やり思う事にしてる。。猫10才だけど元気だし…
お祓いする方がいいかも知れないけどお盆にしか来ないからそのままになってる。




634: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 14:31:17.99 ID:oyUj2mTeO
さっきトイレから出たらすぐ目の前におっさんがいた。
びっくりしすぎて思わず全力でおっさんに目潰ししてからドアを閉めて深呼吸してからドアを開けたら誰もいなかった。

一人暮らしだし、おっさんに見覚えは無いしで、怖かった。

目潰しの際に確かな手応えはあったんだけど、生身のおっさんだったらヤバいよなー




641: 本当にあった怖い名無し 2012/06/21(木) 23:43:17.57 ID:3zX78ob10
大学時代のサークルの話。
夏合宿で苗場とか夏のスキー場行くんだけど、毎年恒例肝試しは1年男子がおどかし役だった。
俺らの代は6人しかいなかったのに先輩たちの話ではビックリポイントが7ヶ所あったのはほんのりだな。
てか、肝試しはおどかし役の方が怖いな。
お経のテープ(古ッ)とか流すバカがいてさ、暗闇の中隠れている時に遠くからかすかに聞こえてくるのが怖かったよ。




642: 本当にあった怖い名無し 2012/06/22(金) 03:26:46.59 ID:06+42Dxt0
東京都足○区と葛○区の境目の位置,幾人もの罪人の死刑を執行してきた
日本最大規模の刑務所が,圧倒的な負のオーラを放ちながら佇んでいる。
東京の中ではあまり印象の良くない足○区だが,このあたりのエリアは
地元民の俺から見てもとくに雰囲気が悪く,どんよりとした空気が漂っている。
その目と鼻の先にある,東○伊○崎線の小○駅から少し離れたところに,
夜になると,黒い闇が不気味な輝きを放つ高架下の通路がある。
その通路は,高架下に入る直前に数段階段を下り,出るときにまた上がる構造,
つまり,周囲の道路と比べ,高架下だけ若干標高が低くなっている構造だ。

ある日,友人との飲み会の帰りに,その通路を通ることがあった。

その夜は千○代田線の終電時刻をすでに過ぎてしまっており,
北○住駅から,地元の綾○まで,結構長い距離を歩いて帰った。
その途中,何となく嫌な予感がしたが特に気にもせず,その通路を帰路に選んだ。
通路に入ると,案の定,ガラの悪そうな金髪のガキが中で座り込んでいた。
ちらっと見た感じだと,ガキはじっと下を見てうずくまっている。
この手のガキは,この街では珍しくもないので,別に怖くもないのだが,
ただ,その時は妙に恐ろしさを感じ,絶対に目を合わせないようにした。

643: 本当にあった怖い名無し 2012/06/22(金) 03:27:46.95 ID:06+42Dxt0
そのガキの前を通り過ぎようとすると,そいつは立ち上がって俺の横を並進してきた。
カツアゲかな?と思ったが,そいつは背が小さく細身だったので,
喧嘩になっても,多分適当にボコって逃げるくらいはできるだろうと直感した。
そのはずなのに,俺の手はなぜかガクガク震えていて,一刻も早く逃げ出したかった。
通路の出口に近づき,ようやく視界に入った刑務所の灯りにほっとした。
普段あれほど気味が悪かったはずの,刑務所なんかに安心させられるほどに
恐怖を感じていたのかと,情けなくなった俺は高架下から出る瞬間に,
つまらん意地で「おいなんだよてめえ!」と叫びながら,並進していたガキの方を見た。

ガキはいなかった。後ろを振り返って高架下の中を見てもいない。

そいつは確かに,俺と一緒に通路の外へ出た。そして俺は通路の左側を歩いていたので,
もしそいつが左側に曲がったとしても,俺が気付かないはずがない。
しかし右方向にも,ただ灯に照らされた静寂があるだけで,人の気配はなかった。
俺は本当に怖くなって,ついに走り出していた。拘置所の横を全速力で通り過ぎ,
気が付くと,綾○川をまたぎ,綾○駅周辺に至る橋についていた。
ようやく,わずかに残った街の灯が見え,胸をなでおろしながら立ち止まっていた。
しかし,冷静にさっきの出来事を振り返ってみると,再び寒気が蘇った。

644: 本当にあった怖い名無し 2012/06/22(金) 03:28:19.76 ID:06+42Dxt0

あの時,あれほど静かだった高架下で
俺の1.0mほど右隣を並進していたガキの足音が,全く聞こえなかった。

高架下から出る階段を上っているとき,

あいつも確かに並進して階段を上っていたはずなのに,
頭の高さがまったく変わらず,スーッと抜けるように出て行った。

そしてあいつは,俺の目の前で消えた。

その瞬間は信じられなかったが,あの時,確かに消えた。人の形をした煙のように。




646: 合宿(1/2)再校 2012/06/22(金) 10:26:10.55 ID:K5m+aA7h0
絶妙のタイミングでアク禁を食らってしまいました。
再度始めから投稿致します。

高3の時の話。


部活で夏合宿の企画が挙がり、その際に肝試しをしようという話になった。

合宿と言っても高校の敷地内にある宿泊施設で、お泊まりをするだけ。
肝試しと言ってもこれまた敷地内を回ってお札を取ってくるだけというお粗末なものだった。
むしろ男女ペアで肝試しをするという事に意味があったのだろう。

そして当日、くじ引きで私は同級生の子と1番手で出発する事に。

その頃既に怪談フリークであった私は、道中怪談などで盛り上あがりつつ、
(確か、墓を蹴り倒した男の末路の話をした気がする。)
暗い校舎の庭を抜け、チェックポイントに設定した校舎の離れに着く。

普段から使う建物ではあるのだが、校舎に比べて古く、

外観も古い洋館といった趣なので暗いとそれなりの佇まいである。

合鍵で扉を開け、非常灯と懐中電灯を頼りに廊下の奥に置いたお札を回収する。

647: 合宿(2/2) 2012/06/22(金) 10:27:42.86 ID:K5m+aA7h0
ここで私は自分のミスに気付いた。
私はコース設定の係だったので、皆に内緒でテープ(年が分かってしまう)を
聞こえるか聞こえないか程度の音量で流す事にしていた。
それが、それとなく聞こえるようにしたつもりだが、音が小さ過ぎて全く聞こえない。
音量を1ツマミ大きくすると聞こえすぎてしまうので、仕方なく同行した女の子に
テープのネタばらししつつ、失敗したーと二人で笑いながら宿舎に戻った。

後輩の悪戯でお札が足りなくなったり、同級生が携帯を落としたりと

ハプニングもあったが肝試しは無事終了、概ね好評だったようだ。

その後、皆で花火をしている際に、後輩のペアが「めっちゃ怖かったです」

「お札取ろうとしたら女の人の声がして、『ちがうの・・・ちがうの・・・』って」
「怖くて走ってきちゃいました」といった話をしていた。
余程怖かったのか、蒼白な顔をしていた。
私とペアだった女の子が、「それは私君の仕込んだテープだよー」という話をして
私が咄嗟に「そうそう」と相づちを打つと、後輩も安心したようだった。


私が仕込んだテープ、坊さんの般若心経だという事は内緒にしておいた。


おわり




659: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 13:59:27.84 ID:EPqowIjZ0
これは俺の頭痛のお話。

6年くらい前なんだが、初めての独り暮らしで田舎のアパートを借りたんだ。

家賃3万ちょっとの2DKだったんだが値段の割りに小奇麗で、
下見したときにラッキーって心の中でガッツポーズしたのを憶えている。
仕事が忙しくてあまり家に帰れず、荷解きも半分くらいしかできていない状態で1月が過ぎちゃったんだ。
引っ越して一ヶ月もすると定時で家に帰れるようになり、やっとまともにくつろぐ時間もできてきた。
俺は基本的に風呂は貯めて入るのだが、夏に差し掛かったこともありシャワーで済ませることが多くなった。
シャワーを頻繁に使い出して、あることに気がついた。
シャワーヘッドがよく落ちる。
最初はちゃんと固定していないからだと思い、注意してはめ込むよう気をつけたのだがそれでも落ちている。
そんなことが続くと、ずぼらな俺は落ちたらそのまま放置し、使うときに掛けるようにしていたのだが…

