zfQjY



509: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 00:17:11.64 ID:ITMHSlrc0
木造の自宅なのに、おかんが深夜にトイレ行ったら天上裏から煉瓦が眼前通って落ちてきたくらいという
ネタにならない出来事なら最近あったけど

510: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 00:33:36.33 ID:uMUkpvOe0
>>509
なにそれほんのりどころの怖さじゃないんだけど
すげー怖いんですけど

511: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 00:38:38.40 ID:ITMHSlrc0
>>510
落ちてきたという煉瓦は10センチ×20センチくらい
足元に煉瓦が砕けた瞬間におかんは悲鳴を上げ父&兄は悲鳴聞いて駆け付けたらしいんだが、俺は爆睡してた

512: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 00:42:24.38 ID:ITMHSlrc0
「足元に」じゃない
「足元で」が正解

540: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 17:54:47.46 ID:QPtb462e0
>>509
昔、うちでも天井を突き破って漬け物石のような石が落下してきたことがあった。
建築中にシート等を被せた時、風で飛ばされないように石を乗せていたらしく、完成後も梁に石を乗せたままにしていたらしい。
石が梁から次第にずれて行き、落ちてきたようだ。誰も怪我しなかったから良いものの、もし頭にでも当たっていたら確実に死ねる大きさの石だった。





514: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 00:59:23.27 ID:FOkEy78J0
4年前まで一人暮らししてたマンションでのほんのり怖かった出来事。
深夜1時過ぎにベランダ(2F)でタバコ吸ってたら
下の駐車場に女の人が立っているのに気付いた。
何してるのかなーと思いつつ部屋に戻って徹夜仕事続行。
だいたい1時間置きに一服しにベランダ出るのだが、
2度目に出たときにもまだ同じところに立っていた。
さすがに気味悪くて3度目はカーテンの隙間からこっそり覗いてみたけど
見あたらなかったので普通に一服して仕事再開。
それきり何かあったわけでも無いけど、
1時間も同じところに立ち尽くして何してたのか不可解でちょっと怖い。





516: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 01:14:35.69 ID:ZCebUsqu0
うちの町は西を山々、東を川に挟まれていた
小学校のときは子どもだけで学区から出ちゃいけないといわれてたんだが
中一になってその制限もなくなり、自転車で探検してみたくなって
山を越えてみようぜっていう話が友達二人と持ち上がった
夏だったから昼は避けて夕方にいくことにした
まぁちょっとした肝試しみたいなつもりだったんだよ

いざ山に行ったらもう超ウキウキ
狭い道路、うっそうと茂る木々、まさに探検ってかんじだった
人もいないからギュンギュン自転車飛ばしてさ、それはそれは楽しかったな

でも一時間くらいひたすら西に漕いでもいっこうに山を越えないんだよ
それどころかどんなルートを辿っても、いつも同じ交差点にぶつかるんだよ
その日は日も暮れてすごい怖くなっちゃったから、後日再挑戦することになった
地図もちゃんと確認して、これなら大丈夫だと思ったが、またダメだった

その後2,3回アタックしてみたが結局山を越えることはなかった



半年前に同窓会があって一緒に山に行った友達二人とまたやってみようか
って話になって、同窓会の翌日行ってみたら普通に山は越えられて
開発中の更地がたくさんある盆地みたいなところに出た

結局昔は方向音痴だっただけなのだろうと結論付けるしかないんだが
どうも腑に落ちないんだよな





517: 本当にあった怖い名無し 2012/04/03(火) 04:46:11.79 ID:+e33N6w10
弟が正月辺りから「携帯が欲しい」とうるさかった。
うちは両親が厳しいので携帯は買い与えず、自分で契約できる歳になるまでは持たせない方針。
2月頃、弟がどこかの店で古い携帯の見本品を買ったらしく両親は一瞬ギョッとしたが、動かないと分かって放置。
そして先日、深夜に弟の部屋から「誰と話してたんだ?何やってんだ?それはオモチャなんだろ?」と、父の声が聞こえてきた。

525: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 01:03:06.15 ID:FDFpXQD10
>>517
そのうち、エル・プサイ・コンガリィとか言い始めるぞ





529: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 06:16:03.43 ID:LzgVvjzO0
ちくしょう!金縛り中にやってはいけない事をしちまった!
夜中にふと目が覚めたら脳裏になぜかポルトガルのヒッチハイクの
霊の奴が頭に浮かんだ。しかも「あそこで死んだ」と言った直後の
襲いかかる時のあの形相の奴だ。

ttp://www.youtube.com/watch?v=pMBtLfhf434

(ビックリ系ですが画面が粗いし、ビックリポイントはに書いてある時間なので怖く無いと思います・・・多分
これで言うと2分8秒のとこね。

530: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 06:22:18.46 ID:LzgVvjzO0
で、目を閉じてたんだが好奇心で開けちまった。

・・・・・・・目の前にあの形相の女だ。
あの形相で固定の女がはっきり見えた。
ひいっ!と思ったら自分を見てると気づいたのか

「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ァーーーーー!!!!!!!」
と雄叫びあげてさらに近付いて来た。
顔に触れない程度に限界まで近づきましたってレベルの距離。

ギャアッと首をぶんぶん振ったら消えて元の寝室に戻った。

531: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 07:54:27.78 ID:GVRJFS7sO
>>530
ちゅーしちゃえばよかったのに!

532: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 09:38:34.20 ID:LzgVvjzO0
いざ、なってみるとできないもんなんだ。
恐怖が勝ってるのかなんなのか消えてから
「あーしてやればよかった ちくしょう」ってなる。
明晰夢とかもそうなんだよなぁ

大抵、その行動を起こしてやれって思った時は
もう事象はおさまってるかんね。





535: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 11:01:31.58 ID:qw0lYCkb0
とある霊媒師の話。

その霊媒師は巧みな話術で相手に霊の存在を信じさせて、稼いでいた。
その霊媒師自体は霊は見えなくて、霊の存在自体も信じていなかった。
「霊の存在は俺の稼ぎの道具」程度の認識だったらしい。
ある時、その霊媒師はとある男性から相談を持ちかけられた。
「部屋の中に女の霊がいて困ってる」
霊媒師の経験からいって、そういうのは見間違いか妄想からくる幻覚なのだ。
だが、霊媒師は仕事モードに入り、神妙な顔を作って「あなたから邪悪な何かを感じます」と言った。
男声は顔を真っ青にして「やっぱりか……」と呟いた。

そして、その男性の家に行くことになった。
いわゆる高級マンションの一室で、その男性は一人暮らしだったが、一人暮らしにはあまりにも広すぎる部屋だった。
その部屋に入ったとき、霊媒師は少し背筋に寒気が走ったが、冷房のせいだと納得した。
で、リビングに入るなり男性は「どうですか?」と尋ねてくる。
霊媒師は適当に部屋の片隅を指さし、「あの辺りに女性の姿が見えます」と言った。
すると男性はキョトンとして「そうなんですか?僕がいつも見ている女性はアナタの腰にしがみ付いているのですが」
霊媒師は思わず自分の腰を見た。
そこにいたのは………………

霊媒師は後日、再び男性と会った。
霊媒師は男性に自分がインチキだったと謝ろうとした。
だが、男性は分厚い札束を霊媒師に渡して晴れやかな笑顔でこう言った。
「ありがとうございます。おかげで女性の霊はいなくなりました」

536: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 11:02:24.83 ID:qw0lYCkb0
この話に出てくる霊媒師は、俺の小学校の時からの友人だった。
ある日いきなり呼び出され、この話を聞かされた。
友人は真っ青な顔で何かに憑りつかれたように狂ったように言葉を発していた。
友人は男性の部屋で何を見たのか、かたくなに口を閉ざした。
そして、少し落ち着いた頃、俺達は別れた。
別れ際の友人の言葉が今でも忘れられない。
「お前は気に入られなかったみたいだな。良かったな」
この言葉が何を意味していたのか、それは恐らく永遠に分からないだろう。

友人はこの翌日、「俺は気に入られた。俺は逃げなきゃ」という置手紙を残して姿を消した。

538: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 11:53:30.43 ID:ncgMb9i70
同級生にある日いきなり呼び出されるとか、ねずみ講パターンだよねw
あわよくば>>535に擦り付けようという意図はあっただろうな





545: 本当にあった怖い名無し 2012/04/04(水) 22:54:54.96 ID:jt5rXiWEO
テレビ見て書こうと思った。
自分がまだ小さいの頃の話。

近所の友人の家に遊びに行ったとき、玄関のドア上に写真が飾ってあるのを見つけた。
立派な額縁に入った男の人の写真。
友人はただいま帰りました、と写真にお辞儀した。
いらっしゃいと言いながら友人母が出てきたので、これは誰?と聞いてみた。
「神様だよ」
友人母はにっこり笑って答えてくれた。
すごく優しい笑顔だった。
神様の写真なんてあるのか、と思いつつ友人に習って自分もお邪魔しますと写真に頭を下げた。
友人母がすごくおいしいスイートポテトを作ってくれたことが記憶に残ってる。
友人一家はいつの間にか引っ越してしまって、今は友人の顔も曖昧にしか思い出せない。
この話も思い出を捕捉したものだ。
けど、あの写真の神様はまだ覚えてる。
間違いなくオウムその人だった。





546: 本当にあった怖い名無し 2012/04/05(木) 00:45:00.43 ID:CStk55lxO
叔父に頼まれて、首吊り自殺した元叔母(叔父の元妻)の家を片付けていた。
何気なく衣装ケースをあけたら、白黒の弔事用のネクタイが何本も結いあわされたものが出てきた。もちろん叔父のものではない。
霊体験とかではないけどゾッとして片付けギブアップ。
あの家、まだ幼稚園児の従妹が相続したけど、気色悪くて誰も片付けたがらない。どうするんだろう。

549: 本当にあった怖い名無し 2012/04/05(木) 03:09:40.94 ID:PnPqcZJE0
>>546
そりゃ、専門業者でも自殺者の遺品整理は根を上げるらしいのに
遠いとはいえ、身内にやらせる叔父も凄い神経だw





552: 本当にあった怖い名無し 2012/04/05(木) 08:36:29.87 ID:tzYjnR+u0
夜勤の時、会社で停電になった。
5分くらいで復旧した。
が、直後に何かの異音に気づいた。

プリンタの印刷の音だった。

TSKT:TSKT:TSKT・・・
びっしり印刷された紙が、
プリントアウトされ続けたので電源入れ直した。
どうやらプリンタの誤動作だったらしい。

553: 本当にあった怖い名無し 2012/04/05(木) 08:42:43.92 ID:nbvP/YQt0
>>552
「TSKT=助けて」というプリンタの悲鳴じゃね?





555: ◆ImbXsx3IeQ 2012/04/05(木) 17:02:32.09 ID:U4ppwFDu0
昔修学旅行中に先生から聞いた話

【雁姫様】
先生が小4まで住んでいた町はど田舎で子供の遊び場と言ったら遊具のある近所のお宮だったそうだ。
そのお宮には元々祭られている神様とは別に雁姫様と言う幼い姫君が祭られていた。
雁姫とは昔ある藩からある藩へ幼くして嫁いでくるはずだった姫なのだが嫁ぐ道中で病により亡くなりこの地に葬られたらしい。

ところでこの土地の子供達の間では【雁姫様の鏡】と言う遊びが流行っていた。
内容は雁姫役の子供を中心に数人で円を作り手を繋いで歌いながらぐるぐる回るあーぶくったったの様な遊び
歌の歌詞は姫役と周りの子で歌うパートが異なっていて確かこんな感じだったと思う。
周りの子「1つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは常世でございます」
周りの子「2つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは浄玻璃鏡の間」
周りの子「3つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここは鳥辺野石灯籠」
周りの子「4つお進みください雁姫様」
姫「ここはどこぞ?」
周りの子「ここはうつし世鳥居の間」
そう歌い終わると姫役の子は12を数えその間に他の子は逃げたり隠れたり。まあ一種の鬼ごっこだわな
でその遊びには1つルールがあってお盆と姫の命日にはやってはいけなかった。
でもお盆はともかく姫の命日が2月とか12月とか曖昧で命日はあまり気にせず皆遊んでいたそうです。


556: ◆ImbXsx3IeQ 2012/04/05(木) 18:16:56.84 ID:U4ppwFDu0
その日は冬とは言えぬ程暖かい日で先生は友人達とお宮の境内で駄菓子をつつきながら漫画の回し読みをしていました。
暫くして駄菓子も無くなり漫画にも飽き先生達は【雁姫様の鏡】をして遊び始た。
一度目は友人Aが鬼(姫)、次はB、次は先生と何事も無くいつものように楽しく遊びは進められて行ったのですが異変はCが姫役になった時に起きました。
Cが12を数えている内に先生とBは一緒にお宮の階段の裏側に素早く潜り込んで息を潜めていました。
その間AをCが追いかけているのを見て2人してほくそえんでいたそうです。
暫くするとAとCはお宮の裏側へ消えていきました。始終AとCの楽しそうな悲鳴が聞こえます。

どれ位そうしていたでしょうか?先生とBはいつまで経ってもCが見つけに来ないので痺れを切らし外へ出ました。
もう賑やかで楽しそうなAとCの声が聞こえません。
先生はさては2人して先に帰ったなと思ったそうですがそうではありませんでした。
突然後方からBの耳を劈くような悲鳴が聞こえました。先生は急いでBの元へ駆けつけました。
そこではCが蹲って何やらぶつぶつ喋っています。
先生はどうしたのかとCの肩に手を置くとその瞬間Cがもの凄い勢いで振り返り先生を突き飛ばしました。
振り向いたCを見て先生は絶句しました。Cの顔が歪んでいる・・・いいやあれはもう1つの顔が重なっているような異様な顔
次の瞬間Bが大声で「逃げろ!」と叫びその声で正気を取り戻した先生はBと共に全力疾走で近所の民家まで逃げたそうです。

さてその後なんですが先生とBは逃げ込んだ民家から家に連絡して親に向かえに来てもらい
事の一部始終を話したのですが全く信じて貰えなかったようです。
それもこれもその後AとCは何事も無かったように其々の家に帰宅し後日2人して先生とBの家を訪ね
「何で先にかえっちゃうんだよ心配したんだぜ」といつもの元気な姿を見せたからでした。
その後先生は東京に引越し何時しかその地域の子供達とも疎遠となったのですが
先生は今でもはっきりとCの歪んだ顔とつぶやいていた言葉が忘れられないそうです。

さぶらいびと・・・うしろみたち我も共に・・はかなくともてなされしに・・・・・・





566: ITドカタ 2012/04/06(金) 16:19:28.89 ID:Ll/khyRq0
この間の年度末のデスマーチのお話。

出る出ると噂の我が仕事場、同僚の8割が怪奇現象を体験してる。
トイレで鏡見ると後ろに知らない女が立ってたり(男子便所)
納期に追われてない時期、誰も居ない時間帯に防犯装置に「何か」が引っ掛かって
アルソックが飛んできて「やれやれまたか」と言いながら帰っていったりとか。

オカルトは好きだが全然見たこと無いしこんな職場に居るのに
一度も心霊体験をしてなかった俺。
一度でいいから俺の前にも出てきてくれと思いながら仕事をしていたのだが、
納期間際だと勿論そんな悠長な事は言ってられず。

先月の年度末の納期間際。よりによって一番忙しい時にそいつは現れた。

567: ITドカタ 2012/04/06(金) 16:23:38.90 ID:Ll/khyRq0
あとはバグ取りのみという仕事中。
潰せども潰せども終わらないバグ取りに俺を含む数人発狂寸前。
トイレを済ませていざ机に向かおうとした時、突然照明が明滅し始めた。

照明が落ち真っ暗闇、そんな中突然俺の目の前に見知らぬ女が現れた。
同僚じゃない。受付の女の人でもない。紛れも無く見知らぬ誰か。
なんの前触れもなく目の前に現れた。
リングの貞子のように長い黒髪、顔は見えない。
白いワンピースに同じく白い肌、どう見ても生きてる人間の肌色じゃない。

そこで俺の意識は途切れ、気が付けば自宅のアパートの布団の中だった。

568: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 16:30:08.66 ID:Ll/khyRq0
ぼーっとしながら時計を見ると遅刻寸前であることに気付き、
慌てて出社。
電車内で意識が途切れる直前の光景を思い出し、
「アレが俺の心霊初体験か。見た瞬間気絶なんて俺もヘタレだなぁ…」
と5日徹夜だった脳細胞が少しは機能を取り戻しつつあるのを確認しながら会社に着く。

…なんだか同僚がよそよそしい。っていうかあからさまに避けられてる。
アレ、これイジメ?
そういや気絶した後気がついたらアパートだったし
覚えてないながらも仕事途中で帰ったからハブられ中?

と割と落ち込みながら年度末の掃除に取り掛かろうとしたら上司が現れたので
昨日の事を謝ろうと思い切って声を掛けた。
そしたら「ちょっとこっちに来て」と言われ別室に行くよう促される俺。
よっぽどマズイことしたのか俺…それとも昨日の怪についてだろうか?

…別室で聞かされた話は「非常にマズイ話」だった。

569: ITドカタ 2012/04/06(金) 16:38:53.38 ID:Ll/khyRq0
…上司によると、俺が気絶したあとの顛末はこうらしい。

いきなり現れた「白い女」に向かって俺は突然グーパンチ。
ITドカタで落ちた筋力の何処にそんな力が残っていたのかと思うほど
渾身のパンチだったらしい。
吹っ飛んだ「白い女」に俺はさらに追い打ちをかけたそうだ。
「○○行目のバグもお前のせいか、○○行目のも!お前が、お前が!!」

…どうやらここ数日の仕事の鬱憤を全部その物の怪にぶつけたらしい。
その間の記憶なんてありゃしないが。

5日徹夜というのはまともな人間だとたいがい壊れる、とは上司の談。
どう考えても人間でない相手にマウントポジションで殴りまくる様は
同じく発狂寸前だった同僚たちを正気に戻し、ドン引きさせる程であったとか。

…今俺は上司に都合をつけてもらい一区切りの長期休みを貰っている。
しかし来月から出社するのが怖い。
同僚との空いてしまった距離を埋められる自信がない。

ほんのりかどうかわからなかったが割と本気で俺にとっては怖い話なんで
このスレに投下させてもらった。長文スマソ
いやあの女も冷静になって考えりゃ怖かったし…

570: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 17:49:30.49 ID:nUTB495U0
で、その「白い女」は周囲も認識してたの?

571: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 17:59:12.52 ID:ag5tfH4D0
>>569
ひでぇオチだな

572: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 18:45:57.88 ID:meaJve6G0
同僚を殴り倒したとかパソコン叩き壊したとかじゃないんだから、なにも気にせず
「長期の休みをいただきありがとうございましたー!!リフレッシュしてまた元気に
仕事しまっす!」でいいんでないかい。気になるなら健康祈願でも仕事順調でも
適当にご祈祷してもらって、「念のため、ご祈祷もしていただきましたー!!」と
付け加えたらいいよ。周囲も安心するでしょ。

589: ITドカタ 2012/04/07(土) 00:14:02.96 ID:IhxO2+PE0
>>570
俺と上司だけでなくその場に居た全員に見えてたそうな。
んでそれを殴りつけた俺は今同僚の中で危険人物認定中と思われる。
付け加えると「キョエェェェェェェ」とかこの世のものとは思えない叫び声を発していたらしい。
俺が。
少なくともその時の事は上司から説明されただけだし
まだ同僚には恐ろしくて確認してないからね。来月頭まで休みだし。

>>571
俺もそう思うが、リアル体験なんてよくある怪談みたいなオチにはならんのだと
身をもって知りました。

>>572
一応お寺さんに行く前に心療内科に行ってみた。
過労によるいくつかの疾患は見られるけど統合失調症ではないと言われたから
どうやらオレらの見たアレは少なくとも統失の見せた幻では無いらしい。
…まぁ、そんな感じで空元気でも良いから頑張ってみる。アドバイス有難う。

さて、余計なもん持ち帰ってるかもしれんので
ガキの頃からお世話になってるお寺さんに明日行ってくる。





582: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 20:45:45.30 ID:H3NYtMDN0
さっきソファーで昼寝してたらいきなり腹を殴られたような衝撃がきて「うぐっ」っと変な声を出して目を覚ました。
誰か部屋にいるのかと思ったら腹の上にホラー系の雑誌が一冊乗っかってるだけ…。

どうやら本が落下してきただけらしいけど、俺こんな本買った事ないぞ…。

583: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 20:48:51.23 ID:XieRKhyb0
本うp

585: 本当にあった怖い名無し 2012/04/06(金) 21:08:31.10 ID:H3NYtMDN0
>>583
カメラないんだすまん
タイトルは 日本"怪"伝説2 ってやつで2010年3月20日初版第1刷発行になってる





595: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 15:02:14.59 ID:X3CRrpXu0
友達四人をうちのアパートに招待した
馬鹿な話しながら、コタツでまったりしていた
そしたら真夜中過ぎに、隣人の部屋から女の声
毎日なんだけど、「うふふっ」て声が聞こえてて、いちゃつくならホテル行けや、って思ってた
その声が聞こえた途端、四人が黙ってしまったのに笑った
静かにしたってエロいのなんて聞けねーし、と思いながら四人を見ると、隣じゃなくて俺を見てる
なんだ?、と聞こうとしたらまた女の声
同時に四人がドアへダッシュ、俺もわけがわからないけど、後に続いた
四人がアパートの入口で足を止めたので追いついたけど、すぐにお祓いしろとか言われて呆然とした

どうやら女の声は隣人の部屋からではなく俺の部屋、というか俺の背後から聞こえてたらしい
声がした先をみたら、肩くらいまでの髪の女が俺の耳元で笑っていたらしい
二年気づかなかった……

604: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 21:33:48.78 ID:MkWNmHCm0
>>595
2年も気付かないとこに萌えられたのではw
まだ気付かない、オッケーうふふ☆みたいな・・・

596: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 15:11:07.61 ID:/533L48l0
こわ・・





598: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 16:48:37.03 ID:Ab/e0liR0
去年の年末の話。

ワンルームマンションに住んでるんだけど、ある夜ちょっと近所のコンビニでも
と思い1階に降り玄関に向かうとオートロックドアの外に一人の女性が立ってた。
女性は外に面している道路から身を隠すように柱の陰に立っている。何か挙動が
変だがまぁ見た目は普通の女子大生風。

俺が内側からドアを開けると「あの、すみませんが玄関に入っていても良いですか?
実は・・・」要約すると駅から見知らぬ車につけられてて自分を追い越してはまた
戻って来ての繰り返しだと言う。友人に車で迎えにきてもらうのでそれまで待たせて
ほしいとの事。

俺が「ちなみについて来るのはどんな車?」と聞くと極ありきたりな車種と色。女性に
待っていて良い旨伝えコンビニ行くついでに様子を伺うもそれらしい車は見当たらず。

コンビニから戻ったタイミングでちょうどマンションから出てきた女性を出迎えた
のは先ほど聞いた特徴のとまんま同じ車。まだ遠くだったので彼女は俺に気付かなかった
が、これは果たしてどういう事だったのか未だに不思議。単に偶然同じ車だった?ちょっと
病んだ奴(しかし普通に見えたけど)?俺の反応次第では何か仕掛けるつもりだった?

599: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 17:56:27.01 ID:3kGae5MT0
盗聴器でも仕掛けられたんじゃね

600: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 18:05:32.81 ID:hvtqhqzYP
興信所だろ。





602: 本当にあった怖い名無し 2012/04/07(土) 19:15:45.97 ID:LDUJjWoK0
15年前の話で、とある別荘に友達5人と夜中遊んでたら風がビュッて感じで
吹いたと同時にガラス窓を突き破って40くらいのおばさんが転げて入って来た。
最初、なにが起きたか皆固まって血だらけのおばさんを見てるだけだったけど
その別荘の持ち主の伯父さんがおばさんに大丈夫ですかって声をかけたんだけど
何も答えなかったので僕の友達がタオルを差し出すと、助けて!とおばさんが
叫んだ。すると伯父さんがどうしましたか!って声をかけると無言で目をつぶり
友達がどこか痛いんですか?って聞くと、あ 足が 足があああ となんかコント
みたいな展開でしたが、オチは精神障害でなんと!その別荘の2階のベランダに
縄をかけ自殺しようとしたが縄が切れ、その勢いで1階の窓を突き破ってきたのでした。
おばさんはあの世は若い天使(子供時代の我々)達ばかりで、伯父さんみたいな
不細工な老人は下僕ぐらいだろうと思ってたらしいです。で、そのおばさんは我々が
帰った後すぐに同じ場所で自殺を成功させたそうです。
 ああ昔の出来事を書きおこすのってムズいね。一度整理しときゃよかった。





614: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 02:41:04.88 ID:jVuBKte30
だいぶ昔の話。
肺炎で寝込んでたら、バイト先のビッチから「ベランダに誰か居る!助けて!」とメールが来た。
家を知らないので「住所教えて」と返信したがそれきり返信無し。
バイト先に事情を話そうと思って電話すると、ビッチはバイトに来てると言われた。
バカバカしくなって腹が立ったが、何も言わず電話を切って寝た。

翌朝、ビッチの部屋でバイト先の先輩が首を切られ血まみれで発見された。
犯人はビッチの彼氏で、バイト先の更衣室からビッチの携帯を盗んだとか。
血まみれで発見された先輩はビッチの長年の浮気相手で妻子あり。死にはしなかったが車椅子になった。

この事件からすぐビッチと先輩がバイト辞めて、その後で社員から事情を聞かされ鳥肌が立った。

615: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 02:43:23.31 ID:SOcnP6qE0
因果応報ではあるが、ビッチも連絡する相手と方法を間違えたな。
警察に連絡してれば最悪は避けられたかも。

618: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 02:52:59.77 ID:jVuBKte30
>>615
ビッチは事件当時何も知らず第二浮気相手の家にいたんだよ。
ビッチの彼氏がビッチの携帯を盗んで、その携帯から怪しい男らにメールをしたと。
俺の元に届いたメールも、ビッチの彼氏が送ったやつ。
で、ほいほい呼び出され駆けつけた先輩がやられたと。

説明が下手ですまん・・・。

634: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 05:23:19.06 ID:3eqZOze50
そだな
下らん書き込みをしてる俺が言うことではないが
>>615が勘違いしてるのは明白
>>618は気を使った丁寧な説明をしている

637: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 08:07:09.96 ID:i2sI1Hmz0
>>618
しかしビッチの彼氏も考えたもんだな

639: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 08:21:07.97 ID:jVuBKte30
>>637
バイト先は更衣室がプレハブ小屋みたいな無施錠の建物で、
駐車場のガードマンか管理人かよく分からんけど、常に彼らがいるから大丈夫って感じだった。
サセコの彼氏はそれを知ってたのか、隙を見て更衣室に入ったのか、サセコの携帯を盗んだっぽい。
あの件があってから、更衣室にも鍵をつけるようになった。
サセコの彼氏ってのは、話によるとナントカ会?とかいうヤクザだと、サセコが言い触らしてたんだとさ。

617: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 02:48:35.39 ID:jVuBKte30
恐ろしい事にこの事件当日の晩から朝にかけて、ビッチは彼氏でも先輩でもなく、
バイト先の社員と一夜を明かしていた。(俺はこの社員がビッチの彼氏だと思ってた)
先輩を見付けたのはビッチとこの社員だったとか。

ビッチに関わるとろくな事が無いと知った。





622: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:30:51.27 ID:3PQsmemf0
需要があるかどうかわからんが、唐突に思い出したので書く。

親父の生まれ故郷には、十三参りっていう習慣があって、
要するに昔の元服の名残なんだけど、数えで13になったら
守り本尊のところにお参りするってやつ。俺もやった。

623: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:33:25.96 ID:3PQsmemf0
妹の十三参りのために鹿島の虚空蔵様に行った時。
親戚一同全員で本堂に座って、神主さんがナンジャラホイジャラ言ってるのをじっと正座して聞いてたんだ。
そしたらさ、途中で何か意識が飛び始めたんだよ。
眠気とかに近いようで微妙に違う感覚。
俺の脳みその、俺という人格の消費リソースが減っていく、みたいな。
んで、ずいぶん長いことリソースの引っ張り合いやって、やっとこさ終了。

624: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:36:39.03 ID:3PQsmemf0
で、そこからの帰りで、母親に聞かれたんだ。
「おまえ、あの時なにブツブツ言ってたんだ?」って。
いくら俺が当時からコミュ障の挙動不審だからって、
ああいう場でブツブツしゃべるわけはないし、実際それどころじゃなかったんだから。
何もブツブツなんて喋ってないぞ、って言ったら絶対言ってたって。

625: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:41:10.34 ID:3PQsmemf0
なんか俺、お経上げてもらってる間、ずっとうつむいてブツブツ言ってたそうだ。
いわゆるトリップってやつなんだろうな。
んで二人して、まぁそういうことなんだろうってお互いなんとなくわかった。
その時聞いたんだが、母方の祖父には「視える」血が流れていて、どうやら俺はそれを引いてるらしい。
当時中2で、同調しやすいのもあったかもしれぬ。

突然スマンカッタw

626: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:52:49.95 ID:3eqZOze50
今は零感なの?