ある夏の夜、俺はほとんど水のようなぬるいシャワーを浴びて頭を流していた。

すると、途中で何か音が聞こえる。
ゴボゴボと、なにか配水管を流れるような音が上のほうから聞こえてくる。
なんだろうと思いながらも泡を洗い流すことに専念し、お湯を止めて顔を拭っていたら
後頭部に衝撃と痛みが。
落ちてきたんだ、シャワーヘッドが。
地震も何もなく、フックに安定して掛けていたシャワーヘッドが、落ちる。
そこで遅まきながらも絶対変だと思いだした。
腑に落ちないが、とりあえず頭を拭いてバスルームを出て、ドライヤーで頭を乾かしていると、突然頭痛が襲ってきた。
夏風邪でも引いたかなと思い、その日は早めに寝る事にした。
夜中、暑くて目が覚め起き上がるとまだ頭が痛い。
そこで気がついたのだが、鼓動のたびに、痛みが襲ってくるたびに何か見える。
ドクンと疼くたび、脳裏で何かの映像が浮かぶ。
最初はよく分からなかったのだが、その日からずっと頭痛が続いてしばらくするとその映像が何かわかった。
顔が近づいてくる…

660: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 14:00:10.01 ID:EPqowIjZ0
最初は何か物体、1週間くらいで顔と認識し、翌週には女らしいとわかった。
気味が悪いなとは思いつつも、ロキソニンを呑んで様子を見ていた。
元来頭痛もちでもなんでもなかったのだが、3週間を過ぎここまで続くとさすがになにか病気ではないかと疑い検査を受けた。
結果は特に異常もなく、ただの偏頭痛でしょうということで薬をもらって終了。
なんとなく腑に落ちないが、医者の言葉を信用して退散した。
家に帰り、ソファでぼぉっとしていると、ふとこんな思いがよぎった。
このまま頭痛が続いて、あの顔がもっと近づいて迫ってきたらどうなるのか。
言い知れぬ恐怖を感じ、困ったときの神頼みということでお稲荷さんにお願いに行く事にした。
神社に近づくたび、あの頭痛が激しくなる。
しかも心なしかこの一時間ほどで急に近づいているような気がする、いや絶対近づいている・・・!
怖くなり、帰ろうかと思ったが、家に帰ったところで顔が消えるわけでもなく半ば意地で参拝した。
線香を買い、家から持ってきた白米と油揚げを狐さんにお供えし、ご本尊にお願いする。
陽が傾きかけ、帰ろうと階段を下りきったその時なんとなく背後を振り向いたら、上段のほうになんか居た。
太陽ですぐ目を瞑ってしまったが、その一瞬でそれがあの顔だとわかった。
階段は何十段もあり、遠くて普通ここからは分からないはずだが俺は確信していた。
顔はゆっくりと後ろのほうへ引っ込んでいく。
背筋が凍るというのを初めて体感し、急に怖くなって人の居るほうへ土産物屋の方へ走った。
人が居るというのは安心するもので、すぐに落ち着いた。
その時気がついたのだが、もう頭痛がしないし、あの顔も明滅しない。
びくびくしながら家路に着き、不安ながらも早々に床に就き、その晩に夢を見た。

661: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 14:00:54.98 ID:EPqowIjZ0
夕暮れの空に大麦畑みたいな背の高い草の茂る金色の草原、そこに大きくて白い雲のような塊があり、背の高い草はそちらのほうへなびいている。
あの顔が、その白い塊の表面にくっついていた。
よく見ると埋もれかかっていて、じっと見ていたら目が合った。
次の瞬間、白いものに完全に埋もれてしまった。
なんだか猫の足の裏のような匂いに包まれながら、俺の視点は草原をさまよう。
そこで目が覚めた。

その日以来、シャワーヘッドが落ちる事はない。

頭痛も、あの顔もない。
お稲荷様が助けてくださったんだと思い、以後毎年欠かさずお参りして感謝している。
ちなみにその日以来やたら猫に甘えられるようになった。
賃貸でペット禁止なんだけど、駐車場に野良・飼い猫が集まってきて俺を見るなり走ってくるので周囲の目が厳しいw

663: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 18:32:39.13 ID:nnxwJG610
お稲荷様のご利益、良かったね
しかし猫に好かれるのはどうしてだろう?
狐と猫は仲悪そうなのに…

664: 659 2012/06/23(土) 19:33:42.48 ID:EPqowIjZ0
猫に関してはよくわからないけど、そういえば感覚が鋭くなった気がする。
耳がやたら聞こえるし、嗅覚も鋭くなったよ。
あんまいいことばかりじゃないけどさ。
コーラは痛いし、プラスティックは臭いし。




665: 本当にあった怖い名無し 2012/06/23(土) 21:12:18.46 ID:9QHqdZ6BO
何年も前、授業参観の後、掃除当番で教室を清掃していたら変わったボタンを見つけた。
夏なのに、真冬用コートのボタンのような大振りなもので、灰色地にオレンジ色の斜め縞という物珍しい色合い
下校しようとしたら、校門の辺りに何か落ちていた。さっきのボタンだった。二つもボタンを落として気づかないのか不思議に思った。
友達と別れて家に帰った。玄関にあのボタンが置かれていた。流石に混乱した。
母が門扉の前に落ちていたあのボタンを拾ったという。生徒も教師も母も誰一人、目立つボタンの持ち主を知らなかった。
あの日教室の後ろにいた誰かは、何故私の家に立ち寄ったんだろうか




673: 本当にあった怖い名無し 2012/06/24(日) 15:55:21.89 ID:bibHKzR40
>>665
気持ち悪い…

自分もひとつ

昔住んでたマンションに自殺者が出た。年のいったお婆さんだった。手すりを乗り越えて飛び降り一階のエレベーターホールの屋根で遺体となって発見された。
オカルト系の話が好きなのもあって、その事件に自分は興味深々だった。その遺体があった屋根を覗いたりお婆さん遺体の状態や飛び降りた場所の特定、何故自殺したかなど不謹慎ながら色々探ったりした。
繰り返している内にこれって怖い事だよなと思う様になった。
寝る時も頻繁にその事故を思い返し暗い部屋で周りをキョロキョロ見渡し何も居ないなと確認する様になった。
しかし怖いと感じるようになってから、自分の部屋の壁に何となく違和感を感じる様になった。
電機を消して暗くし、怖くなって周りの様子を伺った時だけ、その壁にの様子がおかしい。
布団に寝ころぶと正面に見える白い壁。それが何か膨らんでいる様に見えるのだ。錯覚と思い込んでいたそれは日が経つにつれてそれがだんだんその膨らみが前に出てくる。
くっきりでは無いんだけど3Dで映像を見た感じに近いかな、そしてその膨らみがちょうど人一人の大きさって事に気付いた。
多分お婆さんだってすぐに思った。

すぐその事を親に言った。信じてもらえないと思ったけどちゃんと対策法も言ってくれた。「もうその事を考えるのは止めとけ」と。

取り敢えず言う通りに実践して寝転んだらすぐ寝る様にした。壁を見ないように気を付けて。
それを1ヶ月ほど続けていると恐怖も何も無くなっていた。

あれからそんな体験は無いけど恐怖って霊に伝わるんだろうなと思う


695: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 09:57:54.70 ID:Ssz4Gsa40
>>673
怖い話をするのは降霊術になるという話を聞くな
どんなものにでもそうだけど、エネルギーを注げば注ぐほど、それが顕在化というか増幅させてしまうらしい
何ものにもエネルギーを注がなくなった状態が、「我無し」、言い換えると悟りの状態になるのではと最近思っている