627: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:55:24.58 ID:3PQsmemf0
>>626
いや、まだある。
今でもたまに、足元を何かが駆け抜けて行ったり、肩のあたりを何かがかすめて行ったりする感覚はある。昔ほどじゃないけど。
でも、将門の首塚とか行ったらどうなるかわからんw

628: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 03:59:29.30 ID:3eqZOze50
それならもっと怖い話ありそう

629: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 04:09:02.68 ID:3PQsmemf0
けっこうそういう現象に、記憶はないながらも巻き込まれてる可能性は十分あるww
物心付く前からそういう経験してるとそういう感覚普通になってるだろうしww





654: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 22:57:49.90 ID:TvAx6VIbO
PCであげるわってゆってた人を待とうかと思ったけど、そろそろ睡眠時間やばいので、ちょっとだけ小物いれさせてください。


今、病院に入院してます。
小さな頃から入退院繰り返して来たから、もう慣れっこ。
病院で不思議なことも何回もありました。
霊感はそんなにはないと思うんですがね。
ですが今回あてがわれたベッド、いい感じです。
夜中に足を誰かが掴んでると思って飛び起きること数回。べたな手の跡っていうよりは、赤くなってた程度の跡が残ります。
手は、小さい子供みたいな感じ。
まあでも、ナースステーションが近いし、そんな怖い感じはしません。
もう二十年ぐらいお世話になってる看護婦さんも、ケラケラ笑って大丈夫だと保証してくれたし。
だから最近なんかわざと俯せに寝て、握られる位地をマッサージしたら気持ちいいとこにずらす。点滴はえらいめんどくさいことになるけど。足裏とか頼みたいなぁ。まじでマッサージしてくれないかな、この子。
まあ死ぬときゃ死ぬと思って人生生きてるし、病院ではこんなこともあるだろうくらいに思ってます。

655: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 23:01:51.02 ID:3YqAU0lg0
>>654
気になって寝れねえよ・・・





662: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 23:44:56.85 ID:JZP4V/Ff0
651の人じゃないんだけど、待ち時間に投下。
個人的にはすでに解決済みなんで、あんま幽霊話とかじゃない。そしてエロくも無い。すまね
長文なんで暇つぶしに読んでもらえたらいいな、と思います。


自分怪異譚には一切縁が無くて、家族も皆筋金入りの現実主義者だし何か変なことがあっても必ず理屈を考えます。
金縛り経験はあるけど、自分が体験したからこそそれが幽霊話じゃなくて特殊な寝ぼけの一種だと自信を持って断言できる。
そういう人間だっていう前提での話なんですが、一回だけ真面目に人生考え直そうかなと思いかけた事があります。

大学に通う都合で田舎の親戚の家に間借りする事に。
初めて家を出てなれない新生活にてんやわんやしながらも、なんとか大学生活が板についてきた頃。
秋が過ぎてそろそろ寒くなり始めた時期だったと思います。
二階の物置部屋で一人で寝起きしていたんですが、いつも通り布団に入って眠りかけていた時、不意に物音がして目が覚めた。
しばらく耳を済ませたものの、それきり静かなので気にせず寝る事にしました。
ところが寝入りばなにもう一度、同じ音がして、目が覚めた。
それでちょっと考え込んだんです。

庭にもトタン製の物置小屋があって、風の強い日は木の枝が当りよく音がします。
また家がネコの通り道になっているらしく、屋根に飛び乗るは喧嘩するわで春先とかけっこう賑やか。
しかし、さっき聞こえたのは木の枝とか金属板のベコる音ではなかった。
一階で誰かが何かしたのかな?とも思ったが、いつも聞こえる生活音はもっとくぐもって響くし、「ドアを開ける→スリッパを履く→あるく」という風に前後に別の音が続きます。
さっきの音は目が覚めたとき一度鳴ったきりで、耳を澄ましてもそれきり何も聞こえない。
しばらく考えたものの、正体が分からない。
こんな事は珍しい、と思いながら5分ほど起きていましたが、それきり静かなので下の部屋で寝ている祖父が何か動かしたのだろうと結論付けて諦めて寝ました。
その日はそれで眠れたんですが、次の日、また寝入りばなに同じ音で目を覚ましました。

663: sage 2012/04/08(日) 23:48:56.07 ID:JZP4V/Ff0
はじめ一階の誰かがたてた物音かと思ったけど、3回も聞けば明らかに違うと分かる。
音の位置がもっと高い。
一階ではない。しかし庭木がベランダや外壁に当たる音とも違う。
二階、というよりむしろ、部屋の中で音がした気がどうもする。
それも家鳴りのような漠然としたものじゃなく、もっと明快に位置がわかります。
布団を敷いて寝ている自分の足元、左側辺りです。
梁が弾けたとかネズミの足音とか、そういう類の音でもない。
畳の擦れる音。ちょうど畳の上に手の平を押し当てて、しゅっと引いた、そんな音です。

さすがにすぐに眠れる気がせず起き上がって電気をつけましたが、勿論足元には何もいない。
今まで人生で経験した出来事で、合理的に説明できない現象とかありませんでした。
以前実家で壁から鼓動の様な音がするので不気味がって調べたことはあったけど、洗濯機の電源を切ると音が消えるので水道管が原因と分かりましたしね。
なのに今回に限って音の正体が分からない。
こんな事は初めてでした。

その日から2日か3日に一度、その「音」で目を覚ます日が続いてました。
ただ、起こされるたび我慢して寝る事を繰り返すうちにだんだん回数が減っていって、最終的には全く聞こえなくなったのでいつの間にかすっかり忘れ。
最近になってたまたまSIRENが気に入ったりとかで久しぶりにオカルト話漁りをはじめたもんで、ふと思い出した。
その後も同じ部屋で寝泊りしてますが、音を聞いたのは引っ越してから一年目のあの時だけです。

664: 本当にあった怖い名無し 2012/04/08(日) 23:50:30.90 ID:JZP4V/Ff0
sage入れまちごった…

結局、やっぱり布団のすそが擦れていたんだと思う。音が大きく聞こえたのと寝返りを打った覚えが無かったせいで可能性から除外してたけど。
丁度寒くなった頃だから、多分冬用の分厚い掛け布団を出した筈。夏の間はタオルケットだったし、子供の頃はずっとベッドに寝起きしてて寝返りを打っても布団と床が擦れたりしない。
必ず寝入りばなに音がするのも、ノンレム睡眠に入って寝返りを打った瞬間に畳と擦れて音がするんじゃないかと。
いつの間にか音が聞こえなくなったのは、脳が畳の上の寝起きに慣れて気にならなくなったから。

そも祖父母はかれこれ何十年もこの家で暮らしていて、めったに見ないほど超元気健康。元々ちゃんと大仏様の写真も飾ってある部屋だし。悪い因縁なんぞありっこないのです。。
で、それはいいんですが問題が一つだけありまして
折角忘れていたのに思い出しちゃったから、また今晩聞こえるんじゃないかと思ってそれがちょっとだけこわいお(´・ω・`)

665: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 00:12:50.62 ID:I0h3MNvA0
座敷わらし的な?





670: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 00:33:14.27 ID:I0h3MNvA0
うし 書く 

3年前、まだ高校2年だった頃の話だ。

趣味がロードレーサーで遠出することで、大型連休にはいれば必ずいとこの家に遊びに行ってた。

それで夏休みの入りたての頃、いとこの家に向かう途中で一面田んぼだらけの道があって、走ってたら
なんか白いものが左のほうでうねうねしてたんだわ。
はっきりと見えなくて蜃気楼か何かで作業してる人が歪んでんのかなーくらいにしか思わず、そのまま
いとこ家到着。

だいたい昼ごろだったから一緒に飯を食べていとこに何気なくその話をしたんだ。

671: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 00:43:40.38 ID:I0h3MNvA0

俺「なんか田んぼでうねうねしてんの見たわーw」

いとこ「マジで!見にいかね?」

そんな感じで話をして行くことにした。

二人で自転車こいでそこに向かう途中、いとこ父が道の反対側から歩いてきて、

いとこ父「おお!俺!いらっしゃい。 今からどこにいくんだい?」

俺「さっき田んぼで変なの見たんすよww うねうねしてんの 今からそれ見に行きますww」

そう言ったら急に険しい顔になって、

いとこ父「絶対に見に行くな。近寄るな。いいな?」


ちなみにいとこ父は優しいが怒ると怖いのでそこは黙って頷いて一緒に来た道を戻った。
がしかし、高校生真っ盛りの二人がそんなこと言われたら余計に気になって気になって仕方がない。

だからいとこ父が家に入るのを見計らって二人で全力でチャリをこいであの道へむかった。

672: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 00:54:50.23 ID:I0h3MNvA0

5分もしないうちに着いた。というより、いた。

さっきよりも若干大きく(近く?)、これは蜃気楼じゃないなと思った。

俺「ほら!いたじゃんあそこ。 うっわwめっちゃうねうねしとるわww」

いとこ「やっべぇwwwマジだわ」

話しているうちにもだんだんでかくなってるように感じたんだがこの頃は気のせいだと思ってたんだ。
で、そのうち明らかにさっきよりもでかくなってることにやっと気がついた。

いとこ「なんかこっち来てね?気味悪いわ」

俺「ホントだw気持ち悪ぃなオイ」

気味が悪くなって二人でチャリにのった瞬間、ガサッて音がした。
振り向いて見るも誰もいない、よくみればうねうねもいない。とりあえず二人で帰ることにした。

帰り道だべりながらゆっくりと走っているとこんどは右のほうにおれらと同じくらいの速さで動いてるやつがいる。
そいつはうねうねしながら移動を続けていた。

あの時は冷や汗が止まらなかった。


673: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:07:38.32 ID:I0h3MNvA0

とりあえず得体の知れない恐怖感から逃げようと、必死でチャリをこいだ。

家に着いた。家の前にはいとこ父が立っていて、

いとこ父「行ったな?見たな?」

と言われて、ゲンコツをもらった。すげー痛かった。

そのあと家の中に引っ張られてとりあえず塩をぶっ掛けられた。
それから酒も。

それから夏だと言うのに、すぐ窓とカーテンを全部締め切ってあっつい中で正座させられた。

いとこ父「お前らはみてはいけないものを見た。今日それはこの近くにやってくるだろうが、
       家の中には入ってこない。だが、お前らを見つければ間違いなく連れ去ろうとしてくる。
       だから今日はカーテンを絶対に開けるな。外を見るな。それだけだ」

最初はなんだかよくわかんなかったんだが、まずいものを見たということだけわかった。
そこからは風呂も入れないし、トイレはペットボトルだし、何より汗臭くていやになりそうだったんだが、
夜中の3時を回ったあたりからそんなもんは吹っ飛んだ。

そとからザッザッザザッザ・・・と不規則な音が聞こえてくる。

674: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:26:29.99 ID:I0h3MNvA0

気になってしょうがない

あけたい。あけたい。あけたい。

そうは思うがいとこ父がいる前でそんなことできるはずもなく、気がついたら寝てしまって朝になっていた。
正直昨日のよるのわくわく感はハンパなかったんだが、朝になって思い出すととても気味悪かった。
いとこ父いわく、
「あれは普段人がみていいもんじゃねえんだ。注視すっとな、気持ちを引き込まれて帰ってこれなくなるんだ。
      よかったな、遠くにいて。」

とのこと。

ほっとしたと同時に、カーテンの向こうが気になった。
にわの土が不規則な足跡でいっぱいになっていた。鳥肌と冷や汗止まらんかった。

このあとは、いとこ父の軽トラで荷台にチャリをのっけて送ってもらった。
とてもじゃないが田んぼを見る気にはならなかったわ。

それ以来いとこの家にはこわくていけねぇ 以上っす


長くなってすまん 文章力とタイピングがはやけりゃなぁ

675: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:30:34.51 ID:Wflhfth30
いとこ父が言った「彦こまれて帰ってこれなくなる」って、肉体ごとなのか精神だけなのか…

676: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:31:36.44 ID:I0h3MNvA0
なんか魅せられる?らしい。

同類になってしまうとかなんとか

677: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:31:37.40 ID:UaUixF3U0
いとこ父
「あれほど拾ってきちゃ駄目って言ったでしょ!?
 早くもとの場所に返してらっしゃいッ!!!」

678: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:33:18.48 ID:I0h3MNvA0
いとこ「はーいぱぱぁ

ごめんね、うちでは飼ってあげられないんだ。」

くねくね「・・・・・・ウネウネ」

679: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:33:21.63 ID:Wflhfth30
ぬこじゃないんだからwwww

680: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:34:09.50 ID:xi0Of1cI0
子猫には引き込まれる

682: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:35:20.10 ID:I0h3MNvA0

下手したらおれも今くねくねしてたかもしれないっていうwww


まぁくねくねからしたら、二人もくねくね増えてオレの仕事減るじゃん!ラッキー☆ミ

みたいなねwww

700: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 09:59:32.31 ID:XTK7uph80
くねくねの話が流行ってた時に実家の田んぼでくねくねしてた事あるわ
誰かに発見されたら面白いと思って。まぁ、誰も来なかったけどな
今ではむしろ一人で長時間そんな無意味な行為を続けられた自分が怖い  





684: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:37:23.93 ID:VwbtJv5z0
一人暮らしのアパートで、
トイレの鍵が内側から掛かってたとき。

まさにさっきだったんだが、マジ焦った。
逃げれるように玄関開けておいたり、何か武器を持ったほうがいいかな
と考えたり

691: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:52:06.32 ID:UaUixF3U0
>>684
一人暮らしだとピンポンダッシュでもすごい怖いらしいね

692: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 01:53:30.14 ID:I0h3MNvA0
>>691
どゆこと?

693: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 02:01:23.26 ID:UaUixF3U0
いや、幽霊関係ないんだわ。
ドアノック、ドアノブガチャガチャ(酔っ払い?)
あとドアの穴から誰かのぞいてるとか
結構皆経験してて、普通にびびるらしい。

712: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 19:43:11.19 ID:ZAmN9Gn60
>>684
TVでやってた怖い話で旅館のトイレの鍵が勝手に閉まるって話あったよね・・・
原因分かった?

713: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 20:20:46.09 ID:VwbtJv5z0
>>712
よくよく調べてみると、ドア開けた状態でロック側にして閉めるとロックされたまま閉まるから、
たぶん前回出たときにロック側にしてしまったのだと思う。
内側からしかロックできないと今まで勘違いしてたんだw

714: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 03:26:15.59 ID:MdiuySAmO
よく考えたら怖い話じゃなくて勘違い(思いこみ)だったってよくあるよね
>>713よかったねw





701: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 10:23:58.62 ID:YNZRWmSQ0
ほんのり?
ほんの少しエアコンで涼しくしただけなのに、すぐ腹を壊す自分。
その日は会社でピーになり、暖かい便座に座りウンウン唸っていた。
暫くするとドアが開いて(トイレのドアが開くと、外の音が大きく聞こえるので分かる)
「…えーーっ!?やだーもう!」
と言う女の声
その後ガシャンと鍵を掛ける音。水を流す音。
その音がしてる時に何とかピークが終わり、したブツも流し終えジーンズを履き終えた自分は、外に出た
その時はペーパーを巻き取る音がしてたのに、手を洗っていて誰もいない事に気付いた。
どのドアも開放中、そしてドアの対面にある洗面所には鏡が一面にあって、誰が出て来たか、どこのトイレが使用中か一発で分かる仕組み。


(;'ω')…エート
慌てて電気付けっ放しで外に飛び出し、今のは幻聴だと己に納得させて仕事再開。
もしあの世の方なら、一体何が「やだーもう!」だったのか。
一つしか無い暖かい便座を取られていたのが不愉快&ご立腹だったのか今でも不明。

703: 本当にあった怖い名無し 2012/04/09(月) 11:23:59.62 ID:QEkM59kw0
>>701
普通にうんこくさくてやだったんだろ幽霊も





716: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 07:33:28.19 ID:kl4hr4HR0
俺が持ってる録画機能付きTVって番組のコピーできないんだよな。

職場の同僚から「昨日○○○の定理って見た?」と聞かれた。
最近人気急上昇してるあのバラエティ番組だ。
俺は「見たよ。」と答えた。
すると彼女は「あーそっかー、じゃあ撮ってないよねー」と残念そうに答えた。
その番組に出ている芸人のファンらしい。
話を聞くと昨日疲れのあまり帰宅してすぐ寝てしまい、見忘れたそうだ。
「家の録画機能付きTVで勝手に撮ってるかもしれない」
よく見る番組は勝手に取るうちのTVが撮ってるかもしれないと告げると、彼女はとても喜んだ。
「ダビングできたら貸して!今度ランチ奢るから!!」
普段から可愛いその子に気があった俺は快く承諾した。
しかしその時は知らなかった・・・うちのTVがコピーできないことを。

家に帰り、録画されてる番組を確認。早速どうコピーするのかネットで調べた。
しかし、ほんの数分で「コピーできない」という事実にたどり着いた。
このままではマズイ、彼女の期待を裏切ってしまう。
いっそ彼女を家に招くか?いや、独身だと知っているしキモがられるだろう。少なくとも警戒される。
どうしたものか・・・と考えているとふと名案が閃いた。
学生時代、悪友が海賊版DVDを見せてくれたな。
たしか、映画館で直撮りしてるやつで、たまに人の頭や笑い声が入っていた。
そう直撮りだ。

とりあえず一旦彼女に電話して「直撮りでもいい?」と聞いた。
「あったんだ!やったー!!見れたら何でもいいよ!」と喜んでいた。

早速デジカメをセットし試し撮りしてみた。
上下がはみ出るが電気を消すといい感じに撮れる。
俺のキモ声が入ってもマズイ。
電気を消して録画にし、外に飯を食いに行った。

717: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 07:33:45.76 ID:kl4hr4HR0
2時間ほどして帰ってきた。
TVは再生が止まり、画面は無応答のため電源が切れている、デジカメの録画は続いている。
一応大丈夫だと思うが、ちゃんと撮れてるか確認しておこう。
ついでに番組終わって少ししたら暗くなるのでそこも編集を。
そう思いSDカードをPCに刺し、再生。
綺麗に撮れてるなぁ。
ビールを飲みながら番組を見た。

「ははは、こいつ馬鹿だなー」とか一人でツッコミながら見ていた。
すると録画した動画内のTV画面の外、下の方で何か動いた。
なんだ?と思いふと、リビングのTVを見た。
「ああ、TV枠の黒光沢に何か写り込んだのか。」
そう思い、もう一度編集中の動画を見た。
おかしい。
そもそもこの部屋は窓の外から光はほとんど入らない。
中は真っ暗なハズだし、ある程度光を反射しないとTV枠の光沢でも何も反射しないハズ。
「よくわからないし虫かなぁ」
と気にしないことにした。

しかし、すぐにまたその何かが現れた。
よく見るとTVの光で反射している人間のようだ。
腰から下しか写っていないが、誰かが右へ左へ部屋を動き回っている。
デジカメには写っていない・・・黒光沢に反射されてる所だけ写っている。
するとすっとTVに近づいてきた。
そしてゆっくりと足を曲げ、屈み始めた。
ヌッと覗き込むように写り込んだ。
「うわぁぁ!!」
そこで動画を閉じた。
完全に理解してしまった。
あの顔は無表情の俺だった。

結局、その動画は消し、同僚には「コピー無理だからうちこいよ!」と言って玉砕した。

756: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 01:30:47.78 ID:9UMEjjqB0
>>717
書き方がうまいな、久々にゾクッと来た。

718: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 08:17:26.02 ID:auecWWy50
ドッペル???





※ 長編です
722: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 16:54:08.94 ID:zx/TI2EdO
何となく思い出して吐き出したくなったので投下。
まず、今回の話に関係のある人間を簡単にまとめておく。
[本家I]
祖父 叔父(母の弟) 叔父妻 叔父息子(Sとする)
[分家B](俺の実家)
俺母 俺 俺妹
それと、A村、そしてとり敢えずはK町のすべての人間。

途中で飽きるかもしれんし、元々俺自身、文章を書くのがそんなに得意な方じゃないから、それでも構わないって言ってくれる奴だけ暇つぶしにでも付き合ってくれ。

723: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 17:08:59.63 ID:zx/TI2EdO
事の発端は約20年前、叔父妻が叔父に嫁いだことから始まった。

祖父と今は亡き祖母、当時20代後半だった俺の母までもが猛反対したがそもそもが叔父のほとんど一方通行な一目惚れ。
叔父がこの人以外には考えられない、叔父妻との結婚を認めてくれないなら一生結婚しない、というのでほとんど強行突破というか、
叔父が我を通す形で祖父母と母としては泣く泣く縁談がまとまったらしい。

一応紙にざっとまとめてはいるんだが、いかんせん携帯からなのもあって思ったより投下スピートが遅くなりそうだ。
勘弁してほしい。

725: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 17:23:06.39 ID:zx/TI2EdO
この結婚のくだりについては俺が俺母に直接聞いた話なんだが
言っておくと、祖父母とその娘である俺の母は類い稀にみる良心的な人間だ。(叔父だけは少し毛色が違うようだが。)
身内の俺が言うのもなんだけど、本当に。
少々問題があろうと、間違っても家族の結婚に水をさすような人達ではない。
むしろ受け入れて何かできることはないかと申し出るくらいなんだが
ただこの叔父妻というのがそんな祖父達に、結婚前からすでに心底嫌がられるような人間だった。
(結婚前からというのは、叔父と叔父妻は本家とは別宅の祖父母の持ち家での同棲期間があった。)
振り返って俺の目から見ても割と最悪な人間だったように思う。

726: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 17:36:30.54 ID:zx/TI2EdO
具体的には汚部屋に始まり(あれ以上を見ることはこれから多分、一生ないと思う。
どうしたらこうなるんだ!?ってくらい汚い。何年も掃除してないみたいに埃っぽくって、食べ掛けの弁当が部屋の隅に放置されててゴミ袋だらけ。
臭いわ買いまくった服や化粧品がところ構わず積んである。
口紅とか百くらい立ててあって、蓋がなくなったりしてるのもあって、でも埃が積もって持つとネトネトしてた。)
家事は一切しない。
表向きだけは良い顔をしていて、仕事ではそれなりの立場にあったようだったが
その陰で家では祖父母(主に祖母)を虐め抜いていた。
これについては俺の母も俺も一生許せないと思う。

728: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 17:53:25.08 ID:zx/TI2EdO
叔父に対しては、元々叔父と叔父妻の結婚自体が叔父の独り善がりのようなもので
叔父妻からすれば"美味しい話が転がり込んできた"というくらいの話だったのは一目瞭然(I家はK町ではそれなりに大きい家だった。)、
叔父が(誰が)何を言おうが叔父妻はまったく聞く耳を持たない。

と、この話、祖母と母の認識では「とんでもないダメ嫁が来た」というもので、そういう理由で二人は叔父の結婚に反対したのだが、
祖父が反対した本当の理由は実は違うところにあった。
いや、もうこれだけのダメ嫁ならもうそれだけで勘弁って感じなんだけどね。
これは祖父と俺しか知らないし、祖母は亡くなったし、叔父息子も知らないんだろうな。
俺の母もこれから先も知ることはないと思う。
俺の大好きなその祖父も一昨年、いなくなってしまった。
生きているのか死んでいるのかも分からない。生きていてほしいけど、恐らく後者のようなそんな気がしている。

730: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 18:15:03.11 ID:zx/TI2EdO
祖父は寺の次男に生まれて、祖母に一目惚れ(さすが親子といったところだけど、祖父と祖母の場合は正解だったと思う。)、
祖父も祖母も実家を出て、二人で新しく家を建てた。
祖父は仕事も真面目にやっていてそれなりに財産はあったが
恐ろしい強運の持ち主で、道路の幅を拡げる工事のための家の立ち退きや何やらが重なり結構な額を貰ったそうだ。
他にも祖父の武勇伝は色々あるがここでは関係ないので割愛する。

それで建てたのが今の本家。だから、本家といっても歴史は浅い。
というか俺の実家から見て本家というだけ。
対して祖父の兄は寺を継いだらしいが、祖父が家を出てからも非常に仲が良く、普段人前で泣かない祖父が祖父兄の葬儀では号泣したらしい。
祖父の兄が亡くなったのは、俺がまだ小さい頃だったから俺の記憶にはない。

732: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 18:48:54.80 ID:zx/TI2EdO
その祖父から、俺が幼い頃からまるで親が子供に昔話をするように(子供にも分かり易く)聞かされていた話。

どの一族にも大なり小なり"業"というものがある。
祖父の建てた家はまだ新しいが、業というのは血につきまとうんだと。(詳しく言えば物質的に離れれば多少緩和される類いのものもある。)

俺の一族が何をしてきたかそんな大昔のことは、昔から地位があったり歴史のあるような家ではないので分からない。
だが、祖父の知る限り祖父や祖母や親類も、男親に縁の薄い業の元に生まれているという。
それも結構強いものらしく、祖父の父の何代か前の人が寺に入ってからというもの少しでも業を軽くするために、代々努めていると。

俺の両親は離婚して、よく覚えてはいるけれど俺に父親はいない。
その父親だった人の父は幼い頃に見た額縁に入った白黒写真でしか顔を知らない。病死だったと聞いた。
その人は、父が物心ついた時にはもう亡くなっていて
父もまた母子家庭で、お金がなく苦労したと昔聞いたことがある。

そういえば祖母の実家も父がおらず(精神病による自殺らしい)
祖母の兄(祖母の兄弟の中でただ一人の男)も鬱病で家の中にこもりっきりらしい。
親類もみな、父親がいなかったり
いても精神を病んでいたり、人格破綻者。

言われてみれば、なぜ今までこの異常に気づかなかったのかと思うほど、心当たりがありすぎるほどあり
祖父の実家筋の者だけが、俺含めそれを免れているように思えた。
お努めのお陰だと祖父は言っていた。

733: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 19:00:01.35 ID:zx/TI2EdO
縁というのは基本的に、よく似た縁の者同士が寄るものなんだそうだ。
(例外もあって、酷い業を背負う血筋の人間が、徳のある人間の縁に惹かれてくっつく場合もある)
(こんないい人がどうしてあんなクズと一緒になったんだろうってことがあると思うんだけど、多分そのせい。)
(じゃあ結婚する前にその人とはやめたらいいんじゃ?って祖父にたずねたこともあるんだが、人間の意思を超えたところで
本人や周りがどうしようが、結びつくものもあるらしい。)

祖父がいなくなる前、なんとなく叔父妻の血も代々男に関するものじゃなかろうか?と推測を立てていた俺は
(一番最近では叔父妻の兄が変死した。)
祖父にそれを伝えてみたところ、急に黙って難しい顔をしていた。