670: 本当にあった怖い名無し 2012/06/24(日) 14:58:39.27 ID:ZeIiki0P0
新快速の座席にボトル型の空き缶が置いてあった。
満員にも関わらずその席だけ空いていたので、缶を拾い上げて席に着いた。
ふと缶を見ると、側面に小さな文字でビッシリと不平不満らしき事が書いてあった。
気味が悪いので窓枠に置こうとした時、缶の底一面に「死ね!」の文字が。

毒物や爆発物だとかなわないのでソッコー隣の車両へ逃げますた(´・ω・`)




683: 本当にあった怖い名無し 2012/06/24(日) 21:25:06.57 ID:UvKvzFoM0
俺が子供の頃、近所に湖があって、そのすぐ脇にはバラックがあったんだ。
そこには乞食っぽいおっさんが住んでてね、カフェテリアによくあるような椅子の小汚い奴に座ってよく池の方をぼーっと眺めていたんだ。
夏休みのある日、HとKを連れて俺たち3人はその湖でウシガエルとか魚を捕まえていたわけよ。
Hが持ってきた空気入れで膨らますゴムボートに乗っていたんだが、
いつの間にか辺りが暗くなっていてそろそろ引き上げるか、という事になった。
ボートと同じく空気で膨らませた櫂で漕ぎ、岸に向かったんだが…
おっさんが相変らずいる。
親たちもあまりこの人のことを快く思っていなかったため、俺たちはいつものように無視してボートを引き上げていたんだ。
空気を抜こうとしたとき、くちゃくちゃと不快な音がおっさんのほうからする。
気持ち悪いが、気にしたところでしょうがない。
早々に空気を抜いて立ち去ろうとしたんだが、Kが向こうのほうに居るおっさんのほうを見て固まっている。
ここから一刻も早く離れたかった俺は、おいさっさと帰るぞとKに言ったら、Kがへたり込んでしまった。
ゴムボートを入れていた袋が飛んで拾いにおっさんのほうに行ったら、おっさん片方白目剥いてたって。
んなことあるかって、Hと一緒に確かめに行ったらおっさん、座ったまま死んでた。。。
親に言ってすぐ警察が来て何時間も話してもらえなかった。
どうやら、おっさんは2日前にはすでに死んでいたらしい。
死体の前で俺たちずっとはしゃいでいたんだ。
だが、恐怖はもっと別のところにあったんだよ…

あのバラックの中。

おっさん人殺しだったらしい。
後に親父たちが話をしているのを聞いたんだが、30代くらいの女性の遺体が布団から見つかったって。
その人、近所の中学校の教師で、昨年失踪した美術の先生だったらしい……


それにしてもさ、あのときおっさんのほうから聞こえたくちゃくちゃって音、一体なんだったんだろう。

あの粘液質の音が今でも忘れられない。

684: 本当にあった怖い名無し 2012/06/24(日) 21:37:26.13 ID:30j5VS5q0
動物が入り込んで死体でも食ってたかな?

685: 683 2012/06/24(日) 22:06:57.06 ID:UvKvzFoM0
お稲荷さんに助けてもらった者と同一人物なのですが、まさかとは思うがあの頭痛のときに浮かんだ女性って…
何の確証もないけれど時々そう思います。

687: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 00:16:51.41 ID:XCu4uRpq0
座ったまま死んでるって…死因はなんだろう。
殺した先生に呪い殺されたのかなおっさん




688: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 00:24:25.98 ID:/WaQCkh30
俺が学食行った時の話
その日は講義が少し長引き食堂に着くと席が埋まっていた。
だが、一ヶ所だけ席が空いているとこがあった。
まぁその席はうちの学校の中でも「いわく付き」の席らしく、
先輩からもその席に座ったやつは良くないことが起こるなどの噂を聞いていた。

次の講義まで時間もなかったので、仕方なくその席で食事を取り、講義に向かった。

そのまま何事もなく講義を終え、自分の寮の部屋に戻った。
連日寝ていなかったためかベットに倒れ込んだ途端、眠気に襲われそのまま寝てしまった。

ふと、人の気配がしたので、少し目を開けてみると自分のことを凝視する女の子の顔があった。

驚いて声を出そうとしても、恐怖で声が出ず、しかも金縛りで体が動かせない状態だった。
必死に頭の中で「すいません、今日そこしか空いてなかったのです。」と念じたら、
女の子は耳元で何か囁いてきた。恐怖でよく聞いてなかったが、ちょっと恥ずかしそうな声で、
「きょ・・・今日だけなんだからね・・・混んでたから、今日は仕方なく座らせてあげただけなんだからねっ・・・」と言ってたと思う。
気がつくと女の子は既にいなくなっていました。

その日以来、そこの席は怖くて座れなくなりました。


689: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 00:38:31.77 ID:zQ7IqUxM0
>>688
これはいいツンデ霊www

694: 本当にあった怖い名無し 2012/06/25(月) 04:49:56.87 ID:AEYlMMAE0
>>688
暫くすると
「なんで私の所に来ないのっ」って怒られそうだ




771: 本当にあった怖い名無し 2012/06/27(水) 04:42:45.45 ID:1xyhZ6iS0
俺の趣味はまとめサイト閲覧と動画サイト閲覧。
いつもまとめ系アンテナでブラウザのタブ20個くらい面白そうなネタを開いて1つずつ見るんだ。

さっきの話なんだけど、今日もいつもどおりタブを開いていくと途中から何やら声が聞こえる。

どうやらPCから、つまりどのタブかは分からないが音声自動再生のタブ開いたみたいなんだ。
で、俺は主音声をミュートにして、気にせず1つずつタブを開いて見てたんだ。
結局、音声が流れるようなサイトは多分なかったと思う。

全てのタブが消え、次は某動画サイトを見ることにした。

新しいタブを選ぶとホームのヤフーが表示されている。

あ、そういえばミュートにしてたな~と思い、スピーカーを選んでミュートを解除した。

するとパソコンから「ネエネエネエネエネエ」と大音量で流れてきた。

びっくりした俺はとりあえずミュートに戻し、タスクマネージャーでタスクを確認した。

別窓で何かページが開きっぱなしだったの?と思ったからだ。
しかし何も開いていない。
気持ち悪いなぁと思い、とりあえず再起動することにした。
ウイルスかな~チェックしたほうがいいかな~めんどくさいな~などと思っているとパソコンの電源が切れた。
その瞬間だった。
「ネエッテバ」
右の耳元で声がした。
反射的に右を見ようとしたその時。
頭を殴られたような感覚に襲われ俺は倒れこんだ。
気がつくと俺は椅子から転げ落ち小便を床にまき散らした状態だった。
気を失ったようで、PCはログイン画面になっていた。

先ほどまでその掃除をしていたんだが、右に何がいたのか思い出せない。

今日の某まとめアンテナのサイトをブラウジングして同じ経験したやついる?

775: 本当にあった怖い名無し 2012/06/27(水) 14:01:44.40 ID:81B/XoC60
>>771
ただ気絶したのはよく聞くけど、失禁までしてたなんて怖いな。




776: 本当にあった怖い名無し 2012/06/27(水) 15:31:11.75 ID:0O+WjZZK0
実際はオカルトではないけど、オカルト的恐怖を感じたので投下。

10年程前、リゾート観光地のフードコートでバイトしてた。

平日だったせいか、珍しく席はガラガラ。
ふとカップル(多分)が来たんだけど、その彼氏が怖かった。
彼女は席で待ってて、彼氏がカウンターに注文に来てたんだけど、顏見て凍った。

目が、宇宙人の目なんだよ。

でも真っ黒じゃなくて、少しだけ白目もある。
黒目4/5で、白目1/5くらい。
しかもあり得ないほど目を見開いてるの。
対面した瞬間、人間じゃないって思った。
幽霊ではない、でも人間でもない。
人間の皮かぶった何かだ、と。
殺されると思った。
傍から聞いてると馬鹿ばかしいよね、ちょwおまw殺されるとかwwって。今なら自分も笑える。
しかし、その時は平静を装うので精いっぱい。
身体が熱かったのか寒かったのかも分からない。

隣に同じバイトの子が一緒に居たんだけど、無事商品渡し終えたあと

二人で声を殺して泣いた。恐怖と安堵がごっちゃで。

多分、そういう病気?奇形?なんだと思う。

調べた限り一番近いのは牛眼ってやつ。
だから、殺されるとか人間じゃないとか本当に失礼過ぎるんだけど、
当時は本気でそう感じて恐怖して、泣いた。

連れの女性が彼女(奥さん)なら、理解してくれる人がいて良かったと思う。

おまえ何様だよって感じだけどさ。
もし同じような病気で苦しんでる人がいたら、ごめんなさい。

777: 本当にあった怖い名無し 2012/06/27(水) 15:35:37.02 ID:MEfr1j/T0
そういう人がいるならサングラスをかけると思う。




779: 本当にあった怖い名無し 2012/06/28(木) 08:03:45.28 ID:nWG5RNeH0
私が東京での一人暮らしを始めて二年目の春の出来事です。
春休みを利用して帰省していたのですが、帰省して三日ほど経った日の夜、住んでいたアパートの管理会社(以下:管)から電話がありました。

管「部屋の窓ガラスを割った覚えはありませんか?」

私「は?」
管「いえ、お客様の部屋の窓ガラスが割れているんですよ。」

どうやら私の部屋の窓ガラスが割れているようで、それに気付いた隣の部屋の住人(サラリーマン)が管理会社に連絡してくれたとのことでした。

もちろん自分の部屋の窓ガラスを割るわけなどなく、その時に頭を過ぎったのは「空き巣」の三文字。
ちなみに私の部屋は三階建ての一階。駅からは近く人通りも少なくないのですが、空き巣が周りの目を気にせずに侵入するのは容易…という、防犯面ではあまりよろしくないアパートでした。

その日はアパートに帰ることができなかったので、管理会社と警察(以下:警)に任せて部屋の様子を見ておいてもらうことにしました。(簡単な現場検証?をすると言っていた)

780: 本当にあった怖い名無し 2012/06/28(木) 08:09:28.84 ID:nWG5RNeH0
翌日、帰宅して警察に連絡。私自身がパッと見た感じでは酷く荒らされたところはなく、部屋にあったポーチ(化粧品が入っていた)の中を開けられたりテレビ台のあたりに置いてあった物が押し退けられた程度だったと記憶しています。

警察の人が来ると指紋採取や事情聴取?みたいなことを行いました。

その時に、前日撮った現場(私の部屋)の写真を一緒に見ながら確認してほしいと言われ、割れた窓ガラスや足跡のような汚れが付いているカーペットの写真などを実際のものと並べながら確認しました。

警1「あれ?おかしいなぁ。」

警2「どうした?」
警1「これ、この染みなくなってんだよ。」
警2「あぁ、これ?本当だ。なくなってる。」

私の部屋のカーテンと一枚の写真とを交互に見ながら、二人の警官がそんなことを話しています。どうしたのかなぁと思いながら二人の様子を見ていると、そのうちの一人に声をかけられました。


警1「すいません、ちょっとコレ見てくれます?」

781: 本当にあった怖い名無し 2012/06/28(木) 08:12:02.11 ID:nWG5RNeH0
見せられたのは一枚の写真。私の部屋のカーテンの一部を写したものでした。その写真の中央には赤茶色の染みがあり、どうやら血痕らしいということが私にも分かりました。

警1「昨日ね、この染みに気付いて写真を撮っておいたんですよ。」

警2「多分、空き巣が窓ガラスを割った時に怪我をして付いた血だと思うんだよね。」
警1「そうそう。それで染みがあるのがカーテンのこの辺りっていうのもメモしておいたんですけど、それを今確認してもらおうとしたら…ないんですよね。」

そんなことがあるのかと思いながらカーテンを隅々まで確認する私。

どんなに探しても写真に写っているような染みなどなく「ない…ですねぇ」と一言。
私が確認している間も、警察の人達は「昨日見た時は簡単に落ちるような染みじゃなかったよな」とか「管理会社の人も取り替えるとか言ってなかったしなぁ」なんて言っているのです。
私は、空き巣に入られたことより何より昨日はくっきりとあった染みが全く何の痕跡もないまま消えたことのほうにgkbrしてしまいました。

782: 本当にあった怖い名無し 2012/06/28(木) 08:14:02.56 ID:nWG5RNeH0
結局、取られた物がないので不法侵入?云々の届けを出し、管理会社が手配してくれた修理会社に窓ガラスを直してもらいこの一件は幕を閉じました。
流石にその日は一人で部屋に居たくなかったのですが、中の良い友達が皆帰省してしまっていたため、仕方なく部屋の電気を点けっ放しで何人かの友達に電話をかけまくって夜を明かしました。

その後も同じ部屋で暮らすことになるのですが、心霊現象などもなく(金縛りはたまにあったけど)健康に過ごしましたとさ。

852: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 13:48:25.19 ID:Oi2Dk0WN0
>>>782
亀レスだけど、マイナスじゃないないならプラスなんじゃないか?
盗るのが目的じゃなくて、増やすのが目的。金品の略奪じゃなくて、盗聴器やカメラの設置とか。
で、プラマイゼロなら、メンテナンス目的での恒久的に侵入するために合い鍵を持ち出されて
複製されたとか。

長期外泊(3日)で家主の女性がすぐに戻ってこられない安心して作業できる時期を狙っている

こと、物の位置がズラされている、カーテンが変わっていることから、最初の侵入は、>>>782
顔見知りが、データの回収じゃなくて、盗聴器や盗撮カメラの設置目的でしたんじゃない?
カーテンは複製した合い鍵で付け替えたか…
テレビ台の周辺の化粧品などが動かされていたのは、電源コンセントの周囲を広くして作業し易くした名残りだろう。
AC100電源が使えればカメラやマイクは恒久的に電力使用が出来るし、合い鍵があるなら電池駆動でもOKだし
記録メディアしかない機種でも使える。

もし、当時テレビをテーブルタップで分配して使っていたら、そのタップや寝室で使っていたタップをドライバで分解してみたら?

今も住んでいるなら、テレビ台の周辺と…寝室の壁のコンセントの蓋を外してみるとか―――
寝室や脱衣所、浴室の高いところに壁掛け時計や絵、その他、長く手に触れていなかったり、
使っていない、余計な物を起きっぱなしにしていない? ましてや、その表面に穴なんて開いていない?
被害はないって言うけど、その後お気に入りの下着が無くなったりとか、無い?