734: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 19:14:52.81 ID:zx/TI2EdO
話が飛び飛びになって申し訳ないが、外堀から埋めていきます。

話は変わって、叔父妻なんだが

叔父妻はAという寂れた村…?の出で(最早村とは呼べない感じだった。車で走ってたまに家を見付けてもほとんど空き家。)
叔父息子のSとは親友でよく交流があったので、小学生の時までは叔父妻の運転する車で何度か一緒に連れて行ってもらったことがあった。
祖父が感じよくだが、それとなくそれを阻止しているのが分かったが、小さい頃は周りの大人はみんないい人だと思い込み、安心しきっていて
叔父妻に抵抗なんてまるっきりなく、何よりSと遊びに出る!というのが魅力的でついていってた。
妹はまだ小さかったのでしぶしぶ祖父母の言うことを聞くこともあったが(祖母が引き留めるのは、叔父妻への不信感のため)
小さいながらに多分Sのことが好きだった俺の妹は、振り切ってついてくることもたまにあった。
俺は妹とは仲はいいけれど、手放しでSと遊びたかったのでその時はただ邪魔くせえなあと思っていた。

735: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 19:25:26.17 ID:zx/TI2EdO
子供って深いこと考えてない生き物だよな。(俺だけかな。)
叔父妻の実家があるところは叔父妻の実家の他に三件ほどボロ家が建っていて、そこには人が住んでいた。
A村の中で人がいるのはそこだけだったのかもしれない。
周りに本当に人気がなかった。
行き帰りの道沿いに見えた家も、明らかに誰も住んでないのが分かる空き家。

叔父妻実家は、周りは山ばっかりだったとはいえ、水の綺麗な大きな川が側を流れてて、わりと開けた場所にあって
太陽だって照ってて、空気も綺麗だったのに、その辺で一人でいると妙に薄ら寒いの。
訳もなく足がすくむくらい不気味だったけど、周りを見れば全然そんな雰囲気じゃないし
Sや人の近くにいればそれも緩和されていたのか、すぐに忘れてSと遊び回っていた。

737: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 19:49:01.91 ID:zx/TI2EdO
少し用事があるので急いでまとめます。
雑になってきてすみません。

叔父妻の実家も案の定ボロ家、畳が汚い汚い。
黄色いハエ取りシールみたいなのがあちこちから無数に垂れ下がってたけど、ハエなんていない。
わりと傍若無人なクソガキだった俺は、外で遊び疲れて帰ってきて何か飲むものと思い
叔父妻の実家の冷蔵庫を無断で開けた。
叔父妻やその父母は外の畑のところで、Sの様子を見ながら立ち話をしていた。
賞味期限切れのものからよく分からない得体の知れないものまで。
叔父妻の実家の印象は、汚い。
汚部屋じゃなく片付いてはいるんだけど、畳はまっ黄色だし
食べる海苔あるじゃない?ご飯にかけて食べるやつ。
カビかと思ったんだけど、そいつがそこら中についてる。
俺がその時開けた白い冷蔵庫にもびっしり。
ハエ取り?といい今でも異常だと思うけど、深く考えてなかった。
疲れた、喉乾いた、なんだこれ?気持ち悪りー、くらい。
その時はじいさんばあさん外にいたみたいだけど、いつもその小汚ない畳の上で寄り添って薄ら笑い浮かべてた。
寄り添うというか、それもまた異様な感じで、こっちが何話しても気持ち悪い薄ら笑いを浮かべてる。
何言ってるのか分からない。その時は何を言ってるのか分かったと思うんだけど思い出せない。
子供ながらにそのジジババだけは本当に気持ち悪くて嫌いだった。
特に婆さんの方。

で、そのジジババが普段使ってる冷蔵庫。
気持ち悪かったけど、喉が乾いてるし、飲み物は持ってない。
夜まで帰れそうもない。
怖いものみたさもあって、飲み物探すついでに冷蔵庫の中を見ることにした。

738: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 19:58:47.93 ID:zx/TI2EdO
支援ありがとうございます。

冷蔵庫の中はほとんど賞味期限切れの食品で、剥き出しにしてある魚と、牛乳、あとよく分からない干物みたいな物
唯一マシな形であったのは冷蔵庫で冷やしてあった干し柿ぐらい。
その奥に綺麗な瓶があった。
俺はその頃家で飼ってた犬が死んで、犬猫の葬儀場でお葬式をあげたんだけど
その犬用のお骨入れにそっくりだった。
不透明の、パカッと蓋をとって開ける形の、白い瓶。
犬が亡くなった後気持ちが落ち着いて、愛犬が骨になったのが単純に不思議で
家に置いてある骨壺をたまに覗いてみたりしていた俺は、ためらいなくそれを前の方に出してきて開けた。
犬の骨壺と違って、結構重さがあった。

739: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 20:10:15.57 ID:zx/TI2EdO
何と説明すればいいのか分からないけど、イカの塩辛っていうの?
あれだと思った。臭いし、親戚の家で食べたことがあったから。
すげえくせえなあと思いながら、家の中が薄暗いせいで、形はすぐはっきり分かったんだけど、色が分かるまで少し時間がかかった。
腐った血だった。何か混ぜてあるのか、本当に塩辛っぽいような状態(液体じゃない)だった。
そこにイカみたいな白いものが浮いてる。
この悪臭は塩辛の臭いじゃないんだと思った瞬間えずきそうになったが
水面に所々固まった血の上のぶつぶつが動いてるように見えて思わず目を凝らした。
よく見たら虫のようだった。多分ウジ。それが無数に小さく蠢いてる。
俺は蓋を閉めた。元の位置の奥の方に押しやるのもできなくて、とりあえず人のいるところに行きたくて玄関を飛び出してSのところに行った。

740: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 20:25:44.64 ID:zx/TI2EdO
冷蔵庫の中にウジはわくんだろうかと思ったが、オンボロで中はそんなに冷たくなかった。
それよりもう不気味で仕方なく、Sを見付けてほっとしたが、そのすぐ側にジジババがいる。
俺は早く帰ろうとSを急かしたが、何を話しているのか叔父妻とジジババは延々と立ち話を続けていて、結局帰れたのは夜遅くなってからだった。
一刻も早く誰かに言ってしまいたかったが、叔父妻のいる車の中でSにこの話をするのは何となく躊躇われ
そのまま送ってもらい家に着いた。

身体が異常にだるくて夕食もいらないと言ってお風呂に入って寝てしまおうとしたが、その後なぜか祖父がすごい剣幕でやってきて
訳も分からないままお酒を飲まされ俺は吐いた。
何故祖父に分かったのか分からないが、祖父がやってきた時なんとなくあの塩辛のような血の塊に心当たりがついて、妙に冷静に「あ、多分あれのせいだな」と思いながらゲエゲエ吐いた。
普通の食事しかしてないのに赤黒いのを薄めたような吐瀉物が出た。
色々聞きたかったが一通り吐くと疲れたのか急に眠気が襲ってきて、俺は母の側でそのまま寝てしまった。
祖父は多分何も言わずに帰ったと思う。

742: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 20:48:48.41 ID:zx/TI2EdO
叔父妻は俺の一族の似た業に惹かれて叔父と結ばれたんじゃないかと、祖父に訊いたことがあると書いた。
祖父は「確かに似てはいるが、まったく別のもの」だと言った。
何というか、叔父妻の血の業は酷すぎるらしい。

俺の一族の、こんなあからさまに男親の縁が薄いというのも
よく考えてみれば結構異常なんだけど、重さが違うと。比べ物にならない。

これは祖父の推測だけど、俺の一族の業は、一族の昔の一部の悪人か、あるいは外からもたらされたり、悪いことをやらされたりしたようなもの。
誰かの命令だろうが悪事は悪事なんだけど。まあただ、一族の中には悪人もだけど善人も同じくらいいて、ただその悪人の"悪"が過ぎた結果ではないかと。
業っていうのは色々なことが重なって、しかも魂が前世の業や徳も受け継ぐものだから、一概に言えないし説明が難しいんだけど。

それで、叔父妻の一族の方は一族揃って、分かっていて(好んで)悪事を働いた、ということらしい。
こういうことに関わっていると(祖父は生まれつき霊感っていえばいいのか、そういうカンのようなものが鋭く、人から相談を受けることもあった)
祖父なんかは現在の状況から大体昔の業の推測がつくらしく
(分かりやすいものでは、女性の精神異常が多いのは昔一族で動物を殺すような呪術を行っていたり。)
叔父妻の一族はざっと人間同士の虐殺、おそらく上に例としてあげた"動物系の呪術"
相当むごいことをしていたに違いないと。

743: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 21:03:44.12 ID:zx/TI2EdO
その後すぐSの祖父、つまり叔父妻の父が死んだ。まるでミイラのように乾いて死んでいたらしいが
俺は見ていないし、祖父に聞いた話だから分からない。
でも祖父がそんな嘘をつく人間だとも到底思えない。
前に書いたが最近は叔父妻の兄が変死した。(内容についてはよく知っているが身バレになりそうなので伏せます。)

そういえばあのA村、唯一四軒だけ人の住んでいる家のその住民は
みんなバアサンで、男がいなかった。
あの村で最後の男がおそらく叔父妻の父と、兄だったんだろうと思う。
兄は仕事で街の方へ出た人だったんだが、逃れられなかった。
叔父妻の子ではあるが、祖父の血筋でもあるのでSは大丈夫だと思う。
だがSも精神的におかしくなってしまった。
それもあり、今では叔父妻達との関わりは一切たっている。

744: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 21:32:17.06 ID:zx/TI2EdO
俺が小学生の時見たあの血のかたまりは、何か呪術に使われたものだろうと祖父が言っていた。
さすがにあの村ともいえない場所で、未だそれが続いているとは、まさか祖父も思わなかっただろう。
祖父の部屋の屏風?の前の更に、札のような紙が二枚置いてあるんだが、片方が突然黒く変色したらしい。
一枚は俺で、一枚はS。万が一"そういうこと"で孫の身に何か起こった時、すぐ分かるように
俺やSが赤ん坊の頃に作ってたそうだ。


まとめきれんが時間がきたので、ちょっと行ってきます。

先のことを簡単に書くと
あの俺が見た骨壺を依りしろにした得たいの知れない呪術はまだ続いていて
ちょっと事情があってI家の叔父妻達の部屋を訪れることがあって、そこにあの骨壺があるのを見たんです。
あれをあんな風にゴミの間に放置しているのが異常だと思った。
帰りにすぐ祖父に言おうと思ったんですが、祖父は祖父の実家(寺)の用事で出掛けた後で
それからすぐ祖父はいなくなり、次回言うというチャンスはなくなってしまいました。
俺は今はとりあえずK町を出て、母と街に住んでいるんですが
出る前にはもう、K町に異常が出ていて、男ばかりが死ぬんです。
子供は大丈夫なようでしたが、老人から若者まで、みんなおかしいおかしいと言いつつも、決定的に異常だとまだ気が付いていないと思います。
あの骨壺はどうなったんだろうか。
祖父があの後どこかへ持っていき、最悪自分の命ごと、なんとか始末しようとしたのだと思っていましたが
祖父がいなくなった後にこの事態。
叔父妻の父母も冷蔵庫にあんなものを置いていて、叔父妻も余りにもずさん。
代々続いてきた呪術の代償なのか何を考えているのか分からない。
ただいつも薄ら笑っていて、危機感なんてものはないんだと思う。
そんなことだから、A村からいよいよ人がいなくなりかけて
せめてちゃんと管理する人間もなく、一体今あれがどこにあるのか。
最近Sが精神病院の閉鎖病棟に入ったと聞いて、思い出した次第です。
Sがおかしくなった時のことなども書こうと思っていたんですが
思ったより内容が多く書ききれませんでした。書き方も雑ですみません。
付き合ってくださった方ありがとう。また機会があれば。

746: 本当にあった怖い名無し 2012/04/10(火) 21:35:11.04 ID:G54ni86u0
終わりかな?
長文乙。結構面白かった。男だけは少ないが女だけの村とかはたまに聞く。
単に寿命が長いだけじゃないようだな。

750: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 00:17:25.65 ID:s9AphyX0O
全部書き終えてから、数分おきに一括投下しない奴ってなんなの。

書きながら時間かけてちょこまか投下されても、読む方はしんどいだろ。用事があるといいつつ、半日かけて投稿してるし暇人じゃまいか。
携帯でもコピペは出来るし次回からは一括投下しろよ。
誤字はいくつか気になったが割と面白かったぜ。

762: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:01:44.02 ID:iq4sc4Pt0
叔父妻や叔父息子、叔母や従兄弟じゃ何故駄目なのかね
最後はコトリバコの亜種にでもしたかったのか





763: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:23:15.30 ID:WGdIf78wO
この時間だし、超軽いの書いていいかな?
ってゆうか、書かずにいられないの。
ババアの話だから嫌ならスルーしてね。

私水商売のお店のママをやってるんだけど、昨日、お客様がお友達を連れて来た。
そのお友達、何やらヒーリングが出来るとか。
私は持病があるので、お客様が面白がって治してもらえとおっしゃる。
私も、特に害はないだろうと手を差し出し、手を握ってもらってじっとしてた。
お友達は、なんむにゃむにゃ呟いたり。
で、
「病気はマシになると思うから、嫌な霊払っておきますね」とか、
「あなた守護霊ないからつけておきますね」とかおっしゃる。
適当に流して、「気持ち軽くなったわ、ありがとう」と言いながら送り出した。

で、帰宅。
お客様多かったし、酔ってたのか、家に入る時に盛塩を着物の裾で崩してしまった。
まあ明日やりなおそうと思い、リビングに入ったら、簡単にしつらえてある神棚からお札が三枚とも落ちている。
一瞬にして酔いが醒めて、盛塩やり治したけど、昨日はすごい金縛り(夢かもしれないけど)。
あのヒーラーは、何をつけて何を払ってくれたんだろう。確かに私、守護霊いないって言われるのよね。だから神棚とかはきちんとしているんだけど…。
週末に、お札も変えてもらおうと思ってます。
それだけのお話。

766: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:46:04.80 ID:iq4sc4Pt0
>>763
盛り塩って商売なら縁起担ぎの方が目的じゃないの?