788: 本当にあった怖い名無し 2012/06/28(木) 20:53:41.68 ID:kI4RnOxkP
>>784見てなんとなく思い出した。
某ディーラーに勤務していた頃、他地方の警察から電話が来た。
駅前でクルマを停め灯油を撒いて焼身自殺したのがいたらしく、所有者がウチってことで
確認+車輌引取りの打診。そのクルマの販売店から営業が出て、保管場所にローダーで
赴いて積んで帰った。車検証も焼けてたので再発行の上廃車手続きを踏んだ。
その間、シート被せて車庫に事故車輌置いていたんだが、保管してる間に複数の人が
そのコゲコゲのクルマから白い湯気のようなモノが立ち上っているのを見たりした。
また近隣の住民から何度か「焦げ臭い何を燃やしてるの」と苦情を賜った。
あり得ないけど万一、火の気でも出たら近隣に迷惑がかかるってことでシートを外した。

車検証上の使用者は運転席に座って灯油を撒いて火をつけたらしく、ほぼ身体の形に

背もたれ部分が焼け残ってて、ステアリングを握ったまま手がくっついたようで
その部分も不自然に爛れがなかった。書類が揃った段階で誰が解体業者のところまで
運ぶかってことでみんな嫌がった結果、結局最初に運んできたヤツがしぶしぶ引き受けた。
無事廃車完了したものの、そいつ貰い事故で失明して会社辞めちまった。
怖いって話じゃないけど、いいヤツだっただけに後味が悪かった。

791: 本当にあった怖い名無し 2012/06/29(金) 00:30:33.37 ID:RU5KGDGR0
>>788
他人名義(ディーラー名義)の車ってこと?
ややこしそうだなw

793: 本当にあった怖い名無し 2012/06/29(金) 01:43:11.05 ID:2ksDmHBsO
>>791
ローン支払中なら名義はディーラーや販売店だよ

795: 本当にあった怖い名無し 2012/06/29(金) 07:39:32.30 ID:+WUNF/wZ0
>>788
車屋さんって、そういうのよくある?

うちの親類の子が、中古車屋の前で「おじちゃん、こっち見てる」と言ったらしい。

指差したのは、販売中の中古車の運転席。




794: 本当にあった怖い名無し 2012/06/29(金) 02:56:02.53 ID:TxH4Y/SHO
昨年の今ごろの話
電車に乗るため 最寄り駅へ行った時の事。ホームに降りて行くと こちらのホームを通過したらしき電車が少し先で止まっていて 反対側のホームにも電車が止まっていました。
近くにいた おじさんに 「何かあったんですか?」と聞くと「飛び込みだよ」と 指さした先を見ると…

生首が…

ごろん…

オカルトより怖い リアルでした~





807: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:32:33.49 ID:Rj9mIG6W0
これは俺が厨房の頃の話。

その頃は、まだ、DQNじゃないとダサいってイメージがあった尾崎全盛の頃。

その頃、俺達は、夜な夜なみんなで原付を無麺で運転して近所にある山に登り
そこから何する訳でもなく、タバコを吹かしながら市内の夜景を一望するっていうのが、流行ってた。
まぁ、夜景見ながら厨二病的に浸るっていうのが良かった。
単純に体力が余ってた。だから、本物DQNみたいに悲惨でもなく。
学校に行くし、クラブ活動や塾とかにも通うしみたいな奴らも多い集まりだった。
単純に瀬戸内沿岸部の田舎だったから、同級生男子は、みんな幼馴染、警察も駐在所
はあれど、事件らしい事件はないから、夜の巡回もない。
原付は、台数が足りないと、Aっていう一人だけ悲惨な家庭事情を持つ奴が、
かまって欲しさに他の地区に行って、俺達が学校に言ってる間に、盗んで来てくれたり、
地元に長年放置してある。腐る寸前の動く物を見つけて乗っていた。

そんなある日、いつもの様に公園で近所に迷惑のかからない様に静かにダベって、

する事ないし、夜景見に行こうってなった。
盗んできた原付ってヤッパリすぐ調子が悪くなり、動かなくなるっていう事は
たまにあったし、動いてもスピードが出ないだとかあった。

808: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:33:12.47 ID:Rj9mIG6W0
その日は、
俺=№2的存在。何するにも中途半端で人生苦労する
A=悲惨な家庭事情の奴(登校拒否)ありとあらゆる運転の達人で盗人DQN
B=親が大手の元重役。今も親友で記憶力抜群。DQNだったが後に校正
C=頭も良く運動神経抜群。リーダー的存在で親友
D=小柄な一人っ子で頭の悪いDQN
E=一つ後輩で、Dの弟的存在
とういうメンバーだった。

原付は、3台しかなくて、それぞれ二人乗りで頂上を目指すことにした。

Aと俺(A車)
BとC(B車)
DとE(C車)
てな具合で山を登った。

登る途中、民家がなくなると、暴走族のマネしてみたり、奇声を発してみたり、いつも浮かれてた。

頂上に着くと夜景見たり星空見ながら、いつもの様に、なんか青春してた。
で、飽きたから帰ろうかって山を降る事にした。ここから事件が始まる。

809: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:33:49.17 ID:Rj9mIG6W0
この山頂への道は、大きく2つのルートが存在してた。
一つは、降った先が地元のルート。
一つは、地元から少し離れた場所に降り、海沿いを戻ってくるルート。
いつもは、地元ルートで登り降りをしてたが、今日は気分変えて、降りはもう一つの方でってなった。
途中、C車がついて来ていない事に気付いた俺が、B車に声をかけ停車。
ソロソロ寿命が近いのかスピードが出ないC車だったから、原付動かなくなったかって事で、
B車にそこで待ってもらい様子を見に行く事に。
というのも、盗んだ原付だ。ガソリン入れるのも苦労あるからね。
燃費を考えA車のみで確認に行った。
すると途中、小川が流れ、それを渡る小さな橋の前で、C車のDとEが原付に跨ったまま
立ち尽くしてる。
俺が「どうした?壊れた?」って声をかけると、二人は「寒い。本当に寒い」と言い出した。
何を言っているのやら???季節は終わりかけているとは言え、夏だ。
小川が流れてるから、多少は肌寒いが、そんなに震える程の事ではない。
ましてや、走ってる時の風は生暖かい。
「訳の分からない事言うな。行くぞ。」と声をかけ、二台で並走する形で、B車の待つ場所まで、
30Kmくらいのスピードでゆっくり降り始めた。
その走ってる間も、それぞれ後ろに乗る俺とEで話してた。
しかし、ヤッパリEは、「本当に寒いんだって。」の繰り返しだ。
「お前ら、変なもんでも見たんじゃね」と俺がからかっても、
「そんなもん見てない。でも寒いんだって。」とEは言う。
そんな会話をしながらB車に合流し、残った二人に説明するが、当然B車の二人も???
ってな感じだ。
で、よく解からんが、取り敢えずいつもの地元の沿岸にある公園に帰ろうと言う事になった。

810: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:37:15.89 ID:Rj9mIG6W0
遅いC車を時たま気にしながら、3台で沿岸の道路を走る。
そして、地元に入る。いつもなら、公園にそのまま原付で乗り入れるのだが、
あまりにC車の様子が可怪しかったので、公園まであと数十メートルって所の
民家の前で早いA車とB車が停止し、路肩に原付を止め、少し遅れてくるC車の二人を待つ。
先に到着した2台の原付に乗る四人が、原付を降りたくらいにC車が到着。
C車が止まるか止まらないかで、誰かがC車の二人に声をかけた。
「大丈夫か?」
C車の運転手Dが、スタンドを立て、原付を自立させたかと思った次の瞬間。
「お母さんが、呼んでる」
と叫び、海に向かって走り始める。
一同、呆気にとられてるが、Aが他より少し早くDを追いかける。
それを見て、残った俺達が我に返り、後を追う。
Dはそのまま、腰程度しかない堤防を乗り越え、砂浜に飛び降りる。
高さ2m程度だから、みんな後を追って砂浜に飛び降りる。
本当は、Dは運動神経でいうと、このメンバーでは明らかに悪い。
少し出遅れたからといって、俺を含む他のメンバーが追いつけない訳がないが、
みんな走りながらも、ヤッパリ混乱して全力疾走してない。
Dは、兎に角、海に走る。
そんな中、先に走りだし全力疾走のAが波打ち際で、ようやくDを捕まえた。
Dに跨り、「意味が解からん。やめろ。」と制止しようとするが、Dは暴れる。
俺達が遅れて到着した瞬間。
Aが「糞がァーーー」と叫びながら、Dの顔面をぶん殴った。
殴られたDは、我に戻ったのか辺りを見回す。
「俺、何してた???ここ、どこ???」
って、オイっ!!何だ、その有り触れたセリフと俺は心の中で思ってたが、
Cが事の次第をDに説明するが、Dは何の事やらって感じでポカァーンとしてる。
取り敢えず落ち着っこうみたいな雰囲気で、いつもの公園に戻る。

811: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:38:17.62 ID:Rj9mIG6W0
みんな今起こった事を理解しようとあぁだこうだと言い始める。
「Dのお母さんが呼ぶはずはない。一人っ子のお前を殺すなんて考えられん。」
Dのお母さんは、少し前の台風で亡くなっていた。
この日降りた場所の対岸にある島で、夫婦で小さい寿司屋を営んでいたが、一人っ子の息子が
心配で、台風の中、夫婦で車で帰宅途中、道路が陥没し車ごと海に流され父親は助かったものの
母親は、溺死していた。
みんなその事を知ってし、葬式にも出てる。
厨房にもなってもそれぐらい溺愛されていたんだから、疑う余地がないと言うのが、
みんなの意見だった。
また、みんな黙る。
Eが言い出した。
「D君、運転中にも途中の直角カーブの直前で、急にバンザイして、俺、凄い慌てて、
後ろからハンドル握って、体倒して死ぬかと思った。」
もう、それ聞いて、みんな青ざめた。
こいつ、絶対、なんかに取り憑かれたと俺は思った。
そんな会話の中で、至った結論は、変な霊に取り憑かれて、その霊がお母さんのフリをして、
Dを殺そうとしたって事になり、怖いから帰ったら、お清めの塩を体に撒けよという事で、解散した。
あまりに怖く、みんな始めての体験だったので、この日の事を話す人間は居なかったし、
段々とクラブや高校受験の対策やらで、忙しくなって行き、夜出歩く事も少なくなっていった。

812: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:38:50.53 ID:Rj9mIG6W0
あの事件から数年がたち、あの当時のメンバーもAが本格的にDQNになり、
本職さんにも、警察にも追われる身になったりと、色々あったが、それなりの生活を
送る社会人になった頃。俺と親友のB、Cで飲みに出ることになった。
Bは、DQNだったが頭良く。三人の中で一番稼ぐ奴になっていた。
というか、20代前半であれぐらい稼げれば、勝ち組決定した様なものだった。
その日も、Bの奢りで飲み歩いていた。
スナックの様な飲み屋で、怖い話に話題がなった。
そこで、ふとあの事件を思い出した俺が、もう何年もたったし良いだろうと、
「時間もたったし、あのDが取り憑かれる事件。あれヤバかったね。」
「E、死んじゃうし。」
そう、あの事件以降、実はもう一つ厨房時代、事件が起きていた。
相変わらず仲の良かったDとEは、地元の解体屋のおっさんからミッション付きの
50ccバイクを内緒で格安購入し、乗り回してた際、出稼ぎメキシコ人が運転する軽トラが逆走して来て、正面衝突。
運転手のDは顔面からフロントガラスに突っ込み、顔面凶器に、その他、骨折。
一時はICUに居た。
後ろに乗っていたEは、反動で後ろに吹っ飛び、ノーヘルだった為、酷い脳挫傷で亡くなっていた。

813: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 02:41:23.23 ID:Rj9mIG6W0
俺的に気になっていた事を言ってみることにした。
「今だから言うけど、あの死んだ場所って、あの時、原付止めた場所だよね。」
と俺が言うと、Cは続け様に、
「そうそう、あれね。あの事件の前にも実は、ヤバイ事が実はあったんだ。」
俺とCは、その話を知らない。
B曰く、実はあの日の数日前に、一度、ボロいあのC車をあの山の中腹にある地元ルートの途中の小川に捨てたが、
前日、ヤッパリ台数ないとみんなで移動出来ないからって、絶好調のA車に3人のりをし、
C車を引き上げに行ったらっしい。
で、後輩のEが、水たまり程度しか水の流れていない小川に入り、原付を引き起こした際、
ハンドルに何か絡まっているのを触ってしまって、「わぁーーー気持ちわりぃーーー」
と叫んだらしい。
で、手に絡まったそれを見ると、それは人の髪の毛だった。
Bは、そんな気持ち悪い原付なんて乗れるかと内心思い、その日は、A車に乗って帰り、
事件当日も、B車に乗ったんだそうだ。

814: 本当にあった怖い名無し 2012/06/30(土) 03:10:09.92 ID:Rj9mIG6W0
Dは、普段、運転させて貰えないから喜んでC車の運転手に。
そのDの弟的Eは、その後ろになったという事だった。

Dは、次の日普通に登校し、特に違和感を感じなかったが、Eはあの日以来、ずっ

と、顔色が悪かったって事。
俺達三人は、あいつは取り憑かれたままだったんだって事になった。
しかし、解らない事もある。あの髪の毛は、死人の物???それとも生きている
人が呪いとかに使った物???
少なし、自殺者が出たなんて話は、小さい地元では当時なかった。
俺は、今もその田舎に居る。Eが亡くなった場所も、歩いて3分くらいの所で、生
活してる。
この話を思い出すと、今でも本当に怖い。俺自身は、霊とか見たこともないし、
見たくもない。
しかし、葬式など行ったりして、違和感を感じたら、根拠はないが、心の中で何
も出来ませんよと思いながら、
体に塩を撒く事だけは欠かさない事にしている。





851: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 12:53:44.51 ID:J+kFHyxB0
昨日の晩、トイレに起きたら部屋の前にもやっとした煙の塊みたいなのがいた。
そいつは足元がぼんやりしてたけど上半身?は完全に人の形で、目と口に当たる部分は黒い穴があった。
CGみたいな不自然さは無くって、ただの煙が人型のビニール袋に詰め込まれたみたいな感じ。
で、最初はビビって部屋に戻ろうとしたんだけど、尿意がけっこう限界近かったので、自分を奮い立たせて
「邪魔なんだよゴルァ!!」
って叫んでそいつをぶん殴ったんだけど、そいつは殴った俺の腕に絡み付いて、そのまま腕の中に入ってしまった。
そのときはめっちゃヒヤッとして(あ、俺終わったわ)とか思ったんだけど、激痛が走ったとか悪寒がしたとかそういうのは特に無かったので、普通に便所言って就寝。
結局あれはなんだったんだろう?ちなみに今も別に何も起こってません。

853: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 13:53:16.69 ID:g0Zw4FcW0
>>851
夜中に鏡に背を向けて立ち、後ろを振り返ってごらんよ。

854: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 15:03:35.86 ID:iLL/MW/60
振り返るときに「大好き」って言うんだよね。




855: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 19:09:18.34 ID:Unmjr18p0
親戚のおじさんの話。

彼は肉を食べない。

菜食主義者な訳ではなく、ただ単に好きではないだけだと言う。
その証拠に魚は好物でメザシや一夜干し等の干物は食卓に欠かさない。
秋刀魚の時期になるとさも旨そうに2本は平らげる。
なぜ肉が嫌いなのか?と聞いた事がある。
話してもいいがお前も肉が食べられなくなるかもしれないぞ。という答えが返って来た。
そんな酷いトラウマがあるのかと内心怯んだが
何の事は無い。昔、おじさんが結婚するよりも以前、屠殺場で働いていたのだと言う。
毎日家畜を解体していて気持ち悪くなったのか、それとも現場の杜撰な衛生管理を知っているので食う気になれないのか。
何だそんな事かと口にすると
いやそうじゃないんだ。とおじさんは何とも言えない顔をした。
屠殺する所から解体する所まで一通りの事はやった。
そして毎日毎日牛や豚を殺しては解体するを繰り返してるとな、
そこでおじさんは言葉を区切り、煙草に火を着けた。
ちょっと頭がおかしくなって来るんだ。いや気が狂うって訳じゃないんだ、物の見方が変わると言うか考え方が変わると言うか。
ふうと煙を吹き出しておじさんは続ける。
人と会って話をしてる時でもな、相手の解体法を考える様になって来るんだ。まぁ一種の職業病だな。
ここを殴れば一発で死ぬなとか、関節のこの部分に刃を差し込んで捻れば切り離せるなとか
あぁこの人は太ってて食べられる所意外と少ないなとか、この人は痩せてて肉が固そうだなとか。
無意識にそう相手を見る様になって来る。
その頃に今のカカアと知り合ってな、こりゃマズいってんですぐ仕事辞めたんだ。嫌だろ?これから嫁にしようかって相手の解体法考えてちゃ。
そりゃ確かに嫌過ぎる。
まぁそれだけが理由じゃないんだがな。とおじさんは続けた。
それまでは解体法考えるだけで済んでたんだが、ほれ、うちのカカア今でこそ太ってあんなだが当時はスラっとしててなぁ
うっかり旨そうだなと思っちまったんだ。
そう言っておじさんは短くなった煙草を灰皿でもみ消した。