767: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:53:46.29 ID:WGdIf78wO
>>766
お店にある方はそうよ。
でも自宅のは、悪いものをもちこまないように。
まあでも、神棚の神さまも、水神様だし、どっちの意味も含むのね。
古い商売してる人で、古い習慣が好きな方はよくやってると思う。私は古い呉服屋さんから教わったの。

768: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 18:28:30.55 ID:5atanLbt0
>>767
素直そうなママだから、ヒーラーに騙されないか心配。
私の知人はヒーラーの世話になってから、何でもかんでもヒーラーの言葉と関連付けて考えるようになって、
普段は気にしなかった様な些細な失敗や不運で「浄化が必要」と思い込み(ヒーラーに常々言われてたっぽい)
70万もする馬鹿でかい石の棒を4本も買わされてた。
それからは「全部上手く行きそうな兆候がある」と言ってしばらく上機嫌だったけど、またヒーラー婆から
「玄関に金運を蝕む悪い気が通ってる、一番悪い状態」みたいな事を言われ、ルチル?とかいう石を置きまくってる。
彼女の部屋、4年ぶりくらいに入ったら、天然石と塩と天然石ブレスレットと、天井から吊るした安っぽい香炉で埋め尽くされてた。
そして「シル○アさんが言ってたんだけど、天使の祝福を受けるには貯金はしちゃダメなんだよ」と語られた。
4年前に彼女が手にした遺産、全部ヒーラーに食われそう。

769: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 18:36:42.12 ID:1KHfHI3m0
>>767
金縛りも盛り塩云々も関係ないと思うよ
少なくとも、金縛りに関してははその日の出来事から来ている生理現象ってのは明白

そっち系に頼っちゃう人だから体調を崩す
ママさんってことで、心身共に疲れてるんだと思う

770: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 18:42:12.16 ID:WGdIf78wO
>>768さん
>>769さん

oh...私もオセロの中嶋さんみたいに術中にはまりかけたのかしら、
踏み止まって自分を信じて生きるわ。
ありがとう。
ではお仕事行ってまいります。

777: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 06:57:08.84 ID:eqf/0HMR0
>>770
盛り塩って魔除けにはならないから。
あれってむしろ霊を引き留める為のものだから。
善霊を居着かせる為のもので、悪いのが居座っちゃった後にやったら逆効果。

854: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 18:51:15.77 ID:qr+WEnLe0
>>777
盛り塩は結界なのか魔除けなのかわからんな
起源が牛を引き留めるためのものだけど、塩そのものは霊から見たらなんとなく嫌な感じになるらしい
お札は挑戦状になるとか
日本式の除霊ってか神聖な儀式で用いられるのは酒と米だっけな?塩は全く関係ない。

お店みたいなのには霊が少しいた方がいいという話を聞くなあ
そっちのほうが客入りが良いとか
まあ居着く霊の性質が悪かったらあれだが

764: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:32:13.04 ID:RZAzuq+X0
守護霊いないってのは先祖供養してないからだろ。神棚より墓参りしとけよ。

765: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 17:45:21.65 ID:WGdIf78wO
墓参りはしてるのよ。お墓、家からめちゃくちゃ近いしねw
でも、双子の姉に全部とられてるんだって。私が病気ばっかりなるのはそのせいだって言われたの。
ほんとかどうか、わからないけど。

771: 本当にあった怖い名無し 2012/04/11(水) 18:43:51.50 ID:RZAzuq+X0
スピリチアル・ヒーリング・占いの類は、詐欺か悪魔のささやき。





773: 本当にあった怖い名無し 2012/04/12(木) 11:50:33.53 ID:SvUW8M/B0
ドライブが趣味でスムーズに周れる深夜によく行くんだが、ニブチンなので感じることはほぼ無い
どちらかと言うと、ダウンヒルで道を塞ぐ鹿や猪がガサガサと笹鳴らしながら移動するほうが脅威に感じていた

が・・・不可解なものを見てしまった。猫サイズの月明かりがあるのに黒い靄のようなもの、すぐ山にいったが
特に猫ならあの集光性の高い眼球が浮かび上がるのに、見えない他の動物でも同様だ

遭遇時は情けない声を上げつつも冷静になって、幽霊の正体見たるや枯れすすきと思っていたが
更に一晩たってから冷静に考えてみると・・・
何だったんだあれは?正直かつての難所(ダム湖等)でそれらが居るとしたら遭遇うする機会はいくらでもあったが

774: 本当にあった怖い名無し 2012/04/12(木) 19:28:10.89 ID:RR79SH280
>>773
それヤマノケじゃね?

778: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 10:14:28.61 ID:raDrUDRU0
>>774
なんぞそれ?

782: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 15:15:18.56 ID:LpGfrwhZ0
>>778
娘と山でドライブして、遅くなっちゃったから山中で車を止めて野宿決行
夜中に目が覚めると「テン…ソウ…メツ」って呟いている白い一本足の化け物が窓の外にいるじゃないか
お経を唱えていたら、いつの間にか化け物はいなくなってた
しかし、その時に目覚めた娘が「はいれたはいれたはいれたはいれた」をずっと喋っている
怖くなって車を走らせ、近くの寺に助けを求めると住職が激怒
「ヤマノケ」は山にいる、女に乗り移る悪霊の類の化け物で、娘はもう無理ぽ

大まかにまとめると、「ヤマノケ」が出てきた怖い話の内容はこんな感じ

784: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 17:40:23.64 ID:+pR8Olhw0
>>782
ありがとう

775: 本当にあった怖い名無し 2012/04/12(木) 20:28:16.50 ID:XOIZLnZq0
はい☆れた

776: 本当にあった怖い名無し 2012/04/12(木) 20:49:08.00 ID:RR79SH280

この野郎!





785: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 22:11:29.63 ID:W1c0mQre0
山で思い出したが中学校の時、きのこをとりに山へ親父と
行ったんだ。12時になり親父が飯を買ってくるから待ってろ
と車で行っちまった。一人ぼっちになったが快晴で昼間だもんで
怖いはずがなかった。ひとり遊びして時間を潰してた。

786: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 22:14:38.20 ID:W1c0mQre0
するとふと怖い感じがした。なんというか心細いと言うか
寂しいという感じがした。
幻聴かもしれんが山道の上の方から得体の知れないものが
走って来る足音が聴こえるような気がした。

親父 早くきてくれ・・・そう思っていた。

787: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 22:20:00.08 ID:W1c0mQre0
ひとり遊びをやめ座って待っているんだがなんか怖い。
昼間で太陽も出てて明るいのに怖い。
風も寒いような感じがした とその時 耳元で
「こぅわぁ~いぃかぁ~~!」 男性の声をボイスチェンジャーで
すごい低くしたような声が大音量で入ってきた。

「わぎょんわぁ~!!!」と絶叫し両耳を両手でバタバタはらいながら
走り回った。

788: 本当にあった怖い名無し 2012/04/13(金) 22:25:09.07 ID:W1c0mQre0
その後 親父が戻ってきて飯食って午後のきのことりも終わり
家に帰った。で夜だ 寝たんだが夜中に目が覚めた。
お約束だよな 昼間の事を思い出すのは 怖い・・・・・と思ったら
金縛りよ そして緊張していると耳元で「怖いかっ!!!」

跳ね起きて電気をつけその日はもう眠れなかった。
驚きっぷりがおかしくてもっと脅かそうと思ってついてきたのかなぁ。

789: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 00:38:34.73 ID:Ij+w5Fn60
なんかむかしばなしみたいだな。
すごく妖怪っぽい





791: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 07:48:26.93 ID:HkFnWNqn0
実家でネズミが発生したんだけど、
祖母の前でネズミって言うと
「ネズミって呼ぶなッ!アネサマと呼べッ!!」と激怒します。

792: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 10:47:29.68 ID:2tZJyXNC0
>>791
祖母の姉様なんじゃね

793: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 11:11:46.81 ID:vXeRUn2w0
>>791
どこだったか、古い言い方でネズミのことを「あねさま」と呼ぶ習慣のある土地が
あるよね。そこかな?
誰か作家さんのエッセイで、子供の頃、天井裏でネズミが騒ぐと祖母や母が毒入りの
団子を作って退治しようとするんだけど、その相談をする時には決して「ネズミ」と
呼ばなかった、ってのがあったよ。ネズミと言って話すとネズミに聞き耳立てられて
ばれてしまうから、あえて別の呼び方してたとか。





794: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 12:17:56.70 ID:KE4t1JZI0
昔職場の女の子と入ったラブホで、浴室の方から「ぎゃああああああ」って男の叫び声が聞こえた。
それがカナリでかい声で、女の子はパニクって俺にしがみついてきた。
武器の代わりに手元にあったオボンを持って風呂場に行くと、そこには誰もいなかった。
不気味なのですぐにホテルを出て、その晩は駅前のまともなホテルに泊まった。
翌朝、ゆうべのラブホと背中合わせに建ってるラブホから、男の刺殺体が発見されたと報道があった。
あれからラブホはトラウマで5回しか行ってない。

795: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 13:26:42.54 ID:0A9ipD4/0
>>794
最後の一行…
こんなんで笑ってしまうなんて





801: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 22:07:53.50 ID:mZ8icFDX0
アパートの一階に引っ越して何日かめの夜、雨戸側を向いて寝てた時。
雨戸の外で声がざわざわ聞こえて、あーたむろしてんなあとか思いながらうつらうつらしてたわけだ。アパートから大学が近かったし飲み会だったのかなとか。
シルエットしか分かんなかったんだけど、カーテンの隙間からは丁度背中向けてうんこ座りしてる奴が見えてた。

802: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 22:12:45.63 ID:mZ8icFDX0
んで夢うつつの中、ふと雨戸に鍵してたっけって気になって。見たら開きっ放し。
あぶねーからばれない内に閉めようと思って、その一番近い奴の方を隙間から窺ったんだよ。振り返ったりしねーよなって。

803: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 22:17:12.76 ID:mZ8icFDX0
振り返っちゃいなかったけど、どうやらそいつずっと俺の顔見下ろしてたらしい。 体こっち向けてたんだよな。目があって。

うわあと思って跳ね起きて、カーテン勢いよく開けたらダッシュで走り去ってった。
他に誰もいやしなかったから、あいつ一人で喋ってたってことだよな?ひとりでああざわつけるのかとそっちのが不気味だった。

814: 本当にあった怖い名無し 2012/04/15(日) 00:10:07.10 ID:hbI5K3aa0
>>813
鍵閉めめっちゃくちゃ気をつけてるわ今
一階こえーのな

804: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 22:21:41.22 ID:nwwLQ1n70
それ、死ぬほど怖いような気がする。

805: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 22:40:29.97 ID:mZ8icFDX0
>>804
入居したやつの確認
しにきただけなのかもしれんのだけどね

806: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:22:27.29 ID:Xt1r6aR60
っつか、雨戸って透明なの?

807: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:30:50.17 ID:mZ8icFDX0
>>806
ガラス張りの横にスライドさせて開けるやつ
雨戸っていわないか?なんていうんだあれ。でかい窓?

808: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:40:48.81 ID:OgdMd/5f0
雨戸は窓をガードさせるアレだよ

よく台風の時に窓ガラス守るのに展開させるぜぇ

810: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:45:46.30 ID:mZ8icFDX0
>>808
ガラガラ音たてて下げたりするやつか!しまった

809: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:45:39.61 ID:Ij+w5Fn60
掃きだし窓のことかな?

811: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:47:45.98 ID:OgdMd/5f0
そしてその雨戸をしまう部分の名前は、戸袋
気を付けないと、ムクドリとかがその中で巣を作っちまうんだなこれが

812: 本当にあった怖い名無し 2012/04/14(土) 23:49:40.72 ID:mZ8icFDX0
>>809
ぐぐったらそれだ
助かりますありがとう
>>811
詳しいなww気をつけるサンクス!

821: 本当にあった怖い名無し 2012/04/15(日) 00:49:33.36 ID:W/yI8Y7h0
>>812
雪国にお住まいなのかな?
俺は関東在住だけど、雨戸というのは関東では普通に普及してるんだよね。

831: 本当にあった怖い名無し 2012/04/15(日) 01:28:39.71 ID:hbI5K3aa0
>>821
関東在住です、ちょいと恥ずかしいwwいたたまれねぇww
雨戸=掃き出し窓な認識をしていた俺です





840: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 00:56:37.63 ID:HII8cZe80
なんかなにも音がしないのに部屋の中が騒がしく感じるんだけど

なにこれ


841: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 01:10:44.28 ID:1Z7ZLi9y0
>>840
花見決行していた団体の幽霊が、お前の部屋で二次会的なノリで騒いでんじゃね―の?