857: 本当にあった怖い名無し 2012/07/01(日) 21:57:18.16 ID:qnkpYNbpO
>>855
おじさまのお話もさることながら、関連しているであろう世界の事情まで空想が広がって、ほんのりどころじゃない。




859: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 06:53:43.64 ID:r9YYqVFt0
俺は新聞の臨時配達員というのをしてて、時期とか所属してる店によって変わるんだが全国色々なとこに行くんだ
大概は何事もないんだが、やっぱりたまに曰く付きとか変な話のある場所もあったりする
でも、大体はどこかで聞いたことがあるような話がほとんどで実際に体験しても死ぬほど怖い目に遭ったってことはない
へーそんなこともあるんだなぁ程度で聞いてくれw

都内アパートであったこと

特に曰くがあるわけじゃなく、ただ三階の一室で変死だったか孤独死だったかがあったというだけのアパート
そのアパートは玄関のドアにポストが付いてるタイプで、そこへ新聞を入れて回る
ある日、三階を配っていたら部屋を間違えて新聞をポストへ入れちゃったんだよ

間違えたことに気付いて戻ったんだが、間違えて新聞を入れたのが死人が出て現在は空いている例の部屋だった

あぁ、ここが話に聞いた部屋かぁくらいにしか思わず、ポストにささってる新聞を抜こうと引っ張ったんだが抜けない
引っかかったのかとも思ったが、どう見ても新聞が引っかかる構造のポストじゃない
おかしいなと思いながら、とりあえず力いっぱい新聞を引っ張ったら、狭いポストの口からズルズルっと手が出てきたんだよ
どう見ても人間の右手で、なんて言うんだ?上腕って言うのか?指先から肘までの部分
その部分までポストから出てきてる手が思いっきり新聞を掴んでて、尚も引っ張り続けてる

思わずびっくりして俺の方が新聞から手を離したら、凄い勢いで手と新聞はポストの中へ引っ込んでった

しばらく呆然と立ち尽くしてたが、ゆっくりしてる暇もないんで予備の新聞をバイクまで取りに行って、手が出た部屋の隣
つまり本来配達するべき部屋に新聞を入れて配達に戻ったよ
その後も二週間くらいその地区を配り続け、例のアパートも当然配達してたが特に何もなく契約期間終了
よくある類の話だが、引っ張ってる手を見たのは初めてだから印象に残ったなぁ・・・幽霊でも新聞なんか読むのかねぇ

879: 875 2012/07/03(火) 00:09:25.94 ID:JqbId/fC0
>>859
続けて悪いが
昔、新聞の営業にまけてしぶしぶ購読してた時のこと。
当時の部屋は玄関のドアに新聞受けが付いてて、差し込む形状の物だった。

ある朝、早く起きたか、早朝に遊びから帰って来たかのどちらか忘れたけど、そろそろ新聞が来る頃だと思い、部屋の中から新聞受けの前で待ち構えていた。

程なくしてバイクの音がし、配達員の足音が近づいて来た。
新聞が差し込まれた瞬間、内側から思い切り引き抜いてみた。
ドアの向こうで配達員の低い鈍い叫び声が聞こえドッキリ成功!
配達員にしてみればほんのり怖かっただろうな。
悪かったと思うよ。

888: 本当にあった怖い名無し 2012/07/03(火) 01:41:07.36 ID:+L+L6cae0
>>859
伸びた手を見た瞬間の、(ゴキブリを見たときのような)ゾッとする電撃を想像してしまった。掴まれたのが新聞で良かったね。手を掴まれてたら…。

862: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 10:59:18.97 ID:YXxEu/4r0
怖いけど面白い
持ってかないでぇ~ って感じ

863: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 11:01:13.50 ID:KjIMZBOK0
その流れだと、一文字一文字切り取った新聞で・・・
た・す・け・て・・・とか、有りそうだ。




865: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 21:30:01.77 ID:ysBLF5R30
11年前いつも通りエレベーターに乗って自室がある5階へ
それなのになぜか5階を過ぎ最上階の6階も超え12階で止まった
扉が開くと全て真っ暗で何にも見えない
待ってれば良かったものをとにかくここから出たい一心で思わず飛び出してしまった
空気は変わらず何となく身構えてると扉が閉まりまた上へと昇っていった
しばらく唖然としていると後から誰かに背中を叩かれた
そこからどうなったのか分からないがいつのまにか知らない街にいた
時刻は変わってないけど看板の文字がよく読めない
携帯出すとすごい薄くて自分のじゃない
しかも連絡すると使われていなかった
自分の名前も街も人も分からず何だか悲しくなってふらふらしていると
偶然ガラスに映った自分が見えた
まったく知らない顔だった
あまりのショックで倒れてしまった
それから何やかんやで生活し最近通院を終え何とか暮らしているが今でも違和感が消えない
今でも背中を叩かれた感覚をはっきり覚えている

866: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 21:43:11.34 ID:A6iW1VP50
>>865
異世界にようこそ。

872: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 23:03:34.46 ID:1F849E5kO
>>865
これ、なんて病気だっけ?

873: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 23:41:41.22 ID:TvQq/yiA0
>>872
解離性遁走の事か?




869: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 22:00:39.65 ID:lsqvjr/G0
怖くは無い話だけど

高校時代、父方の爺さんが亡くなって葬式に行く事になった、

当時は高校生だから葬式は学校の制服で行く事になり、その制服が
派手な色使いなブレザーだったから、黒の礼服に憧れがあって行くのか少し億劫だった
そして葬式前日の日、何かに誘われたように、もう着なくなったような服が詰められている納戸を漁っていた時に
急にデジャブを感じた、前日に見た夢の一部でデジャブを感じたようで、
3歳の頃に亡くなった母方の爺さんが納戸のダンボールを整理している所を幼少時代の俺が後ろから眺めている様な夢だったのね
そして現実のダンボールの中には亡くなった母方の爺さんが着ていた礼服が入ってたのよ
着てみるとサイズもピッタリで爺さんの礼服を着て葬式に行った
母方の婆ちゃんは今も元気で、すぐに爺さんの礼服となんとなく気付いたらしい




875: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 23:54:46.34 ID:xBrLgxiJ0
喪服がらみで、、、
高校卒業して大学入学までの間に、母親に学生服をクリーニングに出して、万が一のために礼服を用意しとくように言われた。

その翌朝、小さい頃からよく可愛がってもらっていた祖母の妹が交通事故で亡くなりクリーニングに出す前の学生服で参列した。

それからあらためてクリーニングに出し、明日礼服を買いに行こうと母親に言われた。
その翌早朝、幼稚園から仲良かった親友が交通事故で亡くなった。
礼服を買う時間的余裕もなく、亡くなった祖父が使っていた礼服で親友の葬式に参列した。