842: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 01:13:57.04 ID:HII8cZe80
酒をついでもらうしかねえなこりゃ





848: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 17:24:26.94 ID:uWDLGCz40
初めて書き込むから何か不備があるかもしれん。先に謝っておこうと思う。
それで本題なんだが、俺の母親から聞いた話。嘘をつくのが嫌いな性格だし、恐らく実話。

もう20年以上も前の話らしいが、当時うちは結構裕福で、良く海外旅行をしていたらしい。
で、母と祖母(母の母)が2人でスペインに行った時に起こった。
その時に母が泊まったのが、古城だか砦だかを改築してホテルにした場所だった。
夜、母と祖母が部屋で寝ていると、突然銅鑼の音が鳴り響いた。寝入り端の轟音に驚いて母は目が覚めてしまった。
しばらくベッドから辺りを見回していると
「バキッ」「ドンッ」「メキメキッ」
といった明らかにヤバいラップ音がし始めた。
隣で寝ている祖母にその事を伝えようと起こしたが、祖母には聞こえないようでしばらくしてまた寝てしまった。
母もそのラップ音を無視して寝ようとしてたんだが、少ししてから突然の金縛りで動けなくなった。
目も開けられずにビビりまくる母に追い打ちをかけるように
「良く戻ってきたな」
と耳元で男に話しかけられた。
日本語じゃなかったそうだけど、何故か理解できたんだと。直後に母は気絶した。
これだけだと「寝ぼけてたんじゃね?」で済まされるかもしれん。
だけど、翌朝起きた母の両方の頬に3本ずつ、縦に伸びた爪痕のような傷があって、血がにじみ出ていた。
当時若い娘だった母のその傷にさすがに祖母も驚いたらしい。
ファンデ塗っても隠しきれない傷がちょっと恥ずかしかったらしいけど、それ以外には何も起こってないそうだ。
ちなみに傷は残ってない。

長文・乱文で申し訳ない。


851: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 18:28:12.30 ID:/y1y9u5g0 
>>848
このあいだニュースで、スペインのある村でサムライの子孫と言われている人たちがいるんでDNA鑑定するなんていう記事をみたぞ

855: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 20:55:37.49 ID:CepemEqVO
>>848 話自体はなかなか面白いけど、きみ、ファンデーションが何か解ってるのか?
血が滲んでたら普通は、まず薬を塗ったりバンドエイドを貼ったりする。文章的には、傷跡は瘡蓋になってた方がまだマシだ。
顔に怪我してる時に、化粧品を付ける女性は居ないだろう。

864: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 21:27:25.60 ID:7RcTA2iA0
当方女性なんだけど・・・
顔があざとかになったならファンデ塗っちゃうよ。
お前がずぼらだからとか医療に対する意識が低いからとか言われたらそうだけど。

866: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 21:32:10.27 ID:CepemEqVO
>>864 アザをファンデで隠すのは普通だよ。
俺は、血が滲んでる顔にファンデしないだろ、って突っ込んだんだよ。

880: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 22:51:48.40 ID:IAfnAwBp0
>>866
自分仕事中にすっ転んで顔を擦りむいた
血がにじむ上から何度もファンデ塗ったよ
人に見せられないから仕方ない
跡は残ってない

884: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 23:57:23.67 ID:CGzbv+lPO
>>880
えええーー絶対無理ー
顔でしょ?薄いシミだって気になるのに跡残ったらと思ったら絶対やらない!
大袈裟でもかまわないから薬塗って何か貼るわ
傷と吹き出物は違うよーやだやだやだー

871: 848 2012/04/16(月) 21:58:04.43 ID:uWDLGCz40
848だけど、色々突っ込まれてたようだからさっき本人に聞いてみた。
なんで生傷の上からファンデ塗ったのか聞いたら、結構浅い傷だったみたいで、一週間で消えちゃった程度のものらしい。
猫に引っ掛かれたときの傷って言ったら分かりやすいかな?それのもっと浅い感じ。
だから問題ないだろうって塗ったんだってさ。
まぁ元々結構適当な人だし、そういう人もいるって事でどうだろうか。





867: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 21:46:23.83 ID:wVq3Q4YhO
うちの近くにわりと立地条件がいいのにテナントの出入りが激しい貸店舗があって
なんとなく不思議に思ってたんだけど、最近その店に幽霊が出ると聞いた。
そこの元アルバイトの話によると閉店後に従業員みんなで店内を掃除してると「みえない誰かが
外から壁をバンバン叩く」という怪現象が頻発したそうな。
扉に手形がついてたり霊感のある子は壁を叩きつづける女の姿を見たりしたらしい。

コンビニいくのに近道だから夜中とかその店舗の真横を突っ切って通ってた俺ほんのり。





873: 本当にあった怖い名無し 2012/04/16(月) 22:12:35.26 ID:5PJvF9/m0
「宴会や祝い事の席に呼んでください」みたいな二色刷りのチラシがうちに入ってた。
パンティー酒井って名前だったのを覚えてる。パンチパーマの若い男の写真があった。
いつもはポスト下のゴミ箱に捨てて帰るんだが、パンティー酒井は気になったので持って帰った。
便所でクソしながらチラシを読んでたら、自己紹介みたいな長文の中に何の脈絡もなく突然、
「もしこの文章を読んでる人がいたら助けて下さい」とあった。
「仕事ください」って意味だろうけど、なんかゾワッとした。





895: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 13:51:06.58 ID:4X5jY3SX0
つい五分前にあった事
今日は三連休の初日
仕事疲れもあり久々に朝風呂なんて洒落た事やったら
眠くなった
んで昼間したのよ
不意にやたら冷たい風が頬に当たる
この時期に冷風はおかしい
眼をあけるとそこには、でっけーおたまじゃくし
大きさはそうだなーバレーボールぐらい?
半透明で透けて見えるのよ壁が
そのおたまじゃくしがおちょぼ口で
俺の頬に冷風を送ってる
最初は俺の頭???だったけど
状況を理解して怒りが込み上げて来た
「お前なんなんだよ!」って怒鳴ったら
そのおたまじゃくしプルプル震えてスーっとフェードアウト
不思議と怖い感じや不気味な感じは無かった
心霊ってか妖精や精霊の悪戯かなんかかな
せっかく気持ち良く昼間してたのに
ただそのおたまじゃくしが居た所触ったら
ちょっと湿ってた

899: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 17:07:54.15 ID:FC1+WPDH0
>>895
おちょぼ口w
何がしたかったんかな。そういう変なのよくみるの?

917: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 17:24:21.90 ID:sbIYdgst0
>>895
夏に出てくれたらありがたいな





900: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 17:33:23.18 ID:u1iHnFIV0
ちょいと思い出したので

学生の時、7月くらいの夜の海で泳いでいたら(服のまんま)自殺と間違えられてK察にめっちゃ怒られた
その三日後くらいに同じ場所で昼間泳いでいたら、何だか身体が沖に流される
泳ぎは得意で、足が着かないところも長くいれたのにその日は何だか不安になってきていた
しばらくしたら「ヤバい、溺れそう」と、バタバタしたら手が柔らかなぶにぶにしたものを掴んだ
掴むけど、ぶちぶち切れて凄い臭いがした
「助けて、溺れそう」
と小さな女の声がして、同時に友達が浮輪で助けに来てくれたのが見えた
自分が掴んでしまったものの正体はなんとなく推察できて、いそいで逃げて浜辺へ
先日怒られたK察を呼んで、回収?してもらった
腐って魚に食べられたせいでずたぼろの遺体でした
腐ってるくらいだから、声なんて聞こえるわけないのだけど
しかも溺れそうってなんだよ?と聞きたい
流石に知り合いには水死体に助けを求められたとは言えないので、死体を掴んじゃったとは言っているが……不思議なのは、泳ぎ始めた時はそんなものが周りになかった事
いきなり現れたみたいで臭いも急に感じた

それからも一年に一回以上のペースで色んな事故、自殺なんかの遺体に遭遇している
いい加減、発見するのは嫌なんだが……

904: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 21:09:33.08 ID:W5EMCn800
>>900
私なんて30だけど、死んだ人をまだ見たことない。

他に体験談ある?

906: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 21:34:53.78 ID:u1iHnFIV0
>>904
知人に話しまくってるから身ばれ怖いけど

通勤で電車に乗ろうとしたら、目の前を会社員が線路へ→電車が止まる
四回あるけど、そのうち二回は何かに引っ張られて線路へ(自分以外に何人か目撃、同じ駅じゃない)
子供の頃、山道で事故に遭遇、怪我人を車で保護したんだけど何故か二人のうち、頭から血を流してた一人は口をきかず、足を骨折?してたもう一人は「ごめんなさい、ごめんなさい」しか言わない
救急車が来て「ごめんなさい、ごめんなさい」っていう人は連れて行ったのに、もう一人は車の中にいた
母親に「この人の方が痛そうだよ」と言ったけど、「誰?」と無視されてしまった
余りに昔なので、その顛末は忘れたけど、その帰り道、隣の席にその人はいて、水飲む?とかハンカチいる?とか聞いてて、母親に凄く怒られた

まだあるけど、しつこいからやめとく
最近見た奴思い出して吐きそうだし、ごめんなさい

914: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 04:05:43.73 ID:VMrp1JAK0
>>906
興味本位で聞いてごめんなさい。
お体大丈夫ですか?
あなたみたいな人の書き込みを以前見ました。
(確か新婚旅行先でも他人の死に遭遇したとか

901: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 17:40:49.26 ID:pFgySIgr0
発見される側に回らないだけマシと思いなさいよ。見つけてるうちは、生き延びられるって。

902: 本当にあった怖い名無し 2012/04/17(火) 18:07:06.17 ID:u1iHnFIV0
>>901
色んな姿見てるから、申し訳ないけどそうはなりたくない、と頑張って気をつけてるよ
呼ばれてる時もあるから、ちょっと怖いけど





913: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 02:13:12.28 ID:KukRru6NO
学生時代の友人に久々に会って思い出したので吐き出し
霊感ありの友人と零感オカルト好きの自分なので自然とそういう怖い話しに
その友人から「大学のアパートもよく出てたじゃん」と言われて、思い出した
友人とは大学の時同じアパートに住んでて、奴は当然色々オカルト体験をしてたんだが霊感の自分も一つだけ怖かったことが
夜中に物音で目が覚めたら何かを引きずる音がして部屋のドアをコンコン、の叩かれたことがあったんだよ
その時はあんまり気にしなかったんだけど
でも今から思い返すとあのアパートいた時は頻繁に金縛りにあってたなぁとか
カーテンの内側に変な手形ついてたことあったなぁとか
高校時代に別の友人と電話しててよく「何か引きずる音するけど、何かしてる?」て言われてたこととか

そういうの思い出してちょっと怖かったわ





915: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 13:32:44.74 ID:pR64zoanO
怖いかどうかはわかんないけど、月曜日の話

仕事終わって家に帰る途中で電柱にぶつかった。
というかちゃんと前見て歩いてたのに、その瞬間まで電柱なんかなかった…と思う。

それで、こんな恥ずかしい事故、誰かに見られなかっただろうか…って不安になって辺り見渡したら全然知らない場所だった
しかも隣に人がいた。全然知らない人だった。

知らない人の筈だったんですが
『大丈夫?』ってその人が笑ってるのを見て何故か
『あ、この人。自分の彼氏だ』 って思ってしまった。彼氏いないのに。

で、『大丈夫だよ』って彼氏(仮)に答えた瞬間にその彼氏が消えた。前にあった電柱も消えてて今まで歩いてた通勤路に戻ってた。

…ただの欲求不満な白昼夢?

916: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 13:42:22.91 ID:9dobxxl40
未来を見たのかもしれないな
時間というのは線形に見えて、本来は非線形のものらしい
だからDVDのチャプターを見るように特定のシーンを見ることができるそうだ
ついでにDVDに入ってる映画は、マルチシナリオで、そのため予言が外れるということが起きる
だから、あなたは未来に電柱にぶつかるかもしれないしぶつからないかもしれない
彼氏と出会うかもしれないし出会わないかもしれない





918: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 17:36:40.47 ID:h+0XAmG70
面白そうなスレを見つけたので、当時は怖いと思った体験を1つ


中1の時に3泊4日の自然教室で県境にある山へ行ったんだ
んで、宿泊2日目の夜に泊まる前から決めてたイベントの肝試しをやろうってことになった
ルートは1番麓側にある広場から、Y字の分岐路を山側に登って管理棟まで真っ直ぐ登るってやつ
もちろん、その途中には脅かし役が手ぐすね引いて待っている
クラスの女子がキャー怖いとか言うなか、ビビらされる心配のない脅かし役の僕やクラスの奴らは、三々五々に隠れんぼ気分で別れていった
定番のトイレに潜むヤツ、人っ子ひとりが余裕で隠れれる側溝に潜るヤツとか色々いたけど
目ぼしい場所は先に取られてしまったので、僕はY字の根本あたりにある窪地に隠れた
その窪地はルート脇にある上、そのすぐ後ろはツツジが植わっているから、伏せれば厨房の身を隠すのに丁度良かった
しかもルートに近いってことは、すぐに飛び出して脅かす事もできる
我ながら良いチョイスじゃんとか思いながら、音を立てないよう雑草にうつ伏せた

919: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 17:39:05.41 ID:h+0XAmG70
暗闇の中、腕時計のバックライトを隠して女子が来るのを待っていると

「おい」

不意に後ろから野太い声がしたので、反射的に背後を振り返った
後ろはツツジの茂みしかないし、僕以外は誰もいない
一番近くに潜んでいるヤツはトイレの中だけど、聞こえた声はエコーのかかっていないおっさんの声だった
成長期で声変わりしたりしてなかったりするお年頃だが、いくらなんでも老けこみすぎている
それに引率の教師の声でもない
おっさん(仮)の姿を見つけようとして首を巡らせていると

「誰にも言うなよ」

ドスの効いた声がしたあと、大きな鳥が飛び立つようにトイレ近くの桜の枝が揺れた気がした


最後の脅しのお陰で、脅かし役のヤツに怖くてその声を聞いたか訊けなかったけど
あれは天狗に脅されたんじゃないかなーと、今はそう思っている
オチ無しでスマヌ

922: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 21:52:44.87 ID:6jUYSWDb0
本当にひどい目にあったのはトイレの中にいたやつか。そして脅しの台詞を>>918が偶然聞いてしまったと……

920: 本当にあった怖い名無し 2012/04/18(水) 18:23:42.05 ID:hTnyBpnZ0
トイレに潜んでいた子が手込めにされちゃったのね・・・

924: 本当にあった怖い名無し 2012/04/19(木) 09:26:33.11 ID:DHuBWV8j0
面白い話で凄く楽しませてもらって言うのはなんだけど、人っこ一人の用途が完全に間違ってると思う…





929: 本当にあった怖い名無し 2012/04/19(木) 23:14:09.80 ID:zrf5klCg0
ついさっき起こった意味不明な事態

家に帰る途中、近道になるから公園を自転車で走ってたんだ。
公園って言っても、運動場とか広場があるようなでっかい公園なんだ。その公園は場所によっては外灯があんまりない。
だから自転車の明かりだけが頼りな状態だから前を注視して走ってた。
なのに、突然壁にぶつかったような衝撃を受けて自転車がぶっ倒れた。ロープとかそういう次元じゃない。
自転車が突然止まって俺が飛んだ。
身体中擦り剥いたけど運が良かったのか大きな怪我もなかった。何事かと思って周囲を見回したけど何もない。
舗装された道路だし、周囲は平坦だからぶつかるような要素がどこにもないんだよ。
でも、自転車の籠が見事にひしゃげてた。
まるでトラックと正面衝突でもしたようなひしゃげように驚いてたら、すぐ後ろで「チッ」って舌打ちが聞こえた。
すぐに振り返ったけど誰もいない。暗くても見通しは良いから誰かがいたら絶対分かる。
それで恐くなって、すぐに自転車を起こして逃げてきた。

930: 本当にあった怖い名無し 2012/04/19(木) 23:16:33.68 ID:Eb47TvxQ0
>>929
カオナシがいたんじゃね?

931: 929 2012/04/20(金) 00:08:03.25 ID:QsaTu4Yp0
さっきは焦って書き込んだもんだから、日本語がおかしな部分があるな…
読みづらかったらスマン

>>930
カオナシか…俺はぬりかべかと思ったわ

932: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 00:14:00.32 ID:p5aztZSz0
ぬりかべだったら、お前が飛んだ直後に頭部が激突してるはずだろ?

こんな風に
 ↓

|叶<
|ヒ-マ
|@@

933: 929 2012/04/20(金) 00:23:30.37 ID:QsaTu4Yp0
>>932
確かに

じゃああれは一体なんだったんだ…

934: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 00:28:18.37 ID:dLjjG1Dt0
ロリ壁だったんだよ!

935: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 00:32:21.27 ID:p5aztZSz0
舌打ちするロリ壁…か





939: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 18:18:26.54 ID:NlsdJey/0
自分の数少ない不思議体験だけど
初めて字にするから、話として面白いか意見が聞きたい。


子供の頃おばあちゃんの家に1m60くらいのでかい柱時計があって、その振り子の揺れる音が嫌だった。

普通の振り子は〝カッチ、カッチ〟って音を想像するだろうけど
おばあちゃんの家のは違って。でっかい振り子が〝ギィ、ギィ〟って揺れる音がしてた。

おばあちゃんの家ではいつも二階で寝てたんだけど。寝てる部屋の入り口のすぐ脇から一階への階段が伸びていて、階段を降りたすぐそこに柱時計があった。

だからいつも、夜寝静まると階段の方から柱時計の振り子の音が聞こえてくる。延々と。

その音だけで不気味かもしれないけど、自分が嫌なのは音そのものじゃなかった。

一階から二階への木製の階段を踏みしめた時の〝ギィー、ギィー〟って音が振り子の音に似てたんだよ。
だから、まるで誰かが階段を登って来てるみたいに聞こえるわけ。

でも実際は振り子の音だから、その音は延々と鳴り続ける。
真っ暗な中、聞こえ続ける音と何かが階段を登ってくるイメージを想像してしまって。いつもなかなか寝付けなかった。少し怖かったけど。親と同じ部屋だったし、毎回だから慣れてた。

続きます

940: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 18:23:35.90 ID:NlsdJey/0
続き

で高校くらいになって久しぶりにおばあちゃんの家に行ったとき、一時期置いてなかった柱時計が、昔と同じ階段のそばにあった。

「あーこの振り子の音が不気味だったんだよなー」と前述した事を思い出した。
が、柱時計の振り子の揺れる音はほとんど無かった。
耳を近づけると〝キィ、キィ〟と小さく聞こえるくらい。
「あれ?」っと思いつつ。音が鳴らなくなったのか、記憶が間違ってるのか少し考えた、まあ音がならなくなったんだろうと

次は階段を登ってみた〝ギィー、ギィ〟「そうそう、これこれ」こっちは記憶どおりの音だ。
「確かにこの音だな」とそのまま二階に上がり寝ていた部屋を確認する。階段からすぐそこの部屋の入り口、その近くで寝ていた。

振り向いて一階をみる。柱時計が少し見える。なんか、思ったより遠い。
というか一階から二階まで聞こえる音ってありえない。日常的にかなりうるさいはず。
でも振り子の音がうるさいとかの記憶はない。
実際に昔、振り子の音が鳴っていたとしても、とても二階に届く距離じゃないし、思い返すと夜寝る時以外に振り子の音を聞いた事がない気がする。

ただ確かに、眠る前に真っ暗な部屋で延々と聞こえる階段からの音は覚えてる。
木材が軋むような〝ギィー、ギィー〟って音。踏みしめてる階段と同じ音だった。

一階でもう一度振り子の音を確認した
音は当然ちがう。
もう一つ気づいた、振り子の揺れるペースが、眠る前聞いていたあの音よりずっと早い。
あの音はもっとゆっくりだった
それこそ人の歩く間隔のような
真っ暗な階段で延々と鳴ってたあの音は何だったんだろ
そして自分はなぜ振り子の音と思い込んだんだろ




946: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:08:47.51 ID:770hl0b10
7年か8年くらい前の話
今も親交のある友達二人+私で、県内でも有名な城下町に遊びに行った
旅行の目的は城+足湯…………と思ってたのは私だけだった
友達二人は私に内緒で、心霊スポットに行く予定を立てていたらしい
私は霊的なものは信じている方なので、遊び半分でそういうところにいくのはものすごく嫌だった
が、数の暴力とはよく言ったもので、私の反対など気にも留められず心霊スポットめぐりが始まってしまった
(この時ほど車出しときゃよかったと思ったことはない)
タウン誌(?)に書いてあった無名っぽい心霊スポットと、全国規模で有名な某心霊スポットの二か所を廻ることになった
…が、所詮はタウン誌。大雑把な位置しか書いていない
結局私たちは迷いに迷って、「それっぽい」場所にしか到達できなかった
基本霊感のない三人組だ、全然何も感じ取ることができない
皆「こんなものか…」的な感じで二つの心霊スポットを後にした
その後も懲りずに神社めぐりやら何やらしたが、やはり何も感じ取ることはできず、虫さされの後ばかりが増えていった
そして尻すぼみな感じでその旅行は終了

947: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:13:00.63 ID:u56aClxs0
でも帰りの車中で友達が変なことを言い出した
なんでも、3人以外に明らかにあと2人分の足音が聞こえていたというのだ
私は零感なのでそんな音は聞こえなかったし、もう一人の友達もそんな足音は聞いていないという
でも嘘を言うような友達ではない
嘘を言っているのは>>946のフリをして続きを書いている俺です。

949: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:14:01.94 ID:770hl0b10
まあメインの城は堪能できたが、心霊スポットでビビらされてしまった私は+-ゼロなビミョウな気分で帰路に就いた
その帰路での話だ
私は車を出してくれた友人の家の駐車場に車を置かせてもらっていたので、友人宅まで一緒に帰り、その車を回収して一人で自宅まで帰った
何も感じ取れなかったとはいえ、心霊スポットに行ってしまったという事実は私の肩に重くのしかかっており、びくびくしながらの帰り道だった
しばらくは無音のまま車を走らせていたが、十分くらいで耐えきれなくなり車のスピーカーをぽちっ、とつけた
せめて家までラジオでも聞いていけば怖さもまぎれると思ったんだ
しかしそれが、失敗だった
スピーカーから流れてきたのは、賑やかなラジオ番組…ではなかった
低く、そして奇妙に抑揚のない
男のハミングだった
男は一定の音階で、一定の音量で、「ん~~~~~~~~~」と歌っていた
最初は、ラジオ番組だと信じ込もうとした
しかし、男はいつまでもいつまでも歌い続ける
「ん~~~~~~~~~」
一瞬、頭が真っ白になった

951: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:24:21.93 ID:770hl0b10
大丈夫、大丈夫、これはラジオ番組だ、と、パニックになりかけながらもひたすら自分に言い聞かせた
しかし
「ん~~~~~~」
一分経過し
「ん~~~~~~~~~~~~」
二分経過しても、男はひたすらにハミングを続ける
4分くらいで、私の何かがぷちっと切れた
だってこの男は一度も息継ぎをしていない。明らかに異様だった
私は半泣きでラジオを切り、祈るような気持ちでもう一度スイッチを押した
すると、わっという感じで賑やかなラジオの音が車内に溢れた
(ああよかった、まともなラジオだ!)
そのラジオの音が聞こえた時は、心底ほっとしたものだ
しかしすぐに疑問に思った
じゃああれはなんだったんだろう…
明らかに人間の男の声だった。バックには伴奏も何もなく、ただひたすらにハミングを続けていたあれの正体が、今でも全くわからない
その後、アルバイト先の同僚に、「私さんの後ろに、少し遅れてついて回る黒い影が見える。でも悪い感じはしないから大丈夫だと思う」と遠慮がちにつけくわえられたっていうエピソードは…やっぱり蛇足だろうか

950: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:23:08.49 ID:+KUIhptl0
ダークダックスだね

952: 本当にあった怖い名無し 2012/04/20(金) 20:32:24.37 ID:770hl0b10
体験談は初カキコ&文章書くこと自体久しぶりなので、読みづらいとかわかりづらいとかあったらすみません
自分の中ではほんのりどころかちびりそうなくらいの恐怖体験だったのですが、心霊のプロな方にとってはほんのりくらいの怖さだろうと思ったのでおそるおそるこちらに書きこませて頂きました


>>947
ワロタwwwww
私の話より断然面白そうなんだがwww

>>950
ダークダックス、ですか…
寡聞にして初めて知りました
4人組のボーカルグループなんですね(ググリました
私の聞いた声は男性一人のみだったのですが、もしかしたらそうだったのかもしれませんね
と、いうか、そうであってくれたら本当に嬉しいです、救われます…!
オカルト話を聞くのは大好きですが実体験となると途端にビビリになるチキン代表みたいな奴なので…





958: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 09:36:07.50 ID:CAHXfWDx0
ついさっき遭った

二週間前くらいに、うちのアパートに二家族引っ越してきた
そして二週間前から赤ん坊が朝六時くらいから泣きわめき、二時間くらいで泣き終える
余りにも響く金切り声と、毎日二時間は余りにも異常なので不動産屋に電話して、その話をしたら、他にも何件か苦情があったらしい(虐待の疑いとして通報したけど)
でも引っ越して来た人らには赤ん坊はおらず、確認で不動産屋も声をかけたらしいがいない
うちのアパート以外は考えられず(畑とか周りと距離がある)ほんのり恐い
なにより夜中に変な事が起こるようになったのも同時だと気づいて、鳥肌中

959: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 10:12:14.23 ID:wJvc/EoX0

引っ越してきた家以外にもどこにも赤ちゃんはいないってこと?
たまたま生まれた時期と他の人が越してきた時期がかぶってるってわけじゃなく?

960: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 10:34:42.01 ID:P2OFIJpP0
>>958
発情した猫あるいは赤ん坊に似た声を出すカラスなどの鳥が空調管の通るところに住み着いてる説
妊婦もの、それも赤ん坊が出てくる超特殊AVを見る夜勤明けの青年説←最も有り得ない
赤ん坊に似た音を出す目覚まし時計、携帯のバイブ、洗濯機、掃除機、ブレードサーバのファンなど家電由来説
道路工事の振動が地面を伝わってきてる説
河川の底に埋められた何かが振動してる(潮の満ち引きでほぼ決まった時間に音が鳴る)説
引っ越してきた人の中に赤ん坊の真似をする芸人がいる、あるいは気象の直前に夢遊病的に赤ん坊に返る人が居る説
誰かがコトドリ飼ってて飼い主が起きると共に赤ん坊モードで鳴く習慣ができてる説←最有力

963: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 11:25:00.24 ID:CAHXfWDx0
>>959
赤ん坊が居る世帯もないんだと言われた
>>960
様々な説ありがとう
検討してみるけど、赤ん坊だって思うのは声が特徴あるからなんだよね


とりあえず、声で叩き起こされたので今から寝直す
夜中にチャイムが鳴るのとか(誰もいない)、窓が叩かれるのとか(出窓)、勝手にアパートの各家庭のドアが次々開いてくとか(施錠されてたけど、一階の部屋殆ど)、誰も住んでない部屋でボヤとか、みんなこのせいみたいに思えて嫌だ
建て付け悪いだけだと思うけどね





966: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 14:40:51.45 ID:LM0EHb+V0
さっき異様な状況に出くわした

早朝に仕事から帰宅して仮眠 んで、12時頃に起床
そっから風呂に入ったんだけど、脱衣所に出たら何か変で
風呂入るまえに洗濯機の上に置いたはずのメガネが無い
「落とした???」と、這いつくばって、床を探すも無い
で、こっからが異常↓
床を探しながらふと洗濯機をみるとその中から何かがひらひらしてる(でも超ド近眼なのではっきり見えない)
目を細めながら顔を少し近づけると、人の腕が伸びて手がひらひら揺れてる
「えっ!?なっ!?ちょっ!?はぁ!?」と全裸でパニック
思わず立ち上がって、腕めがけて中段回し蹴り(?)を繰り出してしまった

結果、蹴りのおかげで人の腕らしきものは消えたっぽいんだけど、
洗濯機の蓋が吹っ飛び、メガネを踏みつぶし、足には傷と大きなアザ残った…orz
つい1時間ちょっと前の話 とりあえず風呂怖い以上に、足超痛い

995: 本当にあった怖い名無し 2012/04/22(日) 10:47:43.97 ID:PBjoj61K0
>>966
眼鏡かけている人間が眼鏡外すと、かえって眼鏡かけているときには気づかないものが見えたりするから、それじゃないかな
俺も何日か前、眼鏡外した状態で自分の部屋に入ったとき
部屋の壁は土壁なんだが、その天井付近になにか黒いぼんやりとしたものがあった
なんだろうと思って眼鏡かけてみたがそこには何もない
不思議に思ってよく顔を近づけてみたら、壁と木枠の境目に白黒まだらなゲジゲジがいたんだ
あらためて入口のところに立って見たが、眼鏡かけてると木枠の影にしか見えずゲジゲジに気づかないだが
眼鏡外すとそこにぼんやりと何かがあるのが見えるんだ

967: 本当にあった怖い名無し 2012/04/21(土) 15:02:24.13 ID:vNwYyEv+0
横山やすしのメガネギャグが生まれた瞬間である