それ以降10年以上経つけど、自分用の礼服を買う気も起こらず、法事などの時も祖父の礼服を着ている。




876: 本当にあった怖い名無し 2012/07/02(月) 23:58:49.92 ID:fXGXT+xW0
昔、よく深夜に外をぶらぶらしてた。
最初の頃は何をするでもなく、コンビニで立ち読みしたり、公園でブランコに乗ったりしてた。
それで、1ヵ月くらい経った時に、あるイタズラをするようになった。
と言っても、歩いてて目に入った家のドアノブを、ガチャガチャ!ってするだけなんだけどね。
実際のリアクションは見れないけど、ビックリした顔を想像するとなんだか楽しかった。

それで、その日はちょっと遠くのマンションへドアガチャしに行った。

で、どうも幽霊ですよーってドアノブに力を入れたんだけど、ドアが微動だにしない。
おかしいなー?と思ったんだけど、気付いた。これ向こうからドアノブ押さえてるのかなって。
なんだか怖くなって小走りで離れたんだけど、その時ドアがゆっくり開き始めてて気味が悪かった。




910: 本当にあった怖い名無し 2012/07/03(火) 19:39:07.29 ID:/0pnOTqG0
あんまし怖く無いんだけど俺が初めて霊の声聞いた話

10年くらいまえの話なんだが

幼稚園から一緒だったAが上京するので引越し手伝ってくれっていうことで
Bと俺の3人で朝から引越し手伝ってやった
そこは古臭いアパートで家賃が西麻布なのに4万円代という破格の安さ
「おい何か霊的なのが出るんじゃね?ww」なんて冗談いいながら作業やってた

引越しも一段落終えて夜に酒飲んで盛り上がってたら「キ、キキキ」と何かガラスを引っ掻く音が台所からする

そこにいた俺含め3人は霊感ゼロなのでAとBは幽霊というより誰かイタズラしてる
んじゃね?と疑っていた
因みに俺は幽霊の類じゃないかと思い声には出さなかったがビビっていた

するとはっきりと押し入れのあたりから

「シ.シンデ...カ...ワリ...ニ...シンデ」と女の声がした

A「あ?やだよ」

B「は?一人で死ねよ。てかお前誰だよ」
と冷静に答えたら

「ソンナ....」と消えるような声がしてそれっきり何も声がしなくなった

AとBは大爆笑してたが俺は内心一刻も早く外へ出たかった

こんな薄気味悪い部屋で大丈夫か?とAに聞いたけど

逆に女の霊みたいだし出たら俺のマグナムぶち込んでやるわwww
と笑いながら言ってたんで放っておこうと決めて地元へ帰った




917: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 01:24:25.39 ID:cfclApRLO
心霊ではないですが、つい昨日の話です。
1年程前に夫の仕事の都合でとある県に引っ越しました。
5歳の息子がよく癇癪をおこして近所迷惑になるため、1件屋を借りました。
隣には50代の女性が住んでおり、すぐに仲良くなりました。
夫を亡くして一人暮らしをしており子供もいないため、息子のことを可愛がってくれました。
竹トンボみたいな懐かしいおもちゃやフルーツ餅などの駄菓子を良くくれました。

昨日、買い物から帰ってくるときそのお隣さんがうちの家に向かっているのが見えました。

手には棒キャンディーを持っており、庭先で遊んでいる息子にあげようとしてくれてるんだなと思いました。
すると、庭先に入る前、息子から死角の位置で立ち止まりました。
「どうしたのかな?」と思ったら、おもむろにキャンディーを袋から取りだしベロベロ舐め、袋に戻しました。
一瞬、何が起きたか分からず、声をかけるのに躊躇していたら、おばさんが
「○○ちゃん、飴食べん?」と言って、先程舐め回したキャンディーを息子に突き出しました。
咄嗟に「食べちゃダメ!」と叫んだら、おばさんがゆっくりこっちを振り向いて、
「いつから知ってたの?」と無表情でつぶやきました。
こちらが心臓バクバクで言葉に詰まると、無言で家に帰って行きました。

とりあえず、それで終わりですが、夫が出張で家を空けてるので、非常に怖いです…。

923: 917 2012/07/04(水) 07:45:14.06 ID:cfclApRLO
早速の経過報告です。
先程、隣のおばさんが謝りに来ました。
キャンディーの件は、古かったので味が悪くなってないか確めたとのこと。
言い訳としては苦しいですが、気持ち悪かったので「衛生的に良くないので今後やめてください」と言い許しました。

怖かったのが、おばさんが会話の最中に何度も咳払いをしてたので、

「具合悪いんですか?」と聞いたら
急に無表情になり「具合悪いんですか?」オウム返しされました。
「朝の支度があるので、これで」と帰ってもらいましたが、コワカッタヨー。

924: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 08:00:48.88 ID:GTVh/cer0
>>923
お気の毒に
隣人がキチガイだと怖いよね

928: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 11:34:04.80 ID:p/EFfXAO0
>>923

他のご近所に、そのおばさんの評判きいてみたら・・・

怖いよその人




978: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 22:36:58.11 ID:EVtMYoUA0
流れぶったぎりの上に大した話でもないんだけど…千葉県にS公園ってデカい公園があるんだが、そこは昼と夜で全く雰囲気が変わる。
夜中2時頃に肝試しに行った時の事なんだけど、デカい公園だからか入口近くに公園の全体図が載った案内板が蛍光灯でボンヤリと照らされてるんだ。
それを何気なく見てたら視界がボヤける。コンタクトをはめてたから、レンズでもズレたのかと思ってまばたきしたり右見たり左見たりしたが何も問題なくて、案内板の所だけボヤけてる。
何だろう?と思いながらボヤけてる場所を凝視してみると、女の人の顔が浮かんでた。額から顎くらいまでしか無かったけど、まるでそこに人が立ってるかの様にハッキリと顔がある。
これはヤバい!と思ったけど、怖い話とかで霊に気付いてる事を知られると良くないみたいな話があったから、全く見えてないフリをした。
このまま入るのは絶対にダメだと思って一緒に来てた友人達に、『腹が減ったから一旦出よう』と苦し紛れの言い訳をして元来た道を引き返した。
その際自分が一番後ろになって友人の背中を押す形で入口に向かったのに、シャツを後ろから思い切り引っ張られて全身に鳥肌が立った。
それでも全く気付かないフリで誤魔化し続けて何とか公園を出る事が出来た。
あれ以来肝試しはしていない。




980: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 22:53:04.00 ID:i/bhj06s0
つまらない話だけどとりあえず投下してみる。

俺、寝付けない時に限ってやたら周りの音だけはよく聞こえるんだ。

そして、昨日もなかなか寝付けない日だった。

昨日も例外じゃなくて、扇風機の音とか、鳥の声とか聞きながら目を瞑ってた。

だけど、昨日に限ってやたら時計の秒針が動く音が耳について余計眠れなくなって。
今までそんなことなかったのに、昨日だけは異常って言っていいほど耳についた。
それでもずっと眼を瞑ってたからそのまま眠りにつくことができたわけ。

で、朝が来て鳴り響く目覚まし時計を止めてから気がついた。


俺の部屋には電池切れのアナログ時計と電池が入っているデジタル時計しかない。

あれは幻聴なのかなぁ・・・と一日中迷いました。そんな音立てそうなもの部屋にひとつもないから。

以上、駄文でスマソ

991: 本当にあった怖い名無し 2012/07/05(木) 01:39:37.33 ID:rk34sMep0
>>980
電池切れのはたまに少しの間だけ復活する事があったなぁ

はぁマイスリー飲んだけど眠くならない




985: 本当にあった怖い名無し 2012/07/04(水) 23:59:07.39 ID:MejD+/R40
中学の時、学校で一番怖がられてたヤンキーが
授業中に爆睡してて、先生に起こされた瞬間
まだ眠いよママと言って、次の日から学校にこなくなった

986: 本当にあった怖い名無し 2012/07/05(木) 00:33:48.49 ID:+PT2gbS60
>>985
さすがのヤンキーでもきつかったか